スポンサーリンク

 いや~素晴らしいニュースが入ってきましたね。昨日阪急宝塚本線の阪急池田駅で試運転中の列車を撮影していた撮り鉄が線路に落下し、そのまま列車にひかれて死亡するという事故が起きました。以前から阪急沿線では撮り鉄の害悪行動が散見されていただけに、撮り鉄に対して「自業自得だ」など厳しい声が挙がっています。

阪急池田駅で人身事故発生 

https://twitter.com/04__800/status/1417304501044744215

 いやはや、ついに撮り鉄の人身事故が起きてしまいましたね。昨日10時過ぎに阪急池田駅で試運転列車の撮影をしていた撮り鉄が線路に落下し、列車に轢かれて死亡するという事故が起こりました。

 この影響により阪急宝塚線のダイヤは大幅に乱れ、多くの乗客に影響が出ました。本当に撮り鉄には困ったもんですね…

はっきり言って自業自得

 まあ、今回の一件に関しては完全に自業自得でしょう。ホーム端で危険も顧みず撮影していた挙句、線路に落ちて列車に轢かれて亡くなったわけですから。

 しっかし撮り鉄の迷惑行為は枚挙にいとまがありません。ホームの占拠はするし、電車は止めるし、挙句人身事故を起こして多数の方に迷惑をかける。本当にどうしようもないですね…

 まあ、この撮り鉄の方にとっては良かったのかもしれません。いい写真を撮ってきたでしょうし、最後に自らが愛する電車によって轢かれてこの世をされたわけですから。電車を止めて多くの乗客に迷惑をかけたことを除けば、実に撮り鉄らしい素晴らしい死に方だったのではないでしょうか。世の中にとっても今回の人身事故で迷惑撮り鉄が一人減ったという見方もできるわけで、良かったのではないでしょうか。いやはや、めでたい!不良撮り鉄の死を祝して近いうちに日帰りの旅にでも出ましょうかね!

 おめでとう!本当におめでとう!来世は真人間になって生まれ直して来いよ!

最後に

 こういう記事を書くとキーキー喚く方が毎回のように居ますので言っておきますが、死者に対する名誉棄損罪はその事実が虚偽のものの場合のみ成立します。

  • 刑法第230条(名誉棄損罪)
    • 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。
    • 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

 侮辱罪に関してですが、これはそもそも死者に対しては一切成立しません。まあ、この程度のことで一々切れるような人はインターネット使うこと自体止めた方が幸せだと思いますよw