スポンサーリンク

 6/13に東京メトロ副都心線の千川―要町駅間を走行中の普通電車で紙袋が燃える事件が発生しました。

 火の気がないことから、放火の可能性が濃厚でしたが、本日現住建造物等放火未遂と威力業務妨害の疑いで長沢和裕容疑者が逮捕されました。この犯人の顔写真や動機、反応などをまとめました。

副都心線で放火事件発生

 これに関しては既に上の記事で取り上げていますので、そちらをご覧ください。

防犯カメラ等の画像から犯人逮捕へ

 東京メトロ副都心線の電車で今月13日、紙袋から出火し車内の一部が焦げたぼやで、警視庁は、東京都新宿区西新宿8丁目の職業不詳、長沢和裕容疑者(36)を現住建造物等放火未遂と威力業務妨害の疑いで逮捕し、23日発表した。   捜査1課によると、長沢容疑者は13日午後3時ごろ、千川―要町駅(東京都豊島区)間を走行していた電車(8両編成)の3号車のドア付近で、床に置いた紙袋に放火し、床面計145平方センチを焦がしたうえ、運行を約10分遅らせるなどして業務を妨害した疑いがある。調べに対し、「渋谷方面に向かう電車を狙った」などと供述しているという。

 長沢容疑者は、一つ手前の小竹向原駅から乗車。千川駅を出発後、紙片が入った紙袋をリュックから取り出し、ライターで火をつけてその場を離れ、要町駅で降車したという。すぐに乗客が火に気づき、まもなく消火された。

(後略)

引用:東京メトロ車内で紙袋に放火した疑い 36歳男を逮捕

 住所を見てみると、そこまで範囲が広くないですが、結構マンションなどが多いので特定までには時間がかかりそうですね…

長沢容疑者の顔は?動機は?

 長沢容疑者の顔については判明しています。

 動機についてはまだわかりませんが、どうも愉快犯なのではないか?という見方があります。本気で車両を燃やすつもりならガソリンを撒いて火をつけたでしょうし、紙袋を車両内で燃やしたところで騒ぎになるだけでそこまで燃え広がらないでしょうから…

ネット上の反応は?

 なぜこのような危険な存在と同じ社会に生きていかなければならないのでしょう。

 まぎれもなく犯罪行為ですよね。
 大きな影響を残したにもかかわらず、「罪を償えば」、私たちのいる社会に戻ってくるはず。
 更生を前提とした法体系であることは十分わかってはいるのですが、この男にそれを期待してよいのでしょうか?
 今の日本では、危険人物とされている人が身の回りにいることなんてわかりようがない
 私たちは安寧な社会に生き、生活する権利があるはずです。
 このような愚か極まりない犯罪のために、その権利を損なわれることは、受け入れることができません。
 隔絶した世界の中にいていただきたい…という本音は放ってはいけない言葉なのでしょうか。

引用:地下鉄車内で紙袋に火、36歳の男逮捕

 人は見掛けによらず!

 と言う言葉があるが、醜い心、内面はその人の見た目、外見を変えて行き変貌を遂げてしまう(´_ゝ`)逮捕される犯罪者の多くはそんな風貌をしている( ̄ー ̄)

 大抵は他人のせいや世の中のせいだと言うが!選択して、現在に至ったのは自分自身なのだから(-_-)

引用:地下鉄車内で紙袋に火、36歳の男逮捕

 司法はこれが完遂された場合、最大限でいかほどの命の巻き添えが起こり得たかに焦点を当て同様の愚行が起こるのを未然に防ぐ役割を担うべき立場となるべきだ。

 未遂で終わってはいるものの、今回の容疑者の行為が本人の欲する結果に対し最大限の成果が出たとしたらいったい何人の犠牲者が出ただろう?毎度犯罪者ファーストの判決を下す司法は目を覚ませ。この類いの人間は自らの死の道連れに多くの罪無き犠牲者を巻き添えとする事を。またこの行為ははテロと同義である事を理解し、国家の危機と捉え、より重い判決を下す必要のある事を。

 連日イカれた奴等の蛮行により、幸せに生きるはずだった人が亡くなり、殺した奴等が死刑にもならず10年そこそこの刑期の判決を受け、その後の生活でのうのうと生きているが、それが日本国憲法で保証された「基本的人権の尊重」であってはならない。司法は犯罪者に対して過保護だ。少しは被害者と遺族の心に寄り添ってくれ

引用:地下鉄車内で紙袋に火、36歳の男逮捕

 もし車両が炎上するような火力を準備されていて、燃えてしまったら乗客は他の車両に一旦移ればいいが、地下鉄というトンネル内では全車両が煙に包まれてしまう。

 この場合列車は煙に巻かれないために走り続けた方がいいのか?それとも停止した方がいいのか?駅のホームまで行ってしまうと駅構内が煙に包まれるし難しいね。

 でも先にどこかの駅を避難させて、そこで消火体制を整えて列車が着いたら乗客を避難させ消火するのかね?

 韓国みたいな事件が起きたらヤバいし、地下でトンネル火災は怖いよ。

引用:地下鉄車内で紙袋に火、36歳の男逮捕

 鉄道の駅それぞれに、『危険物持ち込み禁止』たる張り紙?ポスター?がある。

 だが、鉄道各社全てで、持ち込み禁止にしている危険物に“ライター”が入っていない。

 いつだったか電車にガソリンを持ち込んで火災が発生した事があったからって、ガソリンの持ち込みを全面的に禁止にする動きはあったが、ライターなど火をつける道具は持ち込みOKだ。

 常識人はライターを持ち込んでも電車の中で火をつける事はしないが、モラルがない奴ならライターを持ち込んで、電車の中で火をつける事もあるだろう、とずっと思っていた。

 こんな事故を受けても、まだライターやチャッカマンなど火をつけられる物の車内持ち込みを可能にするのか

引用:東京メトロ車内で紙袋に放火した疑い 36歳男を逮捕

筆者の感想

 犯人が逮捕されたということで、まずはほっと一安心できますね。列車内や駅構内に設置された防犯カメラの映像から逮捕に至ったものと思われますが、こういう事件があると防犯カメラがあるからといって安心してはいけないということが分かりますね。犯人にはしっかりと罪を償ってもらいたいものです。