スポンサーリンク

 間もなく運行を終了する武蔵野線の205系ですが、M17編成でプレートの盗難未遂事件が発生しました。悪質な鉄オタが問題になっていますが、なぜこのような行為が繰り返されるのでしょうか?

205系M17編成でプレート盗難未遂

 盗り鉄が居ることは知っていましたが、まさか白昼堂々とこのような行為に及ぶ輩がいるとは思いませんでした。編成札や号札車番のプレート、方向幕…どれも鉄道車両にとって大切な部品なわけです。それにしても、あきれてものが言えませんね…

 ちなみに、6号車に設置されていた製造先が書かれたプレートは既に盗まれているようです。

”盗り鉄”の被害は他車でも…

 盗り鉄の被害はここだけではなく、他の車両にも及んでいます。

https://twitter.com/Kirara1314/status/1297051954082770946

鉄道会社は断固たる措置を!

 それにしても、本当にひどい事件が相次いでいますね。このような行為が続いてしまうと鉄道ファン向けのイベントなども開催を躊躇わざるを得なくなるのではないでしょうか?いい加減に鉄道会社側も断固たる措置を取るべきではないでしょうかね?