スポンサーリンク

 池袋の暴走事故から間もなく1か月が経過するので、自分の思うところをまとめてみました。

事故の概要

 平成31年(2019年)4月19日午後0時25分頃、東京都豊島区東池袋4の都道にて飯塚幸三(87)の運転する乗用車が約150メートルにわたって暴走し、歩行者らを次々とはね自転車の母娘2人が死亡、車の運転手を含む40~90代の男女10人が重軽傷を負った
 運転手がブレーキを踏んだ痕跡はなく、乗用車は縁石に乗り上げたのを皮切りに信号を無視して暴走した。
 車はまず横断歩道の自転車を轢いた後、区画一つを走りきり次の交差点で自転車に乗る母娘をはねた。それでも勢いは止まらず、さらにゴミ収集車に衝突し、横断中の歩行者数名を轢いてトラックにぶつかってようやく停車した。
 衝突したゴミ収集車は横転し、亡くなった二人の自転車は真っ二つに折れていたことから車はかなりの速度が出ていたことが推察される。
 同日中に加害者の詳しい身元も報じられ、飯塚幸三が旧通産省工業技術院院長を務め、瑞宝重光章を受賞した元高級官僚であり、退任後はクボタの副社長にも就任していたことも明らかになった。
 飯塚氏は事故後病院に搬送され現場で逮捕されることはなかったため、テレビ局は”容疑者”ではではなく敬称の”さん”を付けて報道を行い、また目白警察署も飯塚氏には逃亡、証拠隠滅の恐れはないとして自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑などを視野に任意で捜査を行う方針を定めた。

引用: 池袋高齢者ドライバー暴走事故

事故の感想

 まず、事故を起こした加害者についてですが、” 旧通産省工業技術院院長を務め、瑞宝重光章を受賞した元高級官僚であり、退任後はクボタの副社長にも就任していた …”こんなに偉い人だったら別に金はたくさんあったでしょうし、車を運転しなくてもタクシーで移動すればよかったじゃないか、そこまでいかなくてもお付きの運転手でも雇ってその運転手に運転させていればこんな事故は起こらずに済んだのでは?と思わずにはいられませんね。ましてや、” 事故当時は両足を痛めて通院中で、医師から運転を控えるよう言われていた ”のに自分で無理に運転するなんて、なんて愚かなんでしょうか…

 次に被害者についてですが、これについては会見を見て思わずいい気味wwと笑ってしまいましたね。まあ、ロシアンルーレットの当たりを引いてしまったとでも思って頂くしかないでしょうwww

6/1追記:運転免許は取り消しに

 東京・池袋で12人が死傷した高齢ドライバーによる暴走事故で、東京都公安委員会は31日、車を運転していた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三容疑者(87)の運転免許を取り消す決定をした

 警視庁幹部によると、交通違反の内容を確認する「意見の聴取」が31日午前、千代田区内で行われたが、飯塚容疑者は「足が悪い」として欠席した。

(後略)

引用: 池袋暴走、免許取り消し…聴取欠席「足が悪い」

 足が悪くても意見の聴取には行けるでしょう… これはもう、免許の取り消しは止む無しと考えたからなのでしょうか?

 さらに言うと、今後彼が運転免許を取得するのは極めて厳しいと考えます。というのも、各県の公安委員会は、病気等を理由に(ex.認知症や過去に危険運転を行った経歴etc )免許試験に合格した者に対して免許を与えないことができるためです。

事故の防止策はないのか?

 まあ、人の不幸だから爆笑できるのであって、さすがに自分やその周囲にそういうことがあったら笑えないので、どうすればこういう事故が防げるか考えてみたいと思います。

 高齢者の免許更新を厳しくしていますが、それでもそういうことは起きていますし、事故を起こすのは高齢者だけではありません。だからといって一定の年齢になったら免許取り上げというのも厳しいでしょう。

高齢者向けのコミュニティを作れないか?

