スポンサーリンク

 川崎殺傷事件の衝撃も冷めないうちに起きた、元農水事務次官が引きこもりの長男を殺害した事件の第一審判決について筆者の思うことを述べていきたいと思います。

事件の概要

 事件は2019年の6/1に発生しました。 それまで一人暮らしをしていた長男が自宅に戻り、両親と長男での3人の生活が始まりましたが、直後から長男による激しい家庭内暴力が始まり、両親は怯えて暮らすようになります。 長男は外出せずネットゲームにはまっており、引きこもり状態の生活を送っていましたが、近所の小学校の運動会の声がうるさいと腹を立て父親と口論になります。

 数日前には川崎市で引きこもり状態の中年男性が私立小学校のスクールバスを待つ児童と父母を無差別に殺傷する事件が起きており、 「息子も周りに危害を加えるかもしれないと」危機感を持った父親はやむなく長男を刃物で殺害。犯行直後に110番通報をして自首をしました。

長男は殺されても仕方がない障害者だった!

 殺された長男の生い立ちについてちょっと見ていきます。

  彼は都内屈指のエリート校である私立駒場東邦中学・高校 を出ていました。しかし、そこで彼は激しいイジメにあっていたようです。

  ちなみに、彼は自閉症の一種であるアスペルガー症候群を患っていたようです。その後、 代々木アニメーション学院アニメーター科を卒業しHAL東京を中退、日大の理工学部or工学部の建築科に進学後、流通経済大学に転学し大学院に行ったようです。

 大学に関してはちょっとだけ調べてみましたが、どちらも大したことのない大学でしたね。レベルは低く、これで高学歴を名乗っているとは呆れたものですね。その後はドラクエ10などのネットゲームにはまっていたようです。ただのネトゲ廃人…

  なお、長男のほか妹もいたようですが、長男の妹に縁談があっても「変なのがいる」と兄が原因で破談となり、絶望した妹は数年前に自殺してしまいます。妻も昨年12月に一度自殺を試みていましたが、この時は未遂に終わっていました。いやはや、障害者の存在は周囲に絶望を振りまき、価値を下げていくんですね。障害者は存在自体が罪人のようなものであると断じることができます。

一審は懲役6年の実刑判決

 その後、裁判では起訴事実を全面的に認め、妻は減刑を嘆願しました。 しかし、一審では懲役6年の実刑判決殺害された長男の側に全面的に非があるのに、これは納得がいきませんでしたね。最近の司法は腐っていると言わざるを得ません。実際、5chでは称賛の声が相次いでいました

熊沢さんの立派な行動によって近所の子供達は守られた

世間様にとって今回の事件は有益だったと思う

引用: 【長男殺害】極めて異例な釈放の元農水次官・熊沢被告 妻と1泊7万円の高級ホテルに滞在「無事出れたよ」 ★5

自らが作ったゴミをきちんと処理したのだからご立派
一方自らがゴミになって人2人轢き殺して車が悪いと言い張るゴミがまだ生きている不合理

引用: 【長男殺害】極めて異例な釈放の元農水次官・熊沢被告 妻と1泊7万円の高級ホテルに滞在「無事出れたよ」 ★5

>「ひきこもりだった息子は何不自由なく一人暮らしが出来ていた。アダルトビデオを大音量で流し、
>近隣住民が苦情を入れると、『ビデオを観るのが俺の仕事だ』と訳のわからないことを言い、
>両親が苦情に対応していました。DVも頻繁で本当に大変だったと思う」(近隣住民)

これで近隣住民は平穏に過ごせるわけだ。感謝していることだろう。

引用: 【長男殺害】極めて異例な釈放の元農水次官・熊沢被告 妻と1泊7万円の高級ホテルに滞在「無事出れたよ」 ★5

 ちなみにこの父親は東京大学の法学部を卒業したのち当時の農林省にキャリア官僚として入省、事務次官を務めた後に 農水系の研究所の理事長を務めていたそうです。いやはや、立派な方ですね。

 息子が第二の川崎殺傷事件を起こしかねないとわかって、他人に殺害を依頼することもできただろうに自ら手にかけて障害者の息子をこの世から消してケジメをつけた。何の罪もない人を2人もひき殺して平然としている飯塚某とは大違いですね。

 なお、その後殺人罪で実刑となったものとしては異例の保釈が認められました。 保釈後は東京・練馬区の自宅に帰宅することなく、妻と都内の高級ホテルに滞在しているようです。保釈金500万円は現金で即支払ったそうで…

 現時点では双方控訴していないようですが、ここはぜひ弁護側に控訴して頂いて執行猶予を勝ち取ってもらいたいです。奥さんと残り少ない時間をのんびり過ごして頂きたいですね。

引きこもりは殺処分すべき!

 最近は引きこもりによって家族が殺傷される事件が頻繁に起きていますね。はっきり言って引きこもりは何の生産性もなければ、大量殺人を起こす可能性もある犯罪者予備軍でもあるわけで、こんな連中はこの世に必要ありません。

 なんか政府は引きこもりに対する支援を行うとかほざいていますが、そんなことを中途半端に行うくらいなら引きこもりは徹底的に殺処分してしまった方が将来的に安全なのではないでしょうか?

 どうせ長期間の引きこもりは職に就くことも絶望的でしょうし、生活保護予備軍でもあるわけで、さっさと殺してしまった方が国の財政的にもよいに決まっています。「8050問題」なんていうのも問題になっていますが、引きこもりを殺処分する権限を国に与えられれば全て解決します、

 そんなことをどこが引き受けるのか?というのが問題になってきますが、警察か自衛隊の特殊部隊がベストではないでしょうか?彼らが犯人を殺害したというニュースはあまり聞きませんし、こういう実戦機会を与えたほうがよいのではないか?と筆者は考えます。

日本政府は速やかに障害者の殺処分を行うべき

 現代の技術であれば、重大犯罪を起こす可能性の高い犯罪者予備軍は容易に特定できるようになっています。このようにして特定できた障害者は安全保障上の観点からいえば一刻も早く殺処分するべきです。もちろん、何の価値も生み出していない重度障害者に関しては言うまでもありません。

 彼らは、他人に迷惑をかけたり、危害を加える可能性があるわけで、何の価値も生み出していないどころか、マイナスな存在なわけです。う〇こは畑の肥やしとなるためまだ役には立ちますが、彼らはそれ以下の存在です。このような金食い虫はさっさと殺処分すべきでしょう。

最後に

  そういう意味では、次回の選挙でれいわ新選組の候補者は1人残らず落選させる必要がありますし、本来ならば殺処分すべき金食い虫が2人も参議院議員となってしまったのは痛恨の極みです。ろくに議員として働けないであろう、この2人にも6年間で1億円以上の報酬が公費で支払われるのです。どこまで税金泥棒を働けば気が済むのでしょうか?

 日本政府は一刻も早く財政的な観点・安全保障の観点から危険な障害者は殺処分すべきではないでしょうか。少なくともいつ、どこで犯罪を起こすかわからない危険な障害者が辺りを自由にうろついている状況は決して好ましいものではないと考えます。

 最後に、コメント欄に関しては荒れる可能性があるため閉じさせていただきます。はっきり言って匿名できれいごとを投げつけてくるような方に対してコメントを返すのも手間ですし、日本国憲法で言論の自由も表現の自由も認められていますので…(コレがわからなかった人はもう一度社会科の勉強をやり直すように)。

 どうしても何か言いたいというのであれば本名と所属を名乗ってコメントをお願いします。ただし、返信を行うことを確約するものではありませんので予めご了承ください。