スポンサーリンク

 撮り鉄の暴走が止まりません。今度は土讃線で標識が抜かれるとともに敷地内の木が意図的に切断される被害が発生しました。一体いつまで暴走が続くのでしょうか?

また標識抜かれる&木が切断される

 まずは標識が抜かれる被害。こちらは「通行危険」の標識が抜かれているのが確認できます。標識を勝手に抜いてはいけないことは小学生でも分かることだと思うのですが。これをやった人は知能が小学生以下ということでしょうか?

 かっぱらって金属として売っても大した値段にはならないでしょうし、標識マニアが盗んだという可能性もあまり考えられないことからやはり撮り鉄が意図的に引っこ抜いたのでしょうね。

 更に、木が意図的に切断されているのも確認できます。いったい何を考えているのでしょうかね?また、キロポストも抜かれていた模様です。

以前にも類似の被害が

 いずれも今年に入ってから類似の被害が確認されています。今年に入ってから撮り鉄の被害報告が各地で上がるようになりましたが、新型コロナウイルスの影響でしょうか?本当に困ったものですね… 

 ここまで行くと(一部の)撮り鉄には知的障害があるのではないか?と考えざるを得ませんね。まあ、障害者は人間の出来損ない、工業製品の不良品のようなものですから見かけたら生暖かい目で見守ってあげてくださいw

警察は断固たる措置を!

 宮城県警が線路内侵入をした撮り鉄を検挙した話は記憶に新しいですが、今回も当然警察が動くんですよね?彼らが行った行為はれっきとした犯罪行為です。徹底的に捜査して犯人を検挙してもらいたいですね。