スポンサーリンク

 コロナ禍で経済が減速し各社の経営が苦しくなっていますが、そんな中日本で初めてリモート研修中に解雇となった学生が話題になっています。いったいどういう事なのか、反応などをまとめてみました。

リモート研修で解雇に

 コロナ禍が依然として続く日本社会。今年4月、多くの企業で新卒社員が入社したが、少なくない企業が新卒社員を出社させず、オンラインで研修を実施している。そんな不安な状況が依然続く中、すでに入社した会社でクビを言い渡された元新卒社員がいる。しかも、なんと彼はオンライン上の態度などで解雇を決められたという。

 上司とのコミュニケーションは原則パソコン画面上のみ。にもかかわらず、5月初頭に“クビ”を宣告。一体、この若者にどんな問題があったのか。これはコロナ後では、日本初の事例なのだろうか……。

 吉田陽太くん(仮名・23歳・千葉県出身)は、法政大学文系学部を卒業後、東証一部上場企業であるIT企業のS社に就職。社員数は約2900人、資本金は約15億、携帯電話向けソフト開発・技術支援が主力の大手企業だ。

(中略)

「コロナ禍により、新卒研修はすべてオンラインで行われることが通達されました。内容は、マナー講習に始まり、人事の方のセミナーを聞くほか、ビデオチャットしながらグループ課題をするというもの。期間は4月から6月までの3カ月です。原則ワイシャツを着て自宅から参加することが課せられたので、それに倣って部屋でネットをつなぎ、パソコンで研修を進めました」

 こうして研修から1カ月が経過した5月。

 ほとんどの同期とは顔を合わせぬまま、GWに差し掛かったタイミングで、吉田くんのもとに一本の電話が入った。

 「人事担当の男性社員から、明日急遽会社に来てほしいと言われました」

 翌日。スーツを着て千葉の自宅から地下鉄東西線を乗り継ぎ、40分かけて初めての通勤をした吉田くんは、人事担当者と顔を合わせ、開口一番にこう言われた。

 「先に結論を言います。吉田くんはうちの会社に合わない。自己都合か、会社都合がどちらか選んで会社を辞めてもらいます」

(中略)

 「君はマナーが悪い。うちはIT企業だけど、技術よりもマナーをとても重視している会社です。吉田くんが研修を受けている様子を画面越しに見ていると、はっきり言って態度が悪すぎる。君はうちの社風には合わないと判断しました」

引用:日本初?リモート研修中にクビになった、法政大卒新入社員の末路

 まず会社に関しては「システナ」で確定でしょう。以下の特徴から特定しました。

  • 東証一部上場企業
  • IT企業のS社
  • 社員数は約2900人
  • 資本金は約15億
  • 携帯電話向けソフト開発・技術支援が主力

マナー以外にも原因があるのでは?

そもそも、画面越しで話を聞いているときに「態度が悪い」ということなど本当にあるのだろうか。

 面談ではその疑問もぶつけたという。すると人事担当者は具体的に彼の態度の悪い行動について次のように指摘した。

 「吉田くんは、画面越しで顎の下が見えず、ちょっとはみ出している時がある。それに、ワイシャツの上にカーディガンを羽織っていたでしょう。ある講義では、立膝で話を聞いていた。態度が悪いんです」

(中略)

 さらに、入社前に課せられていた課題提出が遅れていたことも指摘されたという。

 「これは、卒業旅行に出るので提出が遅れると事前に伝え、了承してもらっていました」と吉田くん。

 しかし、会社から下された結論は変わらなかった。

引用:日本初?リモート研修中にクビになった、法政大卒新入社員の末路

 ここまで見てきましたが、研修の態度で解雇したのではなく、コロナ禍の最中に旅行に行き課題提出が遅れたことの方を問題にしていそうです。内定先の課題にも期日があり、旅行に行くので遅れますなんて論外でしょう。

 本当は内定取り消しにしたかったのでしょうが、その頃は企業の内定取消が批判されていた最中でした。だから研修中の解雇を決めていたのでしょう。理由は何でもよかったのではないでしょうか…

知的障害者なのでは?

