スポンサーリンク

 先月、東京都八王子市の路上で点字ブロックの上を歩いていた全盲の男性が通行人と正面からぶつかり、暴言を吐かれ右足を蹴られるという事件が起こりました。この事件について筆者の考えを述べてみました。

事件の概要

 京王八王子駅近くで全盲の宮川純さん(41)が20、30代と思われる男性とぶつかり、中傷する言葉を投げつけられた事件は先月、全国的に話題となった。「東京でのパラリンピックが1年後に迫るなか、視覚障害者への理解が進んでいないことが残念」と宮川さんは話している。

 突然だったという。明神町にある、宮川さんが副理事長を務める「八王子視覚障害者福祉協会」への通勤路。JR八王子駅から向かう途中の京王八王子駅近くで正面からぶつかった。「白杖を落としてしまい、少し間があったので拾ってくれるのかなと思ったんです」と宮川さん。

 そう思っている間に右足を蹴られ、「目が見えないのに一人で歩くな」といった言葉を投げつけられた。「人とぶつかることは、白杖をもって歩いていると日常茶飯事のこと。そういった言葉を受けたことに驚きました」

 ぶつかったことにより折れてしまった白杖を拾い上げてくれた人が「相手は20、30代ぐらいの男性だった」と話し、宮川さんがスマートフォンが落ちるような音を聞いていたこともあり、相手は「歩きスマホの男性」という話が広がっている。

 宮川さんは「東京でのパラリンピックが迫るなか、健常者と障害者の共存社会を目指そうといった言葉が広がるのに、何のためのバリアフリーなのかと考えてしまいます」

(後略)

引用: 「障害者への理解、不十分」

今回は被害者のほうに非がある

 今回の一件では 八王子視覚障害者福祉協会の副理事を務める障害者様・宮川氏が点字ブロック上で男性にぶつかり、暴行と暴言を受けたと被害者面していますが、私からすれば宮川氏の行動に非があると考えます。

京王八王子駅
引用:京王八王子駅

 今回事件が起きたのは朝ラッシュ時の京王八王子駅付近。おそらくかなり込み合っていたであろうことは容易に想像がつきます。そのような中で点字ブロック上を杖を突いて歩くというのは、トラブルが起きても仕方がないといえます。班員と思われる男性も早く出勤(or待ち合わせ)で急いでいるときに全盲の男性がぶつかってきたのですから、暴言を吐くのは仕方がないとも言えます。(右足を蹴ったのはちょっとやりすぎですね。また、どうせ蹴るのなら顔面を思い切りフルパワーで蹴ってやればよかったと筆者は思います)

 また、八王子駅から 八王子視覚障害者福祉協会までの区間はそこまで距離はなく、それならばタクシーを使うという選択肢もあったはずです。タクシーを使ったとしても、恐らく1000円もかからないでしょう。 このように回避する手段があったにも関わらずこの障害者は白杖を振りかざして点字ブロック状を歩いていたわけです。朝ラッシュ時にも拘わらず迷惑な話ですよね。はっきり言って今回の一件は自業自得ではないでしょうか?

スポンサーリンク

歩きスマホ用レーンの設置を検討すべき

歩きスマホ
引用:歩きスマホ

 すでに中国やアメリカなどでは「歩きスマホ用レーン」が登場し、大きな効果を上げています。日本でもこれを見習い 「歩きスマホ用レーン」 を導入してみてはいかがでしょうか?はっきり言って点字ブロックが撤去されても全盲の人しか困りませんが 、「歩きスマホ用レーン」がないことにより事故の恐怖にさらされているスマホ愛用者は全盲の人の比ではなく多数います。 数の多寡で考えるのであれば、大して効果のない点字ブロックを撤去して 「歩きスマホ用レーン」 を導入するほうがよいのではないかと考えます。全盲の人は目的地まで歩けなくてもタクシーで行けばよいでしょうから何の問題もないでしょう。

まとめ

 障害者様は税金泥棒ですし、本当に要らない存在ですね… 混み合っているラッシュ時あるにもかかわらず、全盲の人間が徒歩で通勤場所まで移動するという無謀なことをし、自分がタクシーで移動しなかったのが悪いのに、他人にぶつかられたからと文句を言う。とんでもない障害者様ですね。今後白杖を突いた障害者を見かけたら積極的に進路を妨害し、暴言を投げつけてやりましょう。視覚障害者が1人で大手を振って歩くなどとんでもない話であり、交通の邪魔になっている視覚障害者には1人で表を歩いてほしくありませんね。人目につかない場所であれば、すっころばせて蹴りの一発くらいは入れても良いと思います。

 最近ではれいわ新選組の重度障害者2匹が参議院議員になったことで、障害者どもの勘違い・思い上がりがさらに拡大しているのではないかと感じています。

 障害者のほとんどは生きている価値の無い、健常者の劣化版なんですから、そこら辺の自覚をもっと持って頂きたい。健常者の介助無しには生活できないんですから、もっと感謝の気持ちを持ってもいいと思いますが。 

スポンサーリンク