スポンサーリンク

「相模原障害者施設殺傷事件」の発生から3年が経過しました。今回は事件の概要や容疑者の現在、今後の政府の在り方について考察してみました。

事件の概要

 相模原市緑区千木良の障害者施設「津久井やまゆり園」で26日未明、刃物を持った男が入所者らを襲い、19人が死亡、26人がけがをした事件で、神奈川県警に殺人未遂などの容疑で逮捕された元職員の植松聖(さとし)容疑者(26)が、「意思の疎通ができない人たちをナイフで刺した」と供述していることが県警への取材でわかった。県警は植松容疑者が身勝手な動機から、重度の障害者を狙って事件を起こしたとみて調べる。県警は27日、容疑を殺人に切り替え、横浜地検に送検する。

   警察庁によると、平成元年以降、最も死者の数が多い殺人事件となった。消防や県などによると、亡くなったのはいずれも入所者で、41~67歳の男性9人と、19~70歳の女性10人。26人のけが人のうち、重傷者が13人に上るという。けが人には職員2人も含まれていた。
 植松容疑者の逮捕容疑は、26日午前2時ごろ、同園で入所者の女性(19)を刺して殺害しようとしたというもの。県警の調べに対して容疑を認め、「障害者なんていなくなればいい」とも話しているという。
 植松容疑者は東居住棟の1階東側の窓をハンマーで割って施設に侵入し、結束バンドを使って施設職員を拘束。所持していた包丁やナイフを使い、次々に入所者を刺したという。
 津久井署には午前3時ごろ1人で出頭。この時に持参したかばんには、血が付いた刃物3本が入っていた。また、乗ってきた車の後部座席からは、少量の血液が付いた結束バンドも見つかった。
 同園は、県が設置し、指定管理者である社会福祉法人かながわ共同会が運営している。植松容疑者は今年2月までこの施設で働いていた。
 同園は神奈川県北西部にあり、東京都や山梨県との境に近い。県などによると、知的障害者ら149人が長期で入所中。敷地は30890㎡、建物は延べ床面積約11900㎡。2階建ての居住棟が東西に2棟あり、20人ずつが「ホーム」と呼ばれるエリアに分かれて暮らしていた。

 夜間も職員を1棟あたり少なくとも2人配置し、園の正門や居住棟の入り口はそれぞれ施錠されている。県の説明では、建物内に入ったとしても各ホームに自由に行き来はできないという。すべての鍵を開けられるマスターキーを持っている職員はいないという。

引用: 障害者ら刺され19人死亡26人負傷、男逮捕 相模原

遺族も本当はホッとしているのでは?

 遺族の方々で悲しんでいる方がクローズアップされていましたが、正直言って疑問ですね。本当に愛情があるのであればこんな施設に預けたりしないでしょうし、泣いていたのも実際は手間のかかる重度障害者がいなくなってくれた嬉しさで泣いていたのではないでしょうか?ほとんどの遺族は預けたっきり面会にも訪れていないのでしょうし、花束も大して置かれていなかったことからもいかに障害者に価値がないか伺えます。

植松氏の現在と今後の裁判は?

横浜地裁
引用:横浜地方裁判所

 植松氏は現在横浜拘置支所に留置されており、裁判の開始を待っている状態です。

 その裁判がいつ始まるかですが、公判前整理手続きが長引いたこともあり、第一審は横浜地裁で2020年1月8日11時に開廷することがようやく決まりました。裁判員裁判で行われる見通しで、 2020年3月末までに第一審の判決が言い渡される見込みです。 被告は殺傷行為自体は認めており、 今後開かれる刑事裁判の公判では「刑事責任能力の有無・程度」が最大の争点になる見通しです。

政府は安楽死を認めるべき

 この犯人について思ったこととしては、行動自体は問題ではないかと思いましたが、考え方自体は某ch風に言えば「悪くないですねw」。

 なぜかというと、この手の重度障害者は何の価値も生み出していないからです。 「意思疎通できない人は不幸を生む」 という植松氏の意見はまったくもって正しく、彼らは介助なしでの生活がままならず、常に介護が必要な状態です。つまり、何の価値も生み出していないどころか、マイナスな存在なわけです。う〇こは畑の肥やしとなるためまだ役には立ちますが、彼らはそれ以下の存在です。このような金食い虫はさっさと安楽死させるべきではないでしょうか?

