スポンサーリンク

 マンションの管理人が知的障害者に階段から突き飛ばされ死亡した事件を巡り、管理人の遺族が男性と同居する親に責任を求め賠償を求めましたが、これが却下されるというトンデモ判決が先日大分地裁で下されました。今回はこの件についての感想などを述べていきたいと思います。

大分地裁でトンデモ判決が…

知的障害があり、刑事責任能力がないとされた男性が、大分市内でマンションの管理人を階段から突き飛ばして死亡させた事件を巡り、管理人の遺族が男性と同居する親に責任があるとして賠償を求めた訴訟の判決が22日、大分地裁であった。佐藤重憲裁判長は「両親が息子の加害行為の防止に向けた監督義務を引き受けたとまではいえない」として請求を棄却した。

加害者の男性は、知的障害など精神障害があるとして入退院を繰り返していた。突き飛ばし事件で逮捕された後、刑事責任を問えないとして不起訴処分となった。その後、入院先の病院で死亡した。
 管理人の遺族が2017年10月、男性の両親を訴えており、両親に男性の監督義務があるかどうかが争点だった。
 遺族側は、「両親には息子が1人で外出しないようにする義務があった。両親に息子の加害行為の責任を問うのが相当だ」と主張していた。
 一方の男性の両親側は「事件は突発的に発生し、予見不可能だった。両親ともに高齢で息子から暴力も受けており、監督するのは容易ではなかった」と反論していた。
 判決は、事件の予見可能性を否定した上で、「両親は息子と同居していたが、直ちに息子を見守る法的な義務が発生するとは言えない」と判断した。
 更に両親と男性との年齢差や、男性の家庭内暴力などを考慮すると、「両親が息子の世話をしながら同居していることを踏まえても、息子の他者への加害行為の防止に向けた監督を行い、息子の監督義務を引き受けたとみるべき特段の事情があるとは認められない」と指摘。両親が賠償責任を負わないとの結論を出した。


 責任能力がない子供や精神障害者が、事件や事故で他人を傷つけたとして賠償責任を求めた訴訟で、従来は家族ら監督義務者がその責任を免れた例はほとんどなかった。
 責任無能力者の監督者らは、その義務を怠らなかった場合を除いて、第三者に加えた損害を賠償する責任を負う――との民法の規定を厳格に適用していたためだ。しかし、近年は家族の賠償責任を限定的にとらえる司法判断が相次ぐ。
 最高裁は2015年4月、11歳の子供が蹴ったボールをよけようとしてバイクの男性が転倒した事故で、「親が事故を具体的に予見できる事情がなかった」と両親の賠償責任を否定した。
 また、認知症の男性が線路に立ち入って、電車にはねられて死亡し、JRが賠償を求めた訴訟でも、最高裁は16年3月、「事情を総合的に考慮して責任を問うのが相当か公平の見地から判断すべき」として介護する家族に賠償責任はないとした。
 今回の訴訟では、加害男性の両親は共に70代と高齢だった。男性が他人を傷つけた類似事件はなかった一方で、両親は家庭内暴力で骨折するなどの大けがを負わされていた。
 判決は、こうした事情を考慮した上で、家族の賠償責任の基準を緩和した昨今の司法の流れに沿ったといえそうだ。
 引きこもり家族会の代表を務める松本太郎さん(70)は、「精神障害がある子と親のトラブルは多発している。親が年を取って世話ができなくなる家庭も多い」と指摘する。
 「体が大きくなった子供の責任を親が負うのには限界がある。判決は実情に沿った普通の感覚だと思う」と話した。

引用: 責任能力ない男性の突き飛ばし事件 両親の監督義務なし 遺族の賠償請求棄却 大分地裁判決

 この知的障害者は刑事責任能力なしとして不起訴となり、その上賠償責任もないとなれば、管理人やその遺族は殺され損ですね。そんな危険な障害者は首に鎖でもつけて家から出ないように管理すべきなのではないでしょうか?もしくは自らの手で殺処分すべきした。この障害者の親は今後も何事もなくのうのうと暮らしていくのかと思うと本当に腹立たしい話です。

赤信号を無視し5人殺傷しても無罪

29日、2015年に静岡県浜松市で信号無視して交差点に進入し、5人を殺傷した中国籍の女(36)に、逆転無罪判決が出たことに怒りの声が相次いでいる。

 事故は2015年5月に発生。女の運転する車が赤信号を無視して進入すると、青信号のため横断歩道を渡っていた人を次々と跳ね、当時31歳の主婦を脳挫傷で死亡させた。青信号を横断するなんの罪もない人々を殺傷した罪は非常に重く、遺族の無念も相当なものがあったと思われる。

 1審の静岡地裁浜松支部の裁判員裁判で、被告側は統合失調症による心神喪失を主張。判決は殺意や完全責任能力を認め、懲役8年を言い渡していた。29日の控訴審判決で、朝山芳史裁判長は、一審の判決を全面的に破棄し、「事故当日、統合失調症の症状が悪化した状態にあった」「行為に一貫性がなく理解不能な興奮状態だった」などとして、心神喪失状態を認定し、逆転無罪を言い渡した

 この判決に、ネットユーザーからは「遺族が浮かばれない。心神喪失だから無罪というのは法律が間違っている」「車に乗っている時点で交通ルールを守る責任を負う。心神喪失なら車に乗れないはずだ」「それなら刑事責任のない病気持ちは免許を剥奪するべきだ」と怒りの声が上がる。

