スポンサーリンク

 撮り鉄の迷惑行為が止まりませんね。7000系の10両編成のラスト1編成となっている7101Fの撮影をめぐり撮り鉄が大倉山駅の線路内に侵入し東急東横線が一時運転を見合わせる事態となりました。この影響で現在も各線で遅れが発生しています。

撮り鉄がまた線路内侵入…

 本日、東急東横線の大倉山駅で撮り鉄が線路内に侵入し列車が一時運転を見合わせる事態となりました。その後、撮り鉄は駅員が取り押さえたものの、列車に遅れが発生しています。

7101Fは車両交換で別の運用に 

 東京メトロはおそらく最後の晴れ舞台として7101FをFライナーなどの優等運用を含む33S運用に入れたのでしょうが、東京メトロの厚意が一部の撮り鉄のせいで台無しにする格好になってしまいましたね。その後車両交換で別の運用に就いたようですが、明日以降は運用に入れない可能性が高いのではないでしょうか?

学習能力が無さすぎる…

 先日成田線で撮り鉄が線路内侵入したことがニュースで問題になったにもかかわらず、それから日もおかずまたこのような事態が起きてしまいました。

 やはり、撮り鉄の方々は他人に平気で迷惑かけても何ら罪悪感を感じないのでしょうね。撮り鉄には発達障害者が多いというのが医学的な定説となっていますし、既にそのような論文も医学系のジャーナルでは出ているようです。

 また、注意喚起の看板や張り紙があっても問題を起こすことから考えると、知能が低くてそもそも看板や張り紙に書いていることが理解出来ていない可能性もありますね。実際、SNS上を騒がせている撮り鉄って大抵底辺校に通う学生とか学校を中退した連中ばかりですし…

 挙句、今回のような騒ぎを起こして沿線住民や鉄道会社に迷惑をかけ、周囲に害を撒き散らす。障害者は存在自体が害悪そのものだと言わざるを得ません。まあ、障害者は健常者の劣化版ですので生暖かく見守るしかないのでしょうね。