 更に読み進めていくと、明らかに知的障害を疑わせるような文面がありましたね。

 翌日、吉田くんは会社都合での退職を選び、気持ちを切り替えて新たな道を模索することにした。

(中略)

 「エンジニアを目指すためのテックキャンプというスクールに通おうかと思っています。ただ、初任給もまだ入っていないのでお金がない。そこでクラウドファンディングで学費を集めようと思っています」

 吉田くんによると、スクールの学費は70万円。これに加え、最新のMacBook Air14万8000円と、クラウドファンディングの手数料を含む約100万円を募集する予定だ。

 「学費を支援していただいた方には、僕がアフリカ旅行に行ったときにもらった各国の小銭のお釣りや、旅の写真、あとは僕とお茶する権利を与えようと思っています1万円以上の高額の支援を頂いた方には、僕が卒業したあとに制作したホームページに名前を載せるなど、僕を10時間自由に使ってもらう権利をプレゼントしようと思います」

(中略)

 「両親にはアフリカ旅行の際に30万円借りているので、もうお金は借りれません。S社の給料は学生時代に消費者金融で借りていたお金の金利返済に充てるので、残額はゼロです」

 実は吉田くん、昨年9月のアフリカ旅行の際に20万円、さらにタイ旅行の際に約20万円を消費者金融から借り入れていたのだ。

 「毎月9000円ずつ返していると思っていたのですが、先日、先輩にお金の件を相談したところ、『キミが返済しているのは元本ではなく利息分だけで、元本は減っていないよ』と言われて、その事実を初めて知りました。元本は一切減っていない借金を抱えている今、プログラミングスクールに通うお金を自分で工面するのは限界があります」

(後略)

引用:日本初?リモート研修中にクビになった、法政大卒新入社員の末路

 いや~ここまでくると明らかに知的障害があるとしか思えませんね。「学費を支援していただいた方には、僕がアフリカ旅行に行ったときにもらった各国の小銭のお釣りや、旅の写真、あとは僕とお茶する権利を与えよう」って言われてもねえ…これが仮にミス青学とかなら喜んでお茶に行きたいですけど、君とお茶を飲むことに価値があるとは思えませんね。

 更に、金銭感覚もまるで理解できませんね。プログラミングの練習用のノートパソコンなんてジモティーで譲ってもらえばいいのではないでしょうか?プログラミングスクールに70万?ドットインストールとかなら無料でできますけど?旅行費用を消費者金融で借り、しかもコロナ騒ぎの中で決行した挙句金利も知らないって…あまりにも酷すぎます。

 はっきり言ってこの青年がこれ以上生きていても何の価値も生み出せないことは明白でしょう。これ以上迷惑をかける前に、プログラミングスクールに行くよりも樹海に行って首を吊った方がいいんじゃないですかね?w

システナの評判は?

 システナの評判についても調べてみましたが、あまり芳しいものはありませんでしたね。

 入社一日目、全体での説明会があった。登壇する社員の「よろしくおねがいします!」というバカみたいな大声が既に不快だった。俺はデカイ声がとにかく嫌いだからだ。

 二日目にはっきりしたが、この会社では毎朝社訓と社員心得を絶叫する必要があった。研修室の横にある会議室のような部屋から、凄まじい声量の社訓が聞こえてきて、オウムの合宿にうっかり来てしまった一般人のような気持ちになった。俺はもう限界だった。

 一応IT系の会社なのでJavaだとかなんだとかの研修があったが、それよりも社訓と社員心得の暗記を何より先に求められた。このまま行くと200人くらいの社員を前にして覚えた社訓や心得を絶叫しなければならないらしい。辞めるには十分すぎる理由だった。

引用:3日で辞めた会社の話

Twitter上の反応は?

人事部の考えは正しそう…

 まあ、コロナ禍の最中に旅行に行くような危機感の無い、しかも課題提出を遅らせるような人間は採用取り消しにしたかったでしょう。はっきり言って人事部のファインプレーでしょうね。

 知的障害者を採用してもデメリットしかありませんし、来年以降は間違いなく買い手市場でしょうから使えない人間は今のうちに切りたいというところでしょうか。

 障害者さまの思い上がりはこの件に限らず本当に目に余るものがあります。思い上がりの激しい障害者さまに置かれましては、自身が健常者の劣化版であることを自覚し、もっと謙虚になって戴きたいですね。