 また、一審の裁判員裁判を簡単に覆したことについても、「裁判長は裁判員裁判を軽視している」「とんでもない判決。検察は即刻上告してもらいたい」「中国籍だから無罪にしたのだと疑いたくなる」など、苦言を呈す声が相次ぐ。一方で、「感情に流されない判決」「判例を見れば当然」という声もあった。

 「統合失調症の人物が自動車に乗り事故を起こしても無罪」という印象すら持ってしまう今回の判決。一審の裁判員の総意で決めた判決を簡単に覆してしまうことに疑問を持つ人は多く、なによりも事故で亡くなった遺族の感情を無視していると言わざるを得ない。

引用: 赤信号を無視し5人殺傷の中国籍の女に逆転無罪 判決理由は「統合失調症」ネットで物議

 本当に腹立たしい判決ですね。統合失調症だからと言って無罪ですか。この女は直ちに中国へ強制送還すべきですし、他人に危害を加えるかもしれない病気持ちの人間は運転免許を剥奪するだけではなくどこか山奥なり人里離れた島なりに隔離すべきなのではないでしょうか?殺処分できないのであれば、そうするよりほかないと考えます。

障害者は殺処分すべき!

先日の京アニ放火事件を起こした犯人もどうやら障害者だったようですね。結果論ですが、障害者を殺処分なり隔離なりをしておけば今回のような事件は起きなかったわけです。 ひっそりと他人に迷惑をかけずに障害者が暮らすのであれば私は何も言うことはありませんが、他人に危害を加える障害者の存在に関しては全否定します。このような他人に危害を加えるような障害者が生きていることによるメリットは全くありませんが、デメリットはたくさんあります。今回のように他人に危害を加えた障害者に関しては動物と同じように警察に殺処分する権限を与えるべきです。このような障害者に生きている価値はありません。 (そういう意味でいうなら、植松氏の発言はある意味正しいと言える)

スポンサーリンク

24時間テレビは賞味期限切れ

 昨日放送されていた24時間テレビでは、障害者が様々なことに挑戦して視聴者が感動するようなモノを作っていましたが、これも正直言って飽きましたね。

  • 半身まひとなった少女が華麗なピアノ演奏?音大に通う生徒の方がよっぽどうまい演奏をするのでは?
  • 障害者が4.2キロの錦江湾横断遠泳?健常者の男性であれば難なく泳ぎ切ったでしょう。水泳選手なら余裕なはず。別に何もすごくないです。
  • スイスの名峰ブライトホルンの登頂を目指したそうですが、無謀としか思えませんね。今回は中止したそうですが、難病の少年が登山を行おうとするなど、登山をなめているとしか思えません。登山をなめるな。
  • 先天性四肢欠損症の少年が筋電義手を使い、見事に両手で三塁打を打ったとありますが、普通の野球少年であれば、普通に打てたでしょう。筋電義手の技術は素晴らしいと思いますが。
  • 義足の少女がダンスとターンを成功させたと話題になっていますが、ダンサーの方がよほどうまく踊れたでしょうね。
  • 立川ろう学校の生徒がタップダンスね… プロのダンサーであればもっとうまく踊れたんじゃないですか?目の見えない人間がタップダンスできて何かすごいんですかね?

 はっきり言って障害者をネタにして視聴率をとりたいとしか思えませんね。来年以降24時間テレビを放送するのかどうかわかりませんが、いい加減障害者をネタにするのはやめましょうよ。もっと他のことをネタにした方がいいと思います。

 私は「障害者は健常者の劣化版」と言っていますが、どう考えても正しいですよね?障害者がいろいろなことに成功したと話題になっていますが、健常者の助けを借りて・技術を借りてようやく成功しただけですよね?そういう意味でいえば障害者はようやく健常者と同じ土俵に立ったに過ぎないわけです。「障害者は健常者の劣化版」というのをどうしても否定したいのであれば、障害者だけで健常者を超える結果を出してみなさい。

日本政府は速やかに障害者の殺処分を行うべき

 現代の技術であれば、重大犯罪を起こす可能性の高い犯罪者予備軍は特定できるようになっています。このようにして特定できた障害者は安全保障上の観点からいえば一刻も早く殺処分させるべきです。もちろん、 何の価値も生み出していない重度障害者に関しては言うまでもありません。彼らは、他人に迷惑をかけたり、危害を加える可能性があるわけで、 何の価値も生み出していないどころか、マイナスな存在なわけです。う〇こは畑の肥やしとなるためまだ役には立ちますが、彼らはそれ以下の存在です。このような金食い虫はさっさと殺処分すべきでしょう。

最後に

  そういう意味では、次回の選挙でれいわ新選組の候補者は1人残らず落選させる必要がありますし、本来ならば殺処分すべき金食い虫が2人も参議院議員となってしまったのは痛恨の極みです。ろくに議員として働けないであろう、この2人にも6年間で1億円以上の報酬が公費で支払われるのです。どこまで税金泥棒を働けば気が済むのでしょうか?

 日本政府は一刻も早く財政的な観点・安全保障の観点から危険な障害者は殺処分すべきではないでしょうか。少なくともいつ、どこで犯罪を起こすかわからない危険な障害者が辺りを自由にうろついている状況は決して好ましいものではないと考えます。

スポンサーリンク