スポンサーリンク

 昨日、京都アニメーションの第一スタジオに男が押し入りバケツに入れたガソリンをまいて火をつけ、死者33人が出る惨劇が起きました。

放火事件の概要

 京都市伏見区にあるアニメーション製作会社のスタジオが男に放火された事件で警察によりますと33人の死亡が確認されたということです。また35人がけがをして病院に搬送されたということです。火をつけたのは41歳の男とみられ、警察が放火の疑いで調べています。
 18日午前10時半すぎ、京都市伏見区のアニメーション製作会社「京都アニメーション」のスタジオの建物内で男がガソリンのような液体をまいて放火し爆発的な火災が起きました。

 消防車30台が出て消火にあたった結果、出火から5時間近くがたった午後3時すぎに火はほぼ消し止められました。

 出火当時、建物には従業員など70人余りがいたとみられていて、警察によりますと、33人の死亡が確認されたということです。

 男性が12人、女性が20人で1人は性別が不明だということです。また35人が病院に搬送されました。

 このうち17人は重傷で、16人が入院して手当てを受けているということです。

 消防によりますと建物内の救助活動は終了し、取り残されている人はいないということです。

(後略)

引用: アニメ会社で放火 33人の死亡確認 35人けが

犯人は?

 犯人はすでに公表されており、41歳の関東在住、青葉真司容疑者と判明しています。また、この犯人はどうも撮り鉄だったようです。で、動機というのが、(バリサクという言葉を)パクられた、というものだそうです。撮り鉄は基地外しか居ないのでしょうか(呆)

https://twitter.com/urakuro____/status/1151857871010689024

なぜ、ここまで被害が拡大したのか?

(前略)

 今回の事件では、男が玄関でガソリンをまいて火をつけた。ガソリンがまかれ、建物内に充満したガスが一気に燃え広がる「爆燃現象」が起きた可能性もある。

 建物は鉄骨コンクリート造の3階建て。玄関付近には、3階まで吹き抜けのらせん階段が設置されており、消防関係者は「火や煙の回りが早くなる構造で、逃げ遅れた人が多くなった原因かもしれない」と話した。

 早稲田大の長谷見雄二教授(建築防災)は「ガソリンは揮発性が高く、短時間で大きな炎になる。炎が1階の窓などから建物の外側を伝い、一気に2、3階に燃え移った可能性がある。煙もガソリンなどの燃焼で発生した上昇気流に乗り、階段から建物内に充満したのではないか」と指摘している。

 京都市消防局などによると、建物は2007年の建築で、スプリンクラーや屋内消火栓は設置されていなかったが、消防法令上の「事務所」に該当し、設置義務はなかった。昨年10月に市消防局が行った立ち入り調査では、消火器や非常警報設備は法令通り設置されており、問題ないことを確認したという。

 総務省消防庁は18日、被害状況の調査などのため、職員5人を現地に派遣した。同庁の担当者は「適切な対策を取っていても、ガソリンをまかれて爆発しては、防ぎようがないのが現実だ」と話した。

引用: 一気に燃える「爆燃」か、吹き抜け「火の回り早い」

 ガソリンがまかれて燃え広がり、しかも吹き抜けだった階段を一気に煙や炎が充満し避難する手段を絶たれてしまったのが大きな原因といえそうです。また、スプリンクラーや屋内消火栓が設置されていない点を問題視する人もいましたが、今回のような火災ではおそらく役には立たなかったでしょう。建物は当然ガソリンが爆発するようなことは想定していないでしょうし、はっきり言って適切な対策をとっていても、このようなテロは防ぎようがないでしょう。

過去の作画や資料も全て焼失

 京都市伏見区にあるスタジオの放火火災事件で被害に遭ったアニメ制作会社「京都アニメーション」(京都府宇治市)の八田英明社長は一夜明けた19日、京都市内で会見に応じ、社員33人が亡くなった事件について「断腸の思い。堪えきれない。こんな大惨事になるとは夢にも思わなかった」と思いを明かした。
(中略)

 被害にあった社員は全国各地から集まったアニメを志すエリートたち。「こんなかたちで将来を閉ざされてしまったことが残念で、残念でなりません」とし「当社にとって、業界にとっても大きな痛手。1人ひとりが優秀で素晴らしい仲間でした」と八田社長は悔やんでも悔やみきれない胸の内を明かした。特に九州地方出身の社員が多く、同社広報によれば近くに社員家族、遺族の待機所を用意して、対応に当たっているという。

 同社には数年前から脅迫メールが届いていたそうで「監督が気に入らない」「表現がダメ」などの不特定多数からの匿名メールが多く、その都度、京都府警宇治署に相談していたという。「作品に対してのモノで、会社やスタッフへのモノはなかった」(同社広報)。「ネタをパクった」などというメールについては「そういう苦情はなかった」と八田社長は説明した。ただ、数回は宇治署に被害届を提出していたこともあった。本社、スタジオ、ショップの数カ所に防犯カメラを複数設置するなど、対応策をとっていたが「不審者の情報はなかった」(同社広報)という。

 人的被害も大きいが、過去の作画や資料なども「一切合切ダメ」と全てを焼失。「コンピューターも全部ダメ」と明かし「被害金額?甚大です。詳しくは分からない」と八田社長は語った。今後、合同葬を開くかなどについては未定。

引用: 京都アニメーション・八田社長が会見「堪えきれない。こんな大惨事になるとは…」

 過去の作画や資料をすべて焼失してしまったというのはこの会社だけではなく、アニメ業界全体にとっても大きな損失と言えそうです。博物館や美術館が全焼してしまったようなものでしょう… 被害金額がというより、金額には代えられないようなものがすべて焼失したわけで、文化や歴史そのものが消滅してしまったようなものでしょうね。

 ここまで大きな損害を受けてしまった京都アニメーション、今後立ち直れるのか心配ですね…

今後の安全対策はどうする?

会津田島駅
引用:会津田島駅

 今回の一件で特に注目すべき点として、自爆覚悟であれば、1一般市民でも簡単にテロを起こせるということです。ガソリンはガソリンスタンドで購入できますし、ガソリンの携行缶やバケツはホームセンターで普通に買えますし、ライターに至ってはコンビニやスーパーでも普通に売っています。電子工学をかじった人間であれば、これを応用して遠隔で爆破するようなものも容易に作れるのではないでしょうか?

 駅舎や列車内でこのような事件が起こらないと誰が断言できるでしょうか?このまま順調にいけば来年は東京でオリンピックが開かれるわけで、このようなテロに対しどのように対策するかは大きな課題と言えそうですね。

最後に

 今回のネタを面白おかしくネタにしているYoutuberが何人かいらっしゃいましたが、おそらく今後相応の報いを受けることになるでしょう。

 最後になってしまいましたが、亡くなられた33人の方がに対しては心よりお悔やみを申し上げます。また、犯人にはしっかりと法の裁きを受けていただきたいと思います。