スポンサーリンク

 撮り鉄の相次ぐ愚行が止まりません。今度はJR東日本管内でEF66の撮影を行うために踏切内に立ち入り列車が非常停止する事態が起こりました。また、西日本ではクモヤ145系によじ登る者も現れTwitter上で大騒ぎとなっています。

珍しい列車が集中し…

 本日、EF66-27(通称「ニーナ」)が牽引する貨物列車と東武鉄道500系リバティの甲種輸送が相次いで運行されました。

 しかし、珍しい列車が集中したためか、大船駅では撮り鉄がホーム端に密集する事態となりました。三脚を使ったり黄色い線から明らかにはみ出すなどルール違反も散見されました。

 また、鶴見駅付近の踏切では撮り鉄が侵入して撮影を行っていたため列車が非常停止し、安全確認を行った影響で周囲の列車に遅れが出る事態になりました。

電車によじ登る者まで…

https://twitter.com/koya_07_09/status/1309507094618365959

 さらに宝塚線ではクモヤ145系によじ登る者までいました。本当に何を考えているのでしょうか?

 ちなみにJR西日本管内では今年の3月にも車両によじ登る撮り鉄が出現しています。

頭に障害があるのか?

 それにしてもここまで事件が頻発する辺り、人に平気で迷惑かけてもなんの罪悪感もないのでしょうね。撮り鉄には発達障害、特にASDを患った人が多いようですが、まさにその通りですね。

 また、注意喚起の看板や張り紙があっても問題を起こすことから考えると、知能が低くてそもそも看板や張り紙に書いていることが理解出来ていない可能性もありますね。

  生ごみでさえも堆肥にすれば植物を育てる役に立つのですが、(一部の)撮り鉄というのは何の役にも立たず周りに迷惑をかける、生ごみ以下の存在ですね…

  まあ、障害者は人間の出来損ない、工業製品の不良品のようなものですから見かけたら生暖かい目で見守ってあげてくださいw

鉄道会社は断固たる措置を!

 それにしても、最近は撮り鉄が問題を起こすことが多いですが、鉄道会社側は舐められているんじゃないですかね?彼らの行為は以下の行為に該当すると思うのですが…

  • 「鉄道営業法」では、鉄道の敷地内にみだりに立ち入る行為を禁止しています。違反した場合、1万円以下の過料を科されます。
  • 列車の往来の危険を生じさせる行為とみなされた場合、「往来危険罪」が適用される可能性もあります。違反した場合は2年以上の懲役刑が科されます。(最高で20年、他にも罪を犯している場合は最高で30年になる可能性がある)
  • 線路内に立ち入ったことで列車を止めたり、駅員の業務を妨害したとみなされた場合、「威力業務妨害罪」(に該当し、5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科されます。

 いい加減、鉄道会社も何らかの行動を起こすべきではないでしょうか?