スポンサーリンク

 今夏も各地で花火大会が実施されます。それに伴い、各地で面白い臨時列車が運行されていますのでまとめました。今回は新潟編です。

ぎおん柏崎まつり海の 大花火大会

 「ぎおん柏崎まつり海の 大花火大会」が7/26に開催されます。特徴は尺玉300連発、尺玉100発一斉打上げ、大海中空スターマイン、600mのワイドスターマインという圧巻のスケールでしょう。

 これに伴い、E653系を利用した臨時快速列車「海中スターマイン」号が新潟~柏崎間で運行されます。

スターマイン

 また、一部区間で普通列車も増発されます。

普通列車

上越まつり大花火大会

 「上越まつり大花火大会」が7/26に開催されることに伴い、花火大会終了後に直江津~長岡間で2本増発します。5000発の打ち上げ花火が夜空を飾る大花火大会は、上越の夏の風物詩となっています。

  • 直江津22:07→長岡23:34
  • 直江津22:33→長岡23:46(快速列車、停車駅は犀潟・柿崎・柏崎から各駅)

長岡まつり大花火大会

長岡まつり大花火大会 」が8/2,3に開催されることに伴い上越新幹線を中心に大幅に増発されます。この花火大会では長岡空襲・震災犠牲者への慰霊と復興、平和への想いが込められた、壮大な花火が2日間にわたって打ち上げられます。名物の「正三尺玉3連発」や「フェニックス」、大河ドラマ・映画にちなんだミュージ ック付きスターマインなど、多彩な花火が息つく間もなく夜空に輝く姿は圧巻と言えるでしょう。

臨時列車 新幹線

 これを見るとわかるのですが、行きの東京方面からの臨時列車は多数ありますが、帰りの臨時列車は新潟方面に向かう臨時列車が多数増発される一方で東京行きの臨時列車は2本のみの増発となっております。東京方面へ帰る場合、相当な混雑が予想されますので、ご注意ください。

 また、在来線の列車も帰りを中心に大幅に増発されます。こちらもぜひご利用ください。

花火臨
花火臨

酒田花火ショー

 8/3に「酒田花火ショー 」が開催されることに伴い、終了後に酒田から新潟行き、新庄行き快速列車がそれぞれ1本づつ増発されます。この花火大会では、最上川を華やかに演出する 大水上スターマインをはじめ、超ワイドスターマイン、大空中ナイアガラなど、「感動」と湊・酒田の「粋」を 感じる花火を存分に楽しむことができます。

1563979340 - 花火大会開催に伴う臨時列車まとめ 新潟編

新潟まつり花火大会

 8/11に「新潟まつり花火大会 」が開催されることに伴い、終了後に新潟駅から各方面に普通列車が1~3本増発されます。信濃川両岸から眺められる「新潟 まつり花火大会」のフィナーレを飾る 大型スターマインは圧巻です。

鶴岡赤川花火大会

 8/17に「鶴岡赤川花火大会」が開催されることに伴い、以下の通り臨時列車が増発されます。

スポンサーリンク
花火臨 域

 行きの列車で注目なのは、快速「鶴岡赤川花火庄内号」でしょうか。グリーン車は締め切りの措置をとっていますが、それ以外の車両は自由席として開放という大盤振る舞いです。まあ、701系だけでは輸送力不足ということなのでしょう。

花火臨 帰り

 この花火大会は、「全国デザイン花火競技会」として選りすぐりの業者20社以上が参加。 オープニングからエンディングまで音楽と花火の融合した、素晴らしい花火大会です。

おぢやまつり大花火大会

E129系
引用:E129系

 8/24に「おぢやまつり大花火大会 」が開催されることに伴い、新潟~小千谷間で快速「おぢや花火号」を1往復増発します。是非ご利用ください。

 この花火大会では、約7000発の花火が打ち上げられます。 中でも、花火大会の最後を飾る「超ワイドベスビアス大 スターマイン」の迫力は必見です。

小千谷花火

片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火

 9/9と10に「片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 」が開催されることに伴い、快速「四尺玉号」が新潟駅~来迎寺駅間で運行されます。是非ご利用ください。

 この花火大会の最大の目玉は、ギネスにも載った世界最大級の 「正四尺玉」。体の芯にズシンと響く轟音とともに、直径 800mもの大輪を咲かせます。一瞬にして人々の心を捉える片貝の花火は、地元の人や企業が願を込め浅原神社に納める 奉納花火です。また、会場で販売される「花火番付」で各花火の所以を知るのも楽しみの一つでしょう。

四尺玉号

まとめ

 E653系も臨時快速列車として運行されるのは、非常に乗り得ですね。また、長岡の花火大会では帰りの東京行きの新幹線がここに書かれていない列車も増発される可能性がありますので、駅の案内放送にはよく耳を傾けたほうがよいでしょう。

 次回以降も引き続き花火大会関連の臨時列車を取り上げていきます。

スポンサーリンク