スポンサーリンク

 撮り鉄の迷惑行為が止まりません。今度は渋谷駅前の東急5000系(通称:青ガエル)の撮影を行いたいがために渋谷駅のスタバ店舗内で三脚や踏み台を使って撮影するという前代未聞の行為を行いました。当然のことながら一般客からは怒りの声が上がっています。

前代未聞、スタバ内で踏み台展開…

 渋谷駅のスタバで青ガエルのカットモデルの撮影をしようと撮り鉄が店舗内で三脚や脚立を展開し撮影を行ったようです。何と飲み物なども頼まず撮影だけした後はさっさと店舗を後にしたとのことですが、本当なら酷すぎますね。

目的は「青ガエル」の撮影

【迷列車で行こう】渋谷のアオガエル、秋田県大館市へ!?東京急行電鉄初代5000形・デハ5001

 目的は渋谷駅ハチ公口のランドマークとして親しまれてきた「青ガエル」こと東急5000系(初代)のカットモデルの撮影でしょう。今年の2月に渋谷から大館へ移されることが決まり、間もなく移送が行われることから撮影をしようと、あのような暴挙に出たものと思われます。

 東京・渋谷駅のハチ公前広場に設置されている電車のモニュメント「青ガエル」が、忠犬ハチ公の生まれ故郷・秋田県大館市に移設される。渋谷駅周辺の大規模再開発に伴う措置。ハチ公を縁とした交流を深めようと、渋谷区と大館市が「青ガエルプロジェクト」と銘打って企画した。7月から市観光交流施設「秋田犬の里」の芝生広場で展示する。

 青ガエルは1954~86年、東急東横線などで活躍した電車「東急5000系」の愛称。全長11.22メートル、約11トンの車両は緑一色に塗装され、車両正面は下ぶくれした愛嬌あいきょうある顔つきだ。東急側から譲り受けた渋谷区が2006年、広場に設置。現在は区観光協会が観光案内所として使っている。

 今回の移設では、渋谷区が大館市に車両を無償で譲渡し、5月下旬~6月上旬にトラックで運び出す。秋田犬の里に設置後、大館市は休憩場所として開放し、車内では忠犬ハチ公や両区市の歴史などを紹介する。

(後略)

引用:「青ガエル」、ハチ公故郷に移設へ…渋谷駅周辺再開発で

 場所に関してですが、恐らく以下の店舗ではないか?と考えます。

撮り鉄のやらかしが酷すぎる…

 ここ最近撮り鉄が起こす騒動があまりにも酷いと考えているのは筆者だけではないと思います。

 ここまで行くと撮り鉄の一部には知的障害があるのではないか?と考えざるを得ませんね。まあ、障害者は人間の出来損ない、工業製品の不良品のようなものですから見かけたら生暖かい目で見守ってあげてくださいw

犯罪になる可能性も?

 まあ、冗談はさておき、今回の彼らの行為は以下の条文に該当する可能性がありますね。スタバも今からでも被害届を警察に出した方が良いのではないでしょうか?

  • 建造物侵入:正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入した者を3年以下の懲役または10万円以下の罰金に処する
  • 威力業務妨害:虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。

 そろそろ悪質な撮り鉄は警察に捕まって一回痛い目に遭った方が良いと思うのは筆者だけでしょうか?