 なぜ、障害者を「障」・「害」・者と書くと思いますか?彼らはいるだけで日常生活に差し「障」りがあり、日本国・地方自治体の財政に損「害」を与え、周りに危「害」を加えるからですよ。そんな連中はこの世に必要ですか?まして、何のコミュニケーションも取れないとなったら、ただの動物と何が違うのでしょうか?実際、植松氏は「人ではないから殺人ではない」と述べています。

  また、 インターネットを介して活動する日本の自由民主党の支援組織「 自民党ネットサポーターズクラブ 」の会員が書いている 「自民党ネットサポーターズクラブ会員として愛国という視点から自らの意見を論理的に述べるブログ」 でも、以下のように述べられています。

(前略)

 植松は「障害者なんていなくなってしまえ」と供述しているという。あまりにも卑劣な犯行でさっさと死刑にするのが一番であるが、植松の言葉自体には実は聞く価値のある部分もある。それは「障害者は邪魔である」という観点だ。この施設には知的障害のある人たちがたくさんいたのだ。

 考えてみてほしい。知的障害者を生かしていて何の得があるか?まともな仕事もできない、そもそも自分だけで生活することができない。もちろん愛国者であるはずがない。日本が普通の国になったとしても敵と戦うことができるわけがない。せいぜい自爆テロ要員としてしか使えないのではないだろうか?つまり平時においては金食い虫である。

 この施設では149人の障害者に対し、職員が164人もいる。これではいくら職員を薄給でき使わせたところで採算が取れるはずもない。そんな状況では国民の税金が無駄に使われるのがオチである。無駄な福祉費を使わなくて済ませることが国家に対する重大な貢献となる。だからこそ植松が言うように障害者はいなくなるべきなのである。

(中略)

 今回の件でいかに重度障害者の現実が大変であるかわかるだろう。少しでも負担を少なくするためにも正しい政策を実行しなければいけない。そしてそれに逆行する政治家は正義の鉄槌を下さなければならない。

引用: 重度障害者を死なせることは決して悪いことではない

 これが事実であれば、植松氏は無罪放免とし、むしろ勲章を与えるべきではないかと思いますけどね。また、今後植松氏と同様の犯行をしようと考えている方は、殺傷などというまどろっこしい方法はとらず、ガソリンを撒いて放火した方がよいでしょうね。その方が、間違いなく多くの重度障害者をこの世から葬りされることでしょうw

れいわ新選組は次回の選挙で落選させよう!

 そういう意味では、次回の選挙でれいわ新選組の候補者は1人残らず落選させる必要がありますし、本来ならば安楽死させるべき金食い虫が2人も参議院議員となってしまったのは痛恨の極みです。ろくに議員として働けないであろう、この2人にも6年間で1億円以上の報酬が公費で支払われるのです。どこまで税金泥棒を働けば気が済むのでしょうか?

 また、国会内での介護費用も参議院が負担するという話がありましたが、本来であればれいわ新選組が全額負担すべきところでしょう。

最後に

  欧米先進国では、過剰で超長期的な救命・延命措置を回復・向上の見込みがない患者・障害者・痴呆/認知症・寝たきり老人には施しません。 欧米先進国の納税者はカネの使われ方にとてもシビアです。国家財政が破綻してでも、植物人間や凶暴で危険な障害者に、高度な医療を以て延命措置を続けるべきとでもいうのでしょうか。障害者は健常者の劣化版なわけですし、ここら辺のコスト感覚は欧米先進国に一刻も早く追いつく必要があるでしょう。

 最後になりますが、障害者などの役に立たない人もどきを排除し、日本が強く・正しく・美しさを取り戻すことを願っております。また、植松氏は何も間違ったことはしていないのですから、胸を張って死刑になってもらいたいと思います。

 なお、コメント欄については荒れることが予想されるため予め閉鎖させていただきます。どうしてもコメントが欲しい方は、本名と所属を名乗ってからコメントをお願いいたします。ただし、コメントをいつ返すかを確約するものではありませんのでその点ご了承ください。