スポンサーリンク

 撮り鉄は障害者の集まりなのでしょうか?武蔵野線205系の最終運行が先日ありましたが、本当に酷いものでした。今回はJR東日本の厚意を裏切る数々の行動をまとめてみました。

3度も緊急停車

 まず、18日は終日運用に入ったのですが、何と3度も緊急停車する事態になりました。いずれも撮り鉄の線路内侵入によるもので、武蔵野線内の複数の列車に遅れが出る事態となりました。

窓から物を出す危険行為も

https://twitter.com/JRHTCi/status/1317766207760605185

 また、撮り鉄を妨害する目的なのか、窓から物などを出す危険行為も散見されました。Twitter上で有名なKOKI(@2000toritetsu)氏もこれを行っていますが、当然許される行為ではありません。対向列車の運行の支障になりますし、列車と衝突したら大けがは免れないでしょう…

撮り鉄が罵声大会…

https://twitter.com/Ta3g92/status/1317769375806468097

 極めつけはこれです。葛西臨海公園駅の撮り鉄が集結し、罵声大会が実施されていました。発端となったのは迷惑行為を繰り返しているみつびー氏で、本名や学校名が特定されています。

 船橋法典高校の偏差値を調べてみたところ、偏差値は39。レベル低いですね~。進学実績もロクなところがないですし、こんな高校通いたくないですよね。一体学校でどんな教育がされているんでしょうか?こんな迷惑行為をするよう教育されているんですかね?

 彼はどうやら大学への指定校推薦をもらっているようなので、そこら辺も問い質す必要がありそうですね。(メールでお問い合わせしたい方はこちら、電凸したい方はこちら

 評判もひどいものが多かったですね。

入学して損しました。思ってたのとは違います。みなさんの想像している楽しい高校生活は送れません。友達も自分勝手な人が沢山いて、楽しくない、辞めたいと言っている人も友達で沢山います。先生は気がついていません。あと、先生も先生で、生徒や他の先生の悪口を言っている先生も多数います。遅刻をする時も、人によって態度が違ったり、生徒の事を初めに疑ってきます。部活動も部によってはちゃんとやってないと聞きます。ただ遊んでるだけの部活もあるようです。高校生活を充実させたいならオススメしないです。

引用:何となくでは選ばないで

撮り鉄は障害者の集まりか?

  それにしてもここまで事件が頻発する辺り、人に平気で迷惑かけてもなんの罪悪感もないのでしょうね。撮り鉄には発達障害、特にASDを患った人が多いようですが、まさにその通りですね。

 また、注意喚起の看板や張り紙があっても問題を起こすことから考えると、知能が低くてそもそも看板や張り紙に書いていることが理解出来ていない可能性もありますね。

 生ごみでさえも堆肥にすれば植物を育てる役に立つのですが、(一部の)撮り鉄というのは何の役にも立たず周りに迷惑をかける、生ごみ以下の存在ですね…

 まあ、障害者は人間の出来損ない、健常者の劣化版のようなものですから見かけたら生暖かい目で見守ってあげてくださいw

障害者はいらない存在か?

 こういうのを見ていると、障害者というのははっきり言って周囲に害を齎すいらない存在というのは正しそうですね。

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人を殺害した植松氏の行為やナチスドイツがかつて実行した「T4作戦」もある意味では正しい行為だったと言えそうです。

「荷物扱いザツ」ヤマト2人死傷 前日被害男性と・・・(2020年10月7日)

 つい最近起きた事件ですが、ヤマト運輸で女性が刺されて死亡した事件の犯人である筧真一容疑者も発達障害があったことが明らかとなっています。

 生きている価値の無い障害者を放置しておくことは周りの価値を下げるのみならず、周りに対し危害を及ぼす可能性もあるわけです。極端な話、障害者が突然自らの身に襲い掛かってくる可能性もあるわけです。怖いと思いませんか?

 このような危険を及ぼしかねない障害者に関しては予防拘禁や基本的人権の制限を認めるべきではないかと思いますね。

最後に

 なお、コメント欄については荒れることが予想されるため当面の間閉鎖させていただきます。

 はっきり言って匿名できれいごとを投げつけてくるような方に対してコメントを返すのも手間ですし、日本国憲法で言論の自由も表現の自由も認められていますので…(コレがわからなかった人はもう一度社会科の勉強をやり直すように)。

 どうしても返信が欲しい方は、本名と所属を名乗ってからお問い合わせ欄から必要事項を記入の上送信をお願い致します。

 ただし、返信を直ちに行うことを確約するものではありませんので、その点ご了承ください。