スポンサーリンク

 東京都美術館で 「アラサーちゃん」などの作品で知られる、漫画家の峰なゆかさんが車いすに乗った障害者から暴行被害を受けたというニュースの雑感と障害者行政に関してハッキリ言いたいことがありますのでつらつらと述べてみました。

峰なゆかさんが被害に

 東京都美術館の対応がいくら何でも杜撰ではないでしょうか?「常連で頻繁にトラブルを起こす」のに口頭注意だけとは… そんなにトラブルを頻繁に起こすのならこんな暴行事件が起こる前に威力業務妨害で警察に突き出せなかったのでしょうか。

 さすがにここまでの騒ぎになったのか、6/17には東京都美術館もお詫び文を出しました。

 東京都美術館にいつも御来場、御支援いただき、ありがとうございます。
 一昨日御来館いただいたお客様に、館内トラブル時の美術館の対応により、ご不快な思いをさせてしまいました。さらに、このことについて多くの方からお問い合わせをいただくなど御心配をおかけしており、誠に申し訳ございません。
 ご不快な思いをおかけしてしまった女性のお客様には連絡をとっており、お詫びするなど誠実に対応させていただいております。
 館内では、どなたでも安心してご鑑賞いただけるよう、分かり易い案内やトラブル防止のための声かけなどに努めているところですが、今回の件では、警備スタッフが、一方のお客様から事情をお聞きしなかったことなど、トラブル後の対応が十分でなかったことに加え、お客様に配慮を欠くご案内をしてしまい、改めて深くお詫び申し上げます。
 また、特定のお客様に特段の配慮をしているかのような誤解を与えてしまったことに対しても、重ねてお詫び申し上げます。
 今回の反省を踏まえまして、展示室内の巡回警備を強化し、必要に応じてお声かけするなどトラブルの防止を徹底いたします。また、トラブルが発生した際は、双方のお客様から丁寧に事情を確認し、状況によっては毅然とした対応をとるなど、より一層お客様の立場に立った対応を心がけてまいります。
 お客様が安心して鑑賞できる環境づくりに向け、展覧会におけるお客様への対応について、共催者や委託会社も含む館内スタッフ全員に改めて徹底を図ってまいります。

引用: 館内トラブルについてのお詫び及び今後の対応について

何故逮捕されないのか?

 まず一つ考えられるのは、この車いすに乗って暴力をふるった男性が知的障害者や精神障害者で警察に訴えても不起訴になってしまうというパターンですかね。こんな危ない触法障害者は殺処分するか病院に永遠に閉じ込めておくべきだと思います。

 もうひとつ考えられるのが、この犯人が企業の元トップなどの偉い人、通称「上級国民」というものです。池袋で暴走事故を起こした飯沼某氏がまさにそのパターンでした。マスコミや施設側も忖度しているのでしょうか…

スポンサーリンク

障害者は殺処分すべき!

 さすがに私も障害者全員を殺処分しろとは言いません。世の中に迷惑をかけずに慎ましく暮らしておられる障害者の方もたくさんいますし、障害者の方には健常者の劣化版であるという自覚と生かしてもらっているんだという感謝の気持ちを忘れずに慎ましく暮らすのであれば別にそれでよいと思います。(ただ、パラリンピックに関しては赤字が見込まれるので、中止すべきだと思います。オリンピックの開催だけで十分です)

 ただし、世の中や周りの方に迷惑をかける障害者(知的障害者が多い)の存在に関しては全否定します。はっきり言って、このような障害者(特に知的障害者)に生きている価値はなく、小池都知事の言葉を借りて言うならば「排除すべき」と筆者は考えます。政府は障害者の殺処分(安楽死)を速やかに許可すべきではないでしょうか?

 最後に、筆者の考える「障害者三原則」を掲げておきます。

  • 障害者は「産まない」
  • 障害者は「安楽死させる」
  • 障害者の安楽死が不可能な場合は病院や孤島などに「隔離する」
スポンサーリンク