スポンサーリンク

  撮り鉄には学習能力が無いのでしょうか?成田線120周年塗装のE231系マト139編成で運行していた列車が安食〜下総松崎間の踏切で緊急停車し一部の列車に遅れが出る事態となりました。先月には西川口駅で撮り鉄の暴行事件で未成年の少年が逮捕される事態になるなど撮り鉄の不祥事が相次ぐ現状に鉄道会社側も頭を痛めています。

撮り鉄がまた電車を止める

 また撮り鉄がしでかしましたね。今度は踏切の障害検知装置が作動し列車が緊急停止、当該列車を含む数本に遅れが生じる事態となりました。

 運行開始直後にも列車が緊急停止する事件があり、これで2件目。このようなトラブルが続けば今後列車の運行打ち切りやイベント見送りなどの事態になりかねませんね。

マナー崩壊が社会問題にもなる 

【悲報】撮り鉄さん、駅員さんに注意されると「お前は警察なのか!?」と逆ギレしてしまうwwwwwww

 まあこうなることはわかっていましたが、相次ぐマナー(法律も)違反がついに社会問題にまでなっていますね。自分さえよければいいという人が増えたのか、最近はマナーどころか法律すら守れない愚か者が現れているようで。このままいけば撮り鉄が全面的に禁止になっても文句は言えないでしょうね。実際ネット上では厳しい声が相次いでいました。

 「一部の輩が悪目立ちしているだけで、大半の撮り鉄はマナーを守っている」みたいな擁護が時々あるけど、それが仮に本当だとしても、迷惑物を排除する自浄作用が無いのだって大問題だし、近隣住民や一般の鉄道利用客がその界隈に嫌悪感を持つには十分な理由。

 あと、撮り鉄の問題行動って、他の趣味界隈のそれに比べて悪質度がかなり高い気がするし、想像力の欠如具合も半端無い。
自分のエゴのために、農家が精魂込めて耕した田畑を踏み荒らすとか、運転見合わせで多くの利用者の予定を狂わせても自覚が無いとか、根本的に人としてどうかという手合いが多過ぎる気がする。

引用:撮り鉄 ホームで「罵声大会」、注意されると「逆ギレ」も マナー崩壊の背景〈AERA〉

 昔から撮り鉄業界のマナーは最悪でしたよ。情報化が進展してマナーの悪さがより目立つようになっただけです。
 マナーの悪さの原因は多々挙げられていますが、ここまで荒れる原因を一言で言うと「同族嫌悪」です。航空機撮影等と違って鉄道のレールは固定されており、ベストアングルは限られていますので、狭いポイントをめぐって醜い争いが発生します。

 他の人よりいい写真を撮りたい、他の人には撮らせたくない、いいアングルを独占したい、多くの人は撮れないようなレア列車の写真で他の人を出し抜きたいという独占欲と承認欲求の塊みたいな業界ですので…
 記事で取り上げられている工臨や廃車配給はレア列車の代表格ですが、非公開情報である業務列車の運用を外部に垂れ流す鉄道会社(とその下請け)の情報リテラシーも問題だと思いますね、つまり内部にマニアがいるということです。でなきゃ始発前の朝4時に勝田駅に撮り鉄が押しかけることなんてないでしょう

引用:撮り鉄 ホームで「罵声大会」、注意されると「逆ギレ」も マナー崩壊の背景〈AERA〉

 あえて言うけど、鉄道会社も悪いと思う。思惑はどうであれ、やっては行けないこと、言うべきではないことに対してあまりに丁寧な大人の対応を続けているからこういう輩が増えた側面は否定できないと思う。
 撮り鉄にせよ見送り客にせよ客は客。それは事実だけど、その一部の人たちの余りにもルールやマナーを無視した自己中或いは問題意識の欠如が不要なトラブルに繋がっている上、時に取り返しのつかない事態に発展してしまっている。
 罰則自体は有るのだろうからそれを適用するなり、鉄道警察や民間警備会社に協力要請するなりして、余りにも酷い連中は排除した上出禁にすべきと思う。本当になにも悪くない一般客や駅係員が巻き込まれたりするのは有り得ない話だと思う。

