スポンサーリンク

 青春18きっぷの利用期間が間もなく始まりますが、どこへ行こうか迷っている方も多いのではないでしょうか。特に宿は直前ですと希望の場所がとれず高いところへ宿泊せざるを得なくなってしまい、断念せざるを得ないといったことも起こりそうです。
 また、夜行快速列車の運行もめっきり減ってしまったため、どこで夜をすごすか迷う方も多いと思います。今回はそういう時のために役に立つ西日本方面の夜行フェリーを取り上げていきたいと思います。

本州⇔四国

神戸~高松

 特徴としては、なんといっても安い事でしょうか。繁忙期でも大人一人2590円となっております。客室はリクライニングシートとカーペット敷きのお座敷、シングル個室が用意されています。なお、シングル個室の利用には電話(087-811-6688)で予約をする必要があり、乗船料金に加えて2000円を支払う必要があります。また、予約の受付は平日の9時から18時のみ受け付け、予約の締切が前日の12時までであることに注意が必要です。

 ちなみに、2階・3階・4階の全区画で電源コンセントWi-Fiが完備となっており、売店・うどんコーナーもあります。

 港へのアクセスについては神戸港・高松港ともシャトルバスが運行されています。詳しいことはこちらをご覧ください。なお、時刻についてですが、下り・上りとも1時発、5時15分着です。

和歌山~徳島

 こちらもお安く、なんと2000円で和歌山~徳島を移動できてしまいます。客室は簡易リクライニングシートとカーペット敷きのお座敷やコンセント・読書灯を備えたパーティション付きのビジネスコーナー、家族連れ向きのテーブル席、ゆったりしたグリーン席があります。

 ただし、残念ながら港へのアクセスがあまり宜しくありません。徳島港フェリーターミナルを発着するバスは深夜便と接続しないため、徒歩で向かうかタクシーを使う必要があり、さらに和歌山港→徳島港の深夜便に乗る場合には和歌山港行の電車がないため和歌山市駅から徒歩orタクシーということになります。また、乗船時間もそこまで長くないため、あまり深く眠ることも出来ないのではないでしょうか。

 なお、徳島からは「好きっぷ2000」、南海線の沿線からは「とくしま好きっぷ2000」を利用することを強くお勧めします。価格は大人は全て2000円ですので、実質的に南海線が無料で乗れるということになります。

四国⇔九州

松山~小倉

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 宿代わりに使える夜行フェリー西日本編

 松山・小倉フェリーが1日1便運行しており、乗船時間は7時間程度、松山・小倉港を共に21時55分に出発して5時に到着します。早朝に到着するので、希望すれば朝7時まで船内で休憩することができます。

 客室は基本的に全て寝台です。2等の最安席はカーペット敷きですが当日に乗船券を発券する時に座席番号が指定されるので、自分のスペースが必ず確保出来ます。運賃は5450円です。また、23時30分までの時間限定ですが大浴場を利用することも出来ます。

 アクセスも良好です。小倉港から小倉駅新幹線口は徒歩10分前後で行けますし、松山観光港からは松山駅経由で道後温泉へ行くバスがあります。

大阪⇔門司

 名門大洋フェリーにより1日2往復運行されており、大阪南港発・新門司港発とも1便が17:00発 ⇒ 翌日05:30着、2便が19:50 発⇒ 翌日08:30着です。

スポンサーリンク

 エコノミーは通常のカーペット敷きの大部屋、ツーリストは二段ベッドで各ベットにコンセントがあります。エコノミーは6480円、ツーリストは船により異なりフェリーきょうとⅡ・フェリーふくおかⅡの場合7360円、フェリーおおさかⅡ・フェリーきたきゅうしゅうⅡの場合は7870円です(通常期の場合)。また、インターネット予約なら、お得な割引を実施中です。通常期の場合、17時出航便を利用すれば30%割引(エコノミー利用時は更に割引になり、片道3980円!)、19時50分出航便を利用すれば20%割引となります。繁忙期は10%割引となります。

 1便は早朝に到着するので、大阪南港発は新門司港到着後7:00まで滞在できます。JR門司駅行きの無料送迎バスはありますが、JR小倉駅までは送迎されないので注意してください。新門司港発は大阪南港到着後 7:15まで滞在できます。

 また、名門大洋フェリーでは現在、「夕食バイキング利用で、朝食サービスキャンペーン」を行っています。第1便(17時出航)限定で、夕食レストランを利用した乗船客に対して、朝食レストランを無料で利用できるサービスを実施しています。

まとめ

 夜行列車は今やほとんど運行されなくなってしまいましたが、このようにフェリーや夜行バスを利用すれば有効に移動を行う事が出来ます。それでは皆様、良い旅を!

スポンサーリンク