スポンサーリンク

 ついに恐れていた事態が起こってしまいました。 19日朝に名古屋市中川区のJR関西線の線路内に立ち入った小学生の男児が列車にひかれて死亡する事故が起きてしまいました。今回はこの事件の詳細等をまとめました。

事故の詳細

 19日朝、名古屋市中川区のJR関西線の線路内に10歳くらいの男の子が入り、列車にはねられ死亡しました。

 19日午前6時半ごろ、名古屋市中川区富田町のJR関西線の線路内に10歳くらいの男の子が入り、列車にはねられました。

 男の子は病院に運ばれましたが、全身を強く打ち、まもなく死亡しました。

 列車の乗客およそ480人にケガはありませんでした。

  警察によりますと、事故の数分前に付近の住民から「線路内に子どもが歩いている。声をかけたが反応がない」と通報があったということです。

警察は男の子の身元の確認を急ぐとともに線路内に入った詳しいいきさつを調べています。

 この事故でJR関西線の名古屋駅から桑名駅までの区間がおよそ1時間半運転を見合わせました。

引用: 男の子が列車にはねられ死亡…10歳位でJRの線路内入る 事故の前に「声かけたが反応ない」と通報

 そのうち事故が起きるのではないか?と思っていましたが、とうとう起きてしまいました。

 その後、氏名等は判明しており、小学6年生の春日井琉斗くんと判明しています。

 当該列車は亀山5:30発の名古屋行普通列車(4両編成)で、庄内川の堤防が事故現場の模様です。 普通列車が走行していたときに、堤防から飛び下りたとの情報が入っています。

事故現場についてですが、 今回人身事故が発生した関西線春田~八田駅間は高架区間となっています。しかし、すぐ近くに堤防があったことから、侵入は容易だったと推測されます。

Twitter上の反応は?

 TL上の反応は様々でしたね。

はっきり言って自業自得

 今回の一件ははっきり言ってこの小学生の自業自得でしょう。

 電車好きだったとのことで、彼は休校だったのをいいことに朝早くから1人で、電車を見に行ったのでしょう。線路に入ってはいけないことが小学6年生にもなってわからなかったのか、欲望を優先してしまったのか、いずれにしても全面的に彼に非がありますね。小学6年生にもなって線路侵入をするとは、このご両親の顔を見てみたいです…

 今後、彼のご両親には間違いなくJR東海から多額の損害賠償請求が行くことになると思いますが、ちゃんと払って下さいね?

 それにしても素晴らしいニュースが飛び込んできたものです。この年で線路内に入って撮り鉄するくらいですから、大きくなったら、間違いなくキセル乗車や敷地内侵入などの犯罪行為を行ったことは想像に難くありません。

 今回の事件で彼は亡くなりましたから、将来の不良撮り鉄が1人減ったということになります。いやはや、めでたい!今日は不良撮り鉄の死を祝って日帰りの旅に出ることにします!

 おめでとう!本当におめでとう!来世は真人間になって生まれ直して来いよ!

追記

 何か随分と騒がれていますが、死者に対する名誉棄損・侮辱罪はその事実が虚偽のものの場合のみ成立します。今回の場合はれっきとした事実ですから成立しませんね(笑)

  • 刑法第230条(名誉棄損罪)
    • 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。
    • 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない

 最も、当該列車の乗客や運転士にとってはあまりいいニュースではなかったでしょうね。当該列車の乗客や運転士に対しては心より同情します…