スポンサーリンク

 撮り鉄の暴走が止まりません。今度は甲府駅のホームで撮り鉄同士が乱闘騒ぎを起こしていたことが分かりました。いったい何が目的で、何故乱闘騒ぎになってしまったのかまとめました。

目的は事業用列車の撮影か?

 JR東日本ではキヤE195系の導入今年度から本格的に始め、来年夏ごろをめどにレール輸送の気動車化を完了する計画があります。

 緊急事態宣言が解除され、甲府工臨が運転されたことで撮り鉄が集結したものと思われます。また、機関車も「EF64 37」が充当されており、こちらも注目を集めたのかもしれません。

乱闘騒ぎが発生…

 珍しい列車だったのか?撮り鉄が集結し、場所取りをめぐり乱闘になったようです。その後、警察が出動する騒ぎになってしまいました…

 なお、この影響により中央本線の一部列車に遅れが発生しました。

酷すぎる撮り鉄のモラル崩壊

 それにしても、ここ最近の撮り鉄のモラル崩壊は凄まじいですねえ。

 キハ40の小湊鉄道譲渡時の騒ぎはワイドショーで取り上げられるほど酷いものがありました。緊急事態宣言がまだ解除されていない中での醜態に世間の方々は呆れかえったことでしょう。

 この直後に行われた251系の廃車回送でも大きな騒ぎとなってしまいました。

 新潟地区の115系撮影では「水鏡」を撮りたいからと勝手に撮り鉄が畔と田んぼを破壊し大変な騒ぎとなっています。あまりに身勝手な行動に呆れてしまいましたね…

京アニ放火事件も撮り鉄が犯人!

 極めつけは京都アニメーションの放火事件でしょう。青葉真司容疑者が数日前に逮捕されていますが、趣味は撮り鉄でした。動機も極めて身勝手なもので全く擁護の余地はありませんでしたが、撮り鉄は基地外しか居ないのでしょうか?

撮影禁止にすべきでは?

 ここまでモラルが崩壊している・自浄作用が全くないとなると、もはやホーム上での撮影禁止など強硬手段を取るしかないのではないかと思いますね。

 最近では大阪メトロの中津駅が撮影禁止になったということが話題になっていますが、このような措置が今後他社でも取られることになるでしょうね。まあ、そうなっても撮り鉄が悪いのですから自業自得と言えますが。