スポンサーリンク

帝産湖南交通の路線バスに乗ろうとした車いすユーザーの男性が運転士に「乗車拒否」されたという問題について考えてみました。

事件の概要

   「乗車拒否にあった」。ツイッターで2019年7月3日にそう投稿したのは、障害学が専門の龍谷大学非常勤講師・松波めぐみさん(51)。この日は、NPO法人障害者自立生活センター・スクラム(大阪市)のスタッフで、脳性まひのため車いす生活を送る酒井建志(けんじ)さん(29)をゲスト講師に招いており、酒井さんと介助者との3人で、帝産湖南交通が運営する帝産バスに乗ろうとした。
   大津市の瀬田駅から大学に向かうバスで12時1分発。だが、運転士から「車いすで乗れるバスは決まっている」「次のバスに乗ってくれ」と言われ、車いすユーザーが乗車できる設備のある「ノンステップバス・ワンステップバス」のみのダイヤが書かれた時刻表を示された。同時刻表は同社サイトに掲載されていなかった。見ると、次のバスが来るのは12時46分。40分以上待つことになる。
   ところが、拒否されたバスもワンステップバスで、車いす乗車対応マークも車体に張ってあったという。これを運転士に指摘したが、「スロープの出し入れの仕方が分からない」と言われ、結局別のバスに乗ることになった。瀬田駅から大学まではバスで約15分かかる。講義には間に合ったが、もっと早めに到着して準備をする予定だった。
  (中略)当時のバスの混み具合について「それほど混雑していなかったです。混む時間帯ではなかったですし、十分乗れると判断しました」と話す。

引用: 車いす対応バスなのに「次に乗ってくれ」 運転士「拒否」で40分待ち、「障害者は客として認識されていないのか」

バス会社に大きな非はない

 当時のバスの状況は以下の通りです。

「12時1分発のバスが乗り場に乗りつけた時点で、今回の車いすの方々は乗り場におりませんでした。普段、車いすのお客様がご利用になる時は、他のお客様には一旦待っていただいて、先に車いすの方に乗車してもらいます。ただ今回は、他のお客様が乗車してから車いすユーザーの方々が来ました。また、運転士は車いすユーザーの方が乗車できるスペースも空いていなかったと話しています。

 そこで運転士は、ノンステップ・ワンステップバス時刻表を見せて、次のバスに乗るようにと説明しました。しかし、当該バスもワンステップバスだったのに、運転士が『このバスには乗れない』『スロープの出し入れの操作が分からない』と言ってしまったのは事実です。不適切な言い方だったと運転士本人も認めています。乗車済みのお客様を一旦降ろしてもう1回乗っていただくのは困難だという旨も含め、丁寧に伝えるべきでした。受け答えや説明が適切ではなかったと、お客様には謝罪させていただきました」

車いす対応バスなのに「次に乗ってくれ」 運転士「拒否」で40分待ち、「障害者は客として認識されていないのか」

 今回の事例では運転士側の言動には多少問題はあったものの、発車時刻は過ぎており、車いすユーザーの方が乗車できるスペースも空いていなかったわけですから、乗車拒否自体は正当なものと言えます。また、ダイヤの都合上、たまたま ノンステップ・ワンステップバスが来たという可能性も否定はできません。

 ただし、 「ノンステップ・ワンステップバス時刻表」を約7年前に作成されたものを使い続けているのは問題といえます。 ノンステップ・ワンステップバスの比率が8割まで増えたのであればノンステップ・ワンステップバスの固定運用をもう少し増やしても、そこまで運用上の制約はないものと考えます。また、 「ノンステップバス・ワンステップバス」 の時刻がわかるような時刻表をホームページ上に載せていなかったのも問題といえます。これらに関しては、早急に改善を行う必要があると考えます。

新京成バスでも同様の問題が

松戸新京成バス
引用: 松戸新京成バス

 実はこのような事件は過去にもあり、今年は松戸新京成バスが同種の問題を起こしています。この一件でもバス会社に非はなく、利用者側に100パーセント問題があった一件でした。はっきり言って発車30秒前に来る障害者のほうが悪いのであって、謝罪をする必要などなかったのではないかと考えますが、謝罪を行っていますね。こういう事をしているから障害者どもがつけあがるのではないでしょうか?

 松戸新京成バス(松戸市紙敷)の路線バスの男性運転手(50)が車いすの男性の乗車を拒否していたことが25日、同社への取材で分かった。

(中略)
 同社によると、車いすの男性は22日午前10時45分ごろ、松戸市内の始発停留所からバスに乗ろうとした。付き添いの女性が運転手に呼び掛けたが、運転手はスロープや固定ベルトなどの準備による発車時間の遅れを懸念。外マイクで「あと30秒で発車なので無理です。ごめんなさい」と伝え、乗車を拒否して発車した。
 車いすの男性は約10分後、同社の後続バスに乗車

(中略)
 同社の路線バスは全て車いす対応で、当時バス内は空席もあり乗車は可能だったという。
 運転手は社の聞き取りに「誤った判断をした。時刻より前だったので、当然乗せるべきだった」と説明しているという。同社は「お客さまや地域の信頼を裏切り非常に反省している」と謝罪した。

引用: 「発車30秒前で無理」 車いす客を乗車拒否 松戸新京成バス

 たった10分待たされた程度で文句を言うとは、呆れたものです。

スポンサーリンク

利用者側に問題はなかったのか?

瀬田駅
引用:瀬田駅

 一方、利用者側には本当に何の非もなかったのでしょうか。講義の予定は決まっているわけですし、事前にバス会社に連絡を怠った点は問題ではないでしょうか?乗車に介助が必要なことはわかっているわけですから、 ふらっと行って乗れるという考えは甘すぎると思います。

 はっきり言って障害者の分際でなぜここまで大きな態度がとれるのか筆者としては疑問ですね。今回のケースであれば、 障害者の利用を拒否しても、別にバス会社側は何の問題もありません。 2017年に施行した障害者差別解消法においては、「民間事業者は、障害者の社会的な障壁を取り除くための合理的な配慮を行うよう努めなければならない」とありますが、これはあくまでも努力義務なわけです。極端な話、指定したダイヤ以外での乗車をお断りするというのも別に間違った対応とは言えないでしょう。

 また、 瀬田駅はそこそこ大きな駅なのですから、タクシーを呼んでもいいと思いました。講義の用意があるのであれば、漫然と40分以上もバスを待ち続けたのはどうなんでしょうか?

おまけ:龍谷大学について

深草町家キャンパス
引用:龍谷大学 深草町家キャンパス

 一応、龍谷大学について調べてみましたが、結構規模の大きい大学のようですね。また、京都の大学らしく、 民家を改装したキャンパスを保有しているのも大きな特徴でしょうか。

 しかし、頭のほうは振るわないらしく、レベルは大したことないようですね。関西でいうところの関関同立と比べると1ランクも2ランクも劣ります。こんな大学の講師だから、 事前にバス会社に連絡するという基本的なことすらできず、タクシーを呼ぶでもなく漫然とバスを待ち続けたのかもしれません。

まとめ

 障害者様は税金泥棒ですし、本当に要らない存在ですね… 特別な対応を求めておいて、それでいて乗れないからと非難ですか。乗せてもらっているだけありがたいと思え!思い上がるんじゃねえ!と思います…

 障害者のほとんどは生きている価値のない、健常者の劣化版なんですから、そこら辺の自覚をもっと持ってもらいたい。健常者の介助なしには生活できないんですから、もっと感謝の気持ちを持ってもいいと思いますが。 

スポンサーリンク