スポンサーリンク

 那覇バスの運転手が障害者の利用客に対して暴言を吐いたとして問題になっていますね。今回はこの那覇バスの運転手の実名などやこの事件に対して思うことをまとめました。

乗客へ暴言を吐く

 那覇バス(那覇市)に勤める60代の男性運転手がバスの乗客に不適切な対応をしていたことが8日、利用客と家族らへの取材で分かった。那覇市内に住む50代女性とその息子(18)が6日に同市内で路線バスを利用した際、乗車時の支払いに手間取った女性に対し、運転手が「早くしろ」「いいから行け」などと強い口調で対応した。那覇バスの担当者は「運転手の対応は非常にまずかった。強く注意指導をしたい」と述べた。

 女性は数年ぶりにバスを利用したため、運賃が値上げされていたことを知らず、乗車時の支払いで手間取った。運賃を聞いたが運転手から「見れば分かるだろ」「時間がないから早くしろ」と強い口調で言われた。当時、車内には4~5人の乗客がいた。

 女性の息子は中等度の知的障がいがあり、通勤のためにバスを利用している。女性は「もし息子が同じことを言われたら怖がってバスに乗れず、仕事に行けなくなる。安心して利用できるように接客を改善してほしい」と訴えた。

引用:乗客に「早くしろ」「いいから行け」那覇バス運転手が不適切対応

 搔い摘んでまとめると以下の通りです。

  • 14:45分頃にパレット久茂地前から那覇バスの2番線に乗車しました。数年ぶりに市内線バスに乗り、運賃が上がっていることに気づく。
  • 小銭の用意にもたつきながらも支払いをしようとすると、運転手に小銭はここと暴言を吐かれ、運賃箱を指さす。
  • 運転手は「わからないなら聞けばいいだろッ!」「いいから早く座れ!」と支払いをする母に恫喝。障害者の弟は怯える。
  • 降り際に「お前は障害者か」と罵られる。
  • 新川営業所へ電話しても埒が明かず、営業所へ赴く。記録を見るため、主任が来るのを待つものの、かなり待たされることに。
  • 記録を見終えたあと、主任は誠意を込めて謝罪をしたが、暴言吐いた運転手や社員からは一切謝罪なし。

バスの路線は?運転手の正体は?

引用:バスナビ

 バスの路線は那覇バスの新川線と判明しています。また、Twitter上の情報から14:45分頃にパレット久茂地前から乗ったというのもわかっていますので、ここから乗ったバスが判明しそうですね。ただ、乗車した時にはダイヤが乱れていたそうです。

 また、バスの運転手は新川営業所の仲間運転手と判明しています。(フルネームは不明)この運転手には厳重注意が行われ、処分が決まるまで乗務はさせない方針とのことです。

Twitter上の反応は?

筆者の感想

 もちろん乗客に対して暴言を吐いた運転手は悪いですし、同情の余地はありませんが、乗客の側にも問題があったと思いますね。

 数年ぶりにバスに乗るのに運賃も調べず、どこに運賃を入れるのかわからなかったのに運転手に聞くこともせず…どう考えてもこの母親も悪いと思いますが。

 それ以前の問題として知的障害者が1人でバスに乗ろうとすること自体、あまり好ましい話ではありませんね。間違いなく支払いに手間取るでしょうし、乗降にも時間がかかるでしょう。それなら母親や姉が会社まで送り迎えするか、タクシーを使えばいいだけの話でしょう。わざわざ路線バスを使う必然性はないと思われます。

 

 それにしても、沖縄の障害者さまの思い上がりは本当に目に余るものがありますね。思い上がりの激しい障害者さまに置かれましては、自身が健常者の劣化版であることを自覚し、もっと謙虚になって戴きたいです。

 健常者の介助なしでは生活できないのですから、もっと感謝の気持ちを持つべきだと思いますがね。

 なお、コメント欄については荒れることが予想されるため予め閉鎖させていただきます。どうしてもコメントが欲しい方は、本名と所属を名乗ってからコメントをお願いいたします。ただし、コメントをいつ返すかを確約するものではありませんのでその点ご了承ください。