スポンサーリンク

 本日からカシオペアの長野行クルーズが運行されていますが、撮り鉄のルール違反がこれまで目に余ったこともあり、JR東日本が厳戒態勢を取っていることが話題となっています。

上野駅13番ホームが関係者以外立ち入り禁止に

 まずカシオペアが発着する13番ホームについては普段はだれでも出入りできるようになっていますが、カシオペアの運行時に関しては駅員や柵によって物理的に関係者以外入れなくなっています。

 また、「この場所で写真撮影はできません」と看板も設置されています。恐らく撮り鉄対策だと思われます。

北千住駅では警官をホームに配置

 また、北千住駅では多数の撮り鉄がホーム端に殺到し危険な状態となり、警察官が出動する騒ぎとなりました。幸い事故は起こらなかったようですが、そもそもこんな密な状態になること自体問題でしょう…

 ちなみに日野駅も似たような状態になっていたようですね…

撮り鉄はバカの集まりなのか??

 新型コロナウイルスの感染者が再び増加傾向にあり、本来であれば不要不急の外出は自粛するべきということが分からないのでしょうか?それとも、自分は新型コロナなんか怖くないということですかね?

 最も、一部の方々は頭に障害があるから知能が低いから「自粛」という難しい言葉はわからなかったのかもしれませんねw。以下のような意味です。

  • 自分から進んで行いや態度を改めて、慎むこと。

 あ、「慎む」という言葉もちょっとわからない人が居るかもしれませんね。以下のような意味です。ちゃんと国語の勉強しましょうね~

  • 過ちのないように、行動を控えめにする。
  • 度が過ぎないようにする

 それにしても、生ごみでさえも堆肥にすれば植物を育てる役に立つのですが、(一部の)撮り鉄というのは何の役にも立たず周りに迷惑をかける、本当に生ごみ以下の存在ですね…

JRの対策は評価したい

 JR東日本も(数年遅いとは思いますが)ようやく対策を取ってくれましたね。線路侵入した撮り鉄も刑事告発して最終的には検挙に至りましたし、今回のような対策をすることで列車の安全かつ快適な運行を守っていただきたいものですね。