スポンサーリンク

 障害者様の思い上がりが本当に目に余りますね。車いす障害者様がなんと駅無人化を移動の自由を侵害しているとしてJR九州を提訴する驚きの訴訟が大分地裁で始まりました。この件に関してどのように思っているのでしょうか?

駅無人化は権利侵害⁉

 鉄道駅の無人化で移動の自由を侵害されたとして、大分市内の障害者3人がJR九州(福岡市)に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が4日、大分地裁で行われる。

 全国で進む無人化の背景には人口減や労働力不足などがあるが、原告側は「どうすれば使いやすい駅になるのか。議論のきっかけになれば」と話す。

 原告の一人で脳性まひの吉田春美さん(67)は車いすで生活する。電車を利用するには駅員の補助が欠かせず、JR側は事前の連絡をもらえれば対応すると説明するが、「当日の連絡には対応できない」と断られたことがある。

 JR九州は2018年3月以降、大分市内の5駅を無人化した。吉田さんらは駅員再配置を要望しているのに対し、鉄道事業の赤字縮小が経営課題のJR九州は「鉄道網を長期的に維持するため」と理解を求める。

 鉄道各社は障害者を含めた利用者の安全と利便性確保が求められる。一方、過疎地などでの利用状況を踏まえた経営判断などから、無人駅は全国に広がり、国土交通省によると、19年度現在、全体の48.2%が無人化された。都市部でも進み、01年度から約5%増加している。

(後略)

引用:「移動の自由奪われた」 障害者ら、駅無人化で訴訟 議論のきっかけに・大分地裁

 昨年の9月に訴訟を起こすという話が出た時に恐らく訴訟自体が棄却されて終わりだろうなんて思っていましたが、どうやら本当に裁判をするようです。いやはや、障害者様の面の皮の厚さは凄まじいですね~

ネット上の反応は?

 介助者が要るならば、駅員がする必要はない。介助者がやれ。何のための付き添い割引だ。自己の意志で利用するのではないから、付き添いには割引があるのだ。

 見てるだけなら付き添いではない。一人前払えって。なら見てるだけでも構わん。障害を傘にきて、振り回すな!

引用:「移動の自由奪われた」 障害者ら、駅無人化で訴訟 議論のきっかけに・大分地裁

 ツッコミどころ満載だな

・移動の自由→手段が減るだけで移動を制約されてない

介助については本来しょうがい者側で対応すべきものであってJRとしては慈善でやっていた行為。人を配置しないなら対応できなくて当然

・通勤利用等でなく定期的な利用もない

この状況で何の権利を訴えるのかが理解できない。

棄却されないこと自体も不思議なくらいですね

引用:「移動の自由奪われた」 障害者ら、駅無人化で訴訟 議論のきっかけに・大分地裁

 鉄道会社含めて公共交通機関はユニバーサルサービスを行うために既に自治体と連携して多額の投資をしています。
 駅の段差の解消にしろバス停の段差の解消にしろ。
 ノンステップバス、ツーステップバスの倍じゃ効かないんじゃなかったかな?日本最大のバス会社西鉄ですら自社資金だけでの更新が難しくなって県や福岡北九州久留米市などの補助金がないと更新すらおぼつかないレベルのお値段と聞いております。
 それでも全駅全バス停でのバリアフリー化はできてないのが実情。お金も人も時間も足りないんです。

 原告さん、あなた方は努力してるんですか?
 車椅子でも自由に動ける地域に移動する権利はありますよ?
 役所や鉄道会社に介助無しでも列車に乗降できるように駅の整備を要求することだってできますよね?
 それもしないで駅無人化で自由に動けなくなったことを不服として裁判に持ち込んでもなぁ……

引用:「移動の自由奪われた」 障害者ら、駅無人化で訴訟 議論のきっかけに・大分地裁

 裁判所がどういう判断をするか注目してます。

 事前連絡で係員を駅に派遣してくれるので個人的には企業として最低限の対応はしていると認識してます。原告が過大に主張してると言いたいわけではなりませんが当日断られたことがあるとの主張も、どういう状況だったか、毎回なのか。JR側も当日でも可能な限り対応はすると案内されてます。実態として、ほぼ当日対応してないというなら話は別だと思いますが。

 原告の方は大分市に在住とのことで、県内他の地域に比べれば移動の手段の選択肢は多いです。これで移動の自由が!って言われると、他の地域に住んでる同じような方はどのように思っているでしょうか。