引用:撮り鉄 ホームで「罵声大会」、注意されると「逆ギレ」も マナー崩壊の背景〈AERA〉

 駅のホームの撮り鉄は乗車券なり入場券なり買っているので鉄道会社の客でもあるけど、線路際から走行中の列車を撮る人は自家用車で移動しているから鉄道会社にカネが落ちない唯の迷惑者でしか無いんだよね。

 駅でトラブルになりやすいのはホームの端の方。ホームドア設置に合わせて、大きなアクリル板で覆うなど、撮影しにくくする手はありそう。あるいは、ホームに可動式の柵を置いて、端部まで行けなくするとか。

 線路際は、有名な撮影スポットに重点を置いた対策が必要か。事故多発踏切にあるような防犯カメラで常時警戒態勢を構築。イベント列車などで混雑が見込まれる時は警察と連携し駐車違反や私有地侵入を厳しく取り締まってもらう。また、カメラの画角に入るように広告看板を置いたり広告車を走らせたりして、写真としての景観の価値を損ねてしまうという方法もありそう。

引用:「悪質撮り鉄」は事業リスク、鉄道事業者はどうすればよいか

 ネット記事なので、「おかしな人」と、曖昧な表現をしているが、学術的には、「おかしな人」に対する専門用語がある。学術的に理解すると、このような人たちの行動は簡単に理解できる。治らない病気と考えてもよいだろう。特に、趣味の分野では、このような人たちの特性はフルパワーとなる。鉄道趣味に限ったことではない。それは、他の人たちも指摘する通り。治らない病気なので、注意されても、決して行動が変わる訳ではないし、逆上することもある。

 厄介なのは、この手の人たちは、自分の特性である治らない病気が理解できていないことがほとんどなので(理解できていれば、注意を受け入れるだろうが)、何度も同じことを繰り返す。例え、警察に叱られても、裁判で判決が出ても。そうなると、鉄道会社としては、自衛手段を講じるしかないのだが、結局はイタチごっこ。どうにかならないのですかね?治らない病気を抱える「おかしな人」。

引用:駅でトラブル続出、「やらかす」撮り鉄の心理 撮影場所奪い合い、暴力行為に発展した例も

2021年の主な撮り鉄事件 

やっぱり撮り鉄は…

 まあ、撮り鉄に犯罪者が多いことは以前から知られていましたが、また撮り鉄による犯罪が起きてしまいましたね。もちろん、Youtuberなど活躍している方もいますが、それ以上に障害者による問題行動が目立ちます。特に発達障害や精神障害を持っている方が多いようで、鉄道会社等でも苦慮しているようですね。

 障害者を見て「うざい」・「気持ち悪い」・「居なくなればいい」と思う人は多いでしょうが、良いなとか羨ましいと思う人はいないと思います。障害者が健常者に勝るようなことはまずありません。障害者は人間として劣った存在な訳ですから、何言われても文句は言えませんよね。

撮り鉄 駅員に怒鳴られ逆ギレ

 また、注意喚起の看板や張り紙があっても問題を起こすことから考えると、知能が低くてそもそも看板や張り紙に書いていることが理解出来ていない可能性もありますね。実際、SNS上を騒がせている撮り鉄って大抵底辺校に通う学生とか学校を中退した連中ばかりですし…

 今回のような騒ぎを起こしては沿線住民や鉄道会社などに迷惑をかけ、周囲に害を撒き散らす。障害者は存在自体が害悪そのものと言わざるを得ませんね。こういう障害者がいても害しかもたらさないわけですし、遺伝子的に優れているわけでもない。存在自体がリスクである以上、社会から粛々と排除していくのが宜しいのではないですかね。そういう意味では、かつてのドイツが行ったT4作戦も正しかったのかもしれません。

 残すべきは優秀な遺伝子であって劣等な遺伝子は排除すべきでしょう。東大医学部卒で頭脳王を3度制覇した天才・河野氏と特別支援学校に通って「あうあうあー(^p^)」としているような障害者とどちらが必要だと思われるでしょうか?少し考えれば明らかだと思いますが…