 まず、高齢者が運転をしなくても済むようなコミュニティを作り、そこへの移住を促せばいいのではないでしょうか。もちろん、コミュニティ内で食事や娯楽や買い物などがすべて完結するようにするものとします。

 財源がないなんて言われるかもしれませんが、法人税を減税前の水準にし、議員の給料を少しだけ減らせば財源は作れませんかね?それでも足らないなら、意思疎通が一切取れない重度障害者や植物状態の人間の安楽死を行って医療費の削減を行うのも良いでしょう。(そういう意味では植松氏の考え自体は正しいです。行為に及んだことに関しては肯定しかねますが)

完全な自動運転車の実現

 現在の自動運転車はまだ不十分であり、運転者のアシスト程度にとどまっています。これが、利用者が行き先を指示すれば勝手に目的地まで着くような完全な自動運転車が一般庶民でも手に入るようになれば事故は起こらなくなるのではないでしょうか。最もソフトウェアの不具合で事故が起こる可能性は否定できないですし、これは当分先の話になるでしょうね…

今後はどうなるのか?

 加害者は「 旧通産省工業技術院院長を務め、瑞宝重光章を受賞した元高級官僚であり、退任後はクボタの副社長にも就任していた 」ような偉い人ですから、恐らく実刑は避けたいと思うでしょう。なので、被害者サイドに対して和解を申し出てくるはずです。

 追記すると、この加害者は書類送検で終わる可能性が非常に高いようです。まあ、今回の事故は高齢者のブレーキとアクセルの踏み間違いというありがちな事故ですし、運転免許取り消しということで今後車を運転することはないでしょうから、妥当な措置だと思います。

スポンサーリンク

 被害者側にとって幸いなのは加害者が高級国民なので財産はたっぷり持っていると推測できることです。また、車いす状態や植物人間にならずキッチリ死んでくれて、子供も一緒に亡くなってくれたのも良かったことでしょう。子連れじゃ婚活で苦戦しそうですからね…まあ、加害者側にはたっぷりと損害賠償を要求すればよいと思いますよ。多分払うと思います。

被害者は署名活動を始めた模様

東京・池袋で乗用車が暴走して松永真菜(まな)さん(31)と長女の莉子(りこ)ちゃん(3)が死亡した事故で、夫の男性会社員(32)が3日、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)に対して、できるだけ重い罪での起訴と厳罰を求める署名活動を事故現場近くで行った。
 莉子ちゃんのお気に入りの場所で、親子3人でよくピクニックに出かけていたという南池袋公園(豊島区南池袋)で実施。男性は「多くの人に署名をいただいて感謝しかない。この活動がきっかけとなり、(飯塚元院長が)しかるべき処罰をしっかり受けることが再発防止につながると思う」と訴えた。
 松永さんの父で会社員の上原義教(よしのり)さん(61)も参加し、「娘と莉子ちゃんに戻ってきてほしい。どれだけ日にちがたっても悔しさでいっぱいです」と涙ながらに話した。
 男性は7月18日、記者会見で署名活動実施を表明。郵送で受け付け、今月2日までに約5万人の署名が集まっているという。今月下旬まで続け、東京地検に提出する方針。
 警視庁の調べに対し、飯塚元院長は「パニック状態になり、アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性もある」と説明しており、同庁は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検する方針。

(後略)

引用: 池袋暴走 遺族が事故現場近くで厳罰求め署名活動

 署名活動大変そうですねえ… こんな無駄なことをするくらいなら、婚活でもすればいいんじゃないかと思いますが。はっきり言ってこんなことをしても妻と子供は帰ってこないのですから無駄だと思います。

まとめ

 まあ、今後この事件をきっかけに高齢ドライバーが自分の運転を見直し、免許の返納制度の充実も図られることでしょう。

 あと、会見に出ていた被害者の夫も多額の金が転がり込んでくるでしょうから、1~2年後にはしれっと新しい奥さんと再婚しているのではないでしょうかね。亡くなった元妻と子供のことなど忘れてwww 

スポンサーリンク