引用:「移動の自由奪われた」 障害者ら、駅無人化で訴訟 議論のきっかけに・大分地裁

 今日、第1回公判があったという。はっきり言って、こういう裁判は他の障碍者の迷惑になるからやめた方がいい。

 移動の自由の制限だという点についてどうしても賛同できない。

 ①事前に連絡をしないと介助員をお願いできない

 これが移動の自由の制限だ、という根拠だけどだったらすべての駅の有人化を求めて提訴しろよって思う。
 障がい者はあなたたちだけではない。多くの無人駅の近所に住んでいる住民が感じているところだろう。でもこの人たちは、自分の利用の駅が無人化になって困っているという主張。つまり障碍者問題ではなく個人の問題

 ②急に用事ができた時に利用できない
 普通の人は、急用ができて移動せざるを得なければ、タクシーを呼ぶんだよ。そういう要求にすべて応えられるわけがない。

引用:駅無人化訴訟、JR争う姿勢 障害者「白紙撤回を」 大分地裁

 年間単純計算で無人駅の304駅を有人駅にやるなら200億円位必要です

 ただし駅舎が無い所なら増設費用が未知数です

 その金だれが負担するの?

 行政と鉄道会社の負担は、無しやで提訴した人達で分担してくれたら鉄道会社も喜んでやってくれる

 こんな事してたらJR九州は、コロナにコロッとやられて経営破綻する

 そしてこの提訴された為に弁護士費用も要るのに

 それに列車が7時5分しか無いのに無理やりその30分後に出せと言ってるに等しい

 これは、健常者だろうが障害者でも等しくのし掛かってます

 更に定期券も無人駅なら有人駅に行って作るそれも当たり前

引用:駅無人化訴訟、JR争う姿勢 障害者「白紙撤回を」 大分地裁

 この人はJRが無人化を白紙撤回して採算がとれないので路線そのものを廃止しますって言い出したらどうするんだろうな?さらに裁判するのかな?その裁判費用ってどこから出てるのかな?
 JRや私鉄は運賃半額とか市営交通なら無料とかおそろしく優遇されててまだまだ物足りない。至れり尽くせり優遇してもらいながら暴言吐きまくって障害者様だから許されるという場面は何度も見てる。
 勿論そんな人はごくごく一部なんだけど。

引用:駅無人化訴訟、JR争う姿勢 障害者「白紙撤回を」 大分地裁

 JR側も赤字路線を人の配置による人件費の削減などで維持しているわけです。もう維持できないと駅そのものを廃駅にすれば健常者も障がい者も平等ということになるから、原告側は障がい者差別の観点では反論できませんよ。それでもいいのでしょうか。

 インフラといえども1企業に多くを求めるより、地方自治体から税金で給料を払って乗車介助員を出すようにするとかすればいいのでは?その分、他の行政サービスの質は落ちるかもしれないですけどね。

 どんな判決が出るか興味を持って続報を待っています。

引用:駅無人化訴訟、JR争う姿勢 障害者「白紙撤回を」 大分地裁

障害者様はどんだけ偉いのか…

08「動画で見る車いすでの移動(鉄道編)」

 いやはや、今でも前日までに予約すれば無人駅でもJR九州の社員の補助を受けられますし、補助もしますよと言っているわけです。JR九州ではなく他社のものとなりますが、上の動画を見て頂ければわかるとおり、1人の車いすの乗客が乗車するのに2人の人員を割かなければいけないわけです。障碍者割引で半額の運賃なのに、明らかに採算が合わないだろうに、それだけ手厚いことを前日までに連絡してくれればしますよ、と言っているわけですよ。

 それが嫌ならもうタクシー使え、としか思えないのですが。どれだけ障害者様は偉いんですかね…

 それにしても、(一部の)障害者さまの思い上がりは本当に目に余るものがありますね。思い上がりの激しい障害者さまに置かれましては、自身が健常者の劣化版であることを自覚し、もっと謙虚になって戴きたいですね。

 健常者の介助なしでは生活できないのですから、もっと感謝の気持ちを持つべきだと思いますが。

最後に

 なお、コメント欄については荒れることが予想されるため予め閉鎖させていただきます。

 どうしてもコメントが欲しい方は、本名と所属を名乗ってからコメントをお願いいたします。ただし、コメントをいつ返すかを確約するものではありませんのでその点ご了承ください。