スポンサーリンク

  今年の冬に走る臨時列車についてまとめました。青春18きっぷや北海道&東日本パスの旅行・初詣などご活用下さい。今回はJR東日本の上越・信越エリアを走る臨時列車です。

あずさ・かいじ年末年始を中心に増発

E353系
引用:E353系

 年末年始を中心にあずさ・かいじを増発します。また、一部の列車はE257系での運転となります。

あずさ
引用: JR東日本 – 冬の増発列車のお知らせ

富士回遊も増発

 富士回遊は慢性的な混雑が続いていることから、土休日だけではなく平日にもE257系を使って1往復を増発します。

富士回遊
引用: JR東日本 – 冬の増発列車のお知らせ

Shu*Kuraは上越各地で運転

Shu*kura
引用: Shu*Kura

 Shu*Kuraは、キハ40系を改造したリゾート列車です。主に上越妙高から信越本線・上越線を経由して十日町まで運行しています。なお、運転日によって行き先が異なる場合もあります。また、1・2月については車両の検査?の都合なのか現時点では運転予定が発表されていません。

 3両編成で、1号車は旅行商品専用車両ですペアシートやボックスシートが設けられています。2号車はイベントスペースで、車両の端にサービスカウンターがあり、お酒やおつまみを購入することが出来ます。3号車はリクライニングシートが配置された車両となっており、こちらは一般客でも指定席券を買えば乗車できます。( えきねっとまたはみどりの窓口で指定券が購入できるが、 指定席券売機での発売はしていない。)

 この列車の大きな特徴として、 往路・復路とも乗車時にアテンダントが車内を巡回して1号車・3号車の全ての乗客に地酒の振る舞いが行われます(未成年者等、飲酒できない乗客を除く)。また、ジャズを中心とした地元ミュージシャンの生演奏を楽しむこともできます。詳しい情報は公式サイトをご覧ください。

Shukura
引用: JR東日本 – 冬の増発列車のお知らせ

新観光列車「海里」は冬ダイヤでの運行

  「きらきらうえつ」に代わる新観光列車「海里」が運行されます。1号車がリクライニングシート、2号車がボックスシート、3号車は売店とイベントスペースになっていますが、4号車は旅行商品用のダイニングとなっており、定員数が大幅に低下しています。

   ハイブリッド車両であったり、座席にコンセントが配置されていたり現代的な車両となっています。座席数が少なくなった分指定席は大人840円、子供420円に値上げされています。

KAIRI
引用: JR東日本新潟支社 – 冬の増発列車のお知らせ

 なお、年末年始と1・2月の運行に関しては桑川駅での停車時間を短縮し「冬ダイヤ」での運行となっています。ご注意ください。

おいこっとは12月と2月に運行

おいこっと
引用:おいこっと

「おいこっと」は長野と十日町を結ぶ観光列車です。キハ110系車両を改造した「おいこっと」車両が使用されます。

 四人掛けボックスシート、二人掛けボックスシート、ロングシートの三種類の席があり、いずれにも固定されたテーブルがついています。

また、乗客には野沢菜漬のミニパックがふるまわれ、 車内では、沿線の木島平村出身の故・常田富士男さんのナレーションが流れます。
 全車指定席ですので、乗車には乗車券のほかに指定席券が必要です。また、長野~豊野間はしなの鉄道ですので、青春18きっぷで乗車する場合はその区間の乗車券も必要です。

おいこっと
引用: JR東日本 – 冬の増発列車のお知らせ

HIGH RAIL 1375

HIGH RAIL 1375
引用: HIGH RAIL 1375

「HIGH RAIL 1375」は小淵沢と小諸を結ぶ観光列車です。キハ110系車両を改造した専用車両が充当されています。 車両には、星空の映像を乗客に見せる半球ドーム が設けられています。
 座席は1号車がペアシートと1人旅用のシングルシートで景色が見やすいようになっています。一方、2号車は普通のリクライニングシートです。全車指定席ですので、乗車には乗車券のほかに座席指定券(大人820円、子供410円)が必要です。また、車内販売も行われております。

 車内では「HIGH RAIL 1375」オリジナルコンテンツが専用Wi-Fiネットワークで提供されるとともに、「HIGH RAIL 星空」野辺山駅の滞在時間中には、小海線沿線の星空案内人により星空観察会が行われます。

HIGH RAIL
引用: JR東日本 – 冬の増発列車のお知らせ

リゾートビューふるさと

リゾートビューふるさと
引用:リゾートビューふるさと

 日本三大車窓の姨捨や北アルプスの雄姿といった絶景を車窓から眺められる 「リゾートビューふるさと」。リゾートハイブリッドトレインとして快適な車両で、長野駅から松本駅を経由して南小谷駅間で運転されます。座席はリクライニングシートです。 なお、土休日の南小谷行では、 安曇野地域の方言での民話の語りや尺八・太鼓の演奏などといった 地元の方々による車内イベントが行われます。

リゾートビューふるさと
引用: JR東日本 – 冬の増発列車のお知らせ

二年参り・初詣の臨時列車

 新潟・吉田~弥彦、東三条・吉田~弥彦間に臨時列車を運転します。弥彦神社の二年参り・初詣にご利用ください。

弥彦臨
引用: JR東日本新潟支社 – 冬の増発列車のお知らせ

十日町雪まつり開催で臨時列車運行

E653系
引用:E653系

 「十日町雪まつり」開催に伴い、大宮・新潟~十日町間で臨時列車を運行します。

十日町臨
引用: JR東日本新潟支社 – 冬の増発列車のお知らせ

その他

 「大山新酒 ・酒蔵まつり」に合わせて、2/8は特急「いなほ号」・快速「海里」を『羽前大山駅』に臨時停車します。また、酒田・鶴岡~羽前大山間に臨時列車を運転します。

大山臨
引用: JR東日本新潟支社 – 冬の増発列車のお知らせ

 また、新幹線からのアクセスとして越後中里方面、六日町方面に『スキーリレー号』を運転します。 この他、スキーシーズンに合わせ、一部の定期普通列車を『上越国際スキー場前駅』に臨時停車します。

スキーリレー
引用: JR東日本新潟支社 – 冬の増発列車のお知らせ

阿賀野川ライン銘酒と名湯ごっつぉまつり」( 阿賀の里 )に合わせて、新津から咲花まで臨時列車を運転します。

  • 運転日:2020年2月2日
  • 車両:一般系気動車2両(変更の場合あり)
  • ダイヤ:新津10:20→咲花11:11

まとめ

 やはり注目はE653系による臨時列車の運行でしょうか。ほくほく線へのE653系の入線は定期列車では設定されていませんので、貴重な姿となりそうです。

  皆様が楽しい旅行を満喫できることを願っております。