スポンサーリンク

 先日、なんとも嬉しいニュースが入ってきました。なんと、JFAのトップである田嶋幸三会長が新型コロナウイルスの陽性と診断されたことが発表されました!

 おそらくこれで長期間の離脱または重症化による死亡、いずれにせよ会長交代となることが確実視されていますので、反応などをまとめました。

JFA会長がコロナ陽性

日本サッカー協会の田嶋会長 新型コロナ感染が判明(20/03/17)

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)が17日、同協会を通じて新型コロナウイルス検査で陽性だったことを発表した。2月下旬から3月上旬にかけ海外3か国へ出張し、帰国後の14日に発症、17日午後に検査結果が出たという。

(中略)

  日本サッカー界に激震が走った。田嶋会長は2月28日から、会議出席やなでしこジャパンの視察で英国、オランダ、米国を訪れ、8日に帰国。10日にラグビーW杯組織委員会、14日にJFAの理事会に出席し、同日に発症した。15日には微熱があったという。3日の欧州サッカー連盟(UEFA)理事会で同席したセルビアとスイス協会の会長の感染を受け、16日に出席予定だった日本オリンピック委員会(JOC)常務理事会を取りやめ、文京区の保健所に相談。17日午後、感染が判明した。日本サッカー協会によると「3月初頭の欧州では新型コロナウイルスに対して現在ほどの緊張感はなく、ハグや握手、頬と頬を合わせるビズも行っていた」という。

(中略)

 協会とJリーグが入る都内のJFAハウスは消毒作業のため閉館する措置も発表された。2月26日から協会職員(約200人)やJリーグ職員(約190人)は原則、在宅勤務を続けているが、今後は保健所指導の下、濃厚接触が疑われる人の行動履歴や職員の経過観察を行う。

(後略)

引用: 田嶋幸三会長がコロナ陽性…14日に発症、国内著名人で初感染

TL上の反応は?

 今までいろいろと黒いうわさがあり評判がよくなかった田嶋会長ですが、日本の著名人としては初めて新型コロナウイルスに感染し、今後の予断を許さない状態となっています。これに対して、TL上では「田嶋やめろ!」という声が多く寄せられていました…

https://twitter.com/kuonsan_noaka/status/1239843010877091840

筆者の感想

 いやはや、JFA内ではもはや無敵の人だった日本サッカー界の癌、田嶋会長をダウンさせるとは…新型コロナウイルス、よくやった!と思いますね。

 これを機にですね、ご高齢ですからJFA会長を退任され、余生を静かにスイス辺りで過ごすのが宜しいのではないでしょうか?(別に在任のままお亡くなりになっても良いと思いますが)

 個人的には新型コロナウイルスにもうひと働きして頂いて、現日本代表監督の森保氏にも感染させてほしいですね。 こ奴も今年に入って行われたU23アジア選手権で組み分けに恵まれたにも関わらず(日本はシリア、サウジアラビア、カタールと同組)グループリーグ敗退、しかも最下位と世界中に向けて日本代表の醜態を晒しました。このもう一人の「日本サッカー界の癌」が新型コロナで死亡・または長期の離脱となれば監督交代もやむを得ない状況となるでしょう。

後任はどうなる?

 後任に関しては会長は恐らく日本サッカー協会常務理事で会長選にも出ていた経験のある原博実氏が濃厚でしょう。

 一方、監督については何とも言えない状況です。森保氏が指揮をとれない状況となれば、現実的には西野氏or関塚氏が指揮を執ることになるでしょう。最も、外部から招聘する可能性もあるため、なんとも言えないところです。