スポンサーリンク

 撮り鉄の不祥事が各地で相次いでいますが、遂に死者が出てしまいました。11/8の午前に高齢男性が撮り鉄の運転する軽乗用車に轢かれ、その後死亡する事件が起こりました。

ひき逃げで高齢男性が死亡

八幡西区高齢男性はねられ重体

 8日午前、北九州市で、高齢の男性が軽乗用車にはねられる事故がありました。男性は病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

 警察によりますと、8日午前10時半ごろ、北九州市八幡西区折尾の市道で、八幡西区友田の78歳の男性が、会社員の男性(47)が運転する軽乗用車にはねられました。

 男性は車の下敷きになり、消防が救出して病院で治療を受けていましたが、約9時間後に死亡しました。

 軽乗用車を運転していた男性は、近くの踏切に列車の写真を撮りに行く直前で、「時速20キロくらいで走っていた。男性をひいたことに気づかなかった。」と話しているということです。 警察が、事故の状況を詳しく調べています。

引用:北九州八幡西区で高齢男性がはねられ死亡

 遂に撮り鉄による死亡事故が起きてしまいました。まずはこの死亡した男性の御冥福をお祈りいたします。

 動画を見てみると、現場は見通しの良い直線道路ですので高齢男性が歩いているのに気づかないというのは時間帯や天気を考えればありえないと考えます。まして、轢いても気づかないなんてことはあり得ないでしょう。この老人を意図的に轢き殺したって考える方が自然ですね。

目的はキハ66系団臨の撮影か?

 目的はキハ66系が普段走行していない筑豊本線の団臨の撮影だったと思われます。

いい加減撮り鉄は規制すべきでは?

 正直ここまでくると撮り鉄の規制というのも考えるべきではないか?と思ってしまいますね。

 つい先日もこのような事件が起こっていますし、写真撮影は免許制にした方がよいのではないでしょうか?

 はっきり言って撮り鉄は鉄道会社や地域住民に迷惑をかけているだけですし、そのようなチー牛(笑)は排除した方がよいと思われます。