スポンサーリンク

 テラスハウス出演プロレスラー木村花さんが死去し、大きな話題になっています。ネット上での誹謗中傷が原因とみられ、恐らく自殺と思われます。これを受けて多くの批判や誹謗中傷者の特定の動きが有るのでまとめました。

木村花さん突然の死去

 ネットフリックスで配信中の「テラスハウス」にも出演していたプロレスラー・木村花さんが23日、死去したことがわかった。22歳だった。所属の女子プロレス団体「スターダム」が発表した。死因については明かされていない。  発表によると、「詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」とのこと。

(中略)

 木村さんは1997年、元女子プロレスラーの母・木村響子とインドネシア人の父との間に生まれ、2015年に武藤敬司らが設立したWRESTLE-1の「プロレス総合学院」1期生として入門。翌年、プロレスラーとしてデビューを飾る。19年に「スターダム」所属となり、看板選手として活躍していた。得意技はビッグブーツとミサイルキックで、たとえ相手の技を受けても負けじと正面から攻めていく強気で躍動感あるスタイルに魅せられたファンは多い。ルックスも華やかでファッション性に富み、リングの外にも人気が拡大しつつあった。スター選手としての才能に満ちあふれていた。

 「木村さんはこのところ、ネット上の誹謗中傷に悩まされていたようです。『テラスハウス』がきっかけとも言われています。ツイッターなどのコメント欄で心無い言葉が浴びせられていたのです。(中略)」と、ショックを隠せないのはスポーツ紙30代男性記者。

 木村さんは23日深夜、自身のインスタグラムに「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね」とペットの猫との写真を投稿。ストーリーズには「さようなら」とつづった。

(後略)

引用:女子プロレスラー・木村花さん死去 「テラスハウス」出演、誹謗中傷浴びていた
https://twitter.com/hanadayo0903/status/1263890853925289984

 テラスハウスに出演していたプロレスラー…そういえば一回だけ見ましたが、大して可愛くなくなんでこんなメンヘラ女がテラスハウスに出演しているんだろうと思っていましたが、この人でしたか…

 なお、死因については硫化水素ガスでの自殺とみられています。前日にはリストカットの画像もアップされ安否が気遣われていましたね。

 今後が期待されているプロレスラーだったようで、ご冥福をお祈りいたします。

有名人が続々と反応

何人かは特定へ?

 すでに木村花氏を誹謗中傷していた何人かは特定される動きがあります。

https://twitter.com/m__o3o__m/status/1264135168593297409

誹謗中傷した人の特定は可能だが…

 現在では、ネット上で誹謗中傷された場合誹謗中傷した人を特定することは可能です。具体的には以下の手順となります。

  1. 発信者情報開示請求を行う
  2. 請求に応じなかった場合には、裁判所に仮処分の請求を行いログの保全を行ってもらう
  3. 裁判所に訴訟を起こし、実際に発信者情報の開示をしてもらう。
  4. 書き込みの差し止めや損害賠償などを求める

 ただ、実際には発信者情報の開示までに半年~1年がかかり、費用も数十万円~100万円近くかかってしまいます。その後、損害賠償請求などを行うことを考えるとかなりの費用を覚悟する必要があります。

 井納翔一さんの妻を侮辱して訴えられた人が居たと話題になりましたが、これも井納さんが横浜DeNAベイスターズでかなりの年俸を受け取っていたからこそできたことで(2019年の年俸は7200万円)、一般人だとなかなか訴訟に踏み切ることはできないのではないでしょうか?

 せめて、裁判費用がもっと下がって訴訟を起こしやすくなってくれれば少しは誹謗中傷も減るのではないかと思うんですけどね…

追記:誹謗中傷者の開示見直しへ

 インターネット上の書き込みなどで誹謗や中傷を受けた人が、投稿した人物の情報開示を請求できる仕組みについて、総務省は手続きにかかる時間を短縮できるかどうかなど、見直しの検討を始めました。

 SNSやブログなどインターネット上の書き込みで誹謗や中傷を受けた人は、人権侵害が明らかな場合に、投稿した匿名の人物の情報をインターネット接続やSNSのサービスを提供する企業などに開示するよう求めることができます。

 しかし、手続きに時間がかかることや投稿者が特定できない事例が増えていることなどから、総務省は有識者会議を設けて見直しの検討を始めました。

 有識者会議では表現の自由やプライバシーの保護と両立させながら、裁判を起こさなくても情報開示を受けられる仕組みや、投稿者を特定するために開示する情報の対象にメールアドレスやIPアドレスだけでなく電話番号を加えることなどを検討することにしています。

(後略)

引用:ネット中傷の投稿者の情報開示 総務省が見直し検討

 さすがに総務省が動いてきましたね。表現の自由・プライバシー保護と両立させつつ、裁判を起こせなくても誹謗中傷者の情報開示を受けることができるようになれば、少しは誹謗中傷する人も減るのではないでしょうか。現状はほぼ野放し状態になっていますので…

不謹慎Youtuberが続出

 そして、もっと残念なのは不謹慎なYoutuberが続出していることです。松長英三郎(アラビカそんちょー)、シンユウはげチャンネル、安藤チャンネル、ともーれなど少なくないYoutuberが彼女の死を祝う動画を投稿しています。何の罪もない人が死んだことを祝うというのはどうなのでしょうか?

 さすがにYoutube側もそろそろ動かないとまずいのではないでしょうか?こういう動画の存在はYoutubeのイメージダウンにつながると思うのですが…

不謹慎な動画を通報するには?

 Youtubeの動画を通報する方法は以下の通りです。

  • スマートフォンの場合
    1. 通報したい動画のページに行く
    2. 動画をタップして、メニューを動画上に表示
    3. 右上にある「・・・(縦の点3つ)」をタップ
    4. 「報告」をタップ
    5. 報告内容にあった項目をタップし、「レポート」をタップ
  • PCの場合
    1. 報告したいYouTube動画のページに行く
    2. 動画タイトルの右にある「・・・」をクリック
    3. 「動画を報告」をクリック
    4. 通報内容に合った項目にチェックを入れて、「送信」をクリック。

 なお、チャンネル自体の通報もPCから可能です。

  1. 通報したいチャンネルの「概要」のタブを開く
  2. 右にある「🏳」をクリック
  3. 「ユーザーを報告」をクリック
  4. 通報内容に合った項目にチェックを入れ、「レポート」をクリック