スポンサーリンク

 東武鉄道が保有する6050系ですが、今春のダイヤ改正で大幅な運用の縮小が行われました。この影響で東武鉄道が保有する6050系の定期運用が消滅し、順次廃車が進んでいます。現状はどうなっているのでしょうか?


地図や乗換案内、時刻表、徒歩の音声ルート案内に渋滞情報など、移動に役立つ様々な機能がNAVITIMEでご利用いただけます。今なら31日間無料お試しキャンペーン実施中!

今春ダイヤ改正で大幅に運用が縮小…

【残る6050系は野岩鉄道2編成のみ!2022年ダイヤ改正⑬ 東武鉄道乗り入れは、野岩鉄道乗務員が担当!】野岩鉄道6050系 会津高原尾瀬口⇔新藤原(1往復のみ鬼怒川温泉) 1編成で1日5往復のみ

 長らく運用が続けられてきた6050系ですが、流石に老朽化が進んできたのか?20400型により順次置き換えが進められてきました。

 そんな6050系の現況ですが、通常の編成に関しては野岩鉄道が保有する2編成のみが定期運行している状態となっており、東武鉄道線内も野岩鉄道の乗務員が運行を担当している模様です。会津鉄道への乗り入れも消滅し、野岩鉄道の普通列車5往復のみの担当になってしまいました。

【2022年ダイヤ改正⑫「ワンマン 急行 東武日光」誕生!】東武20400系による 南栗橋以北完全ワンマン化「急行 東武日光」表示消滅。急行もワンマン化 朝に下り2本のみ設定

 かつては6050系が担っていた運用も今は20400型の運用に。確かに車両が新しくなったのはいいのですが、ある程度距離がある運用を担う中でトイレ無しで大丈夫なのか心配です…

6050系の廃車が進む

 北館林に空きができたのか?8/1に3編成が廃車回送され、これで東武鉄道が保有する6050系は残り5編成となっています。残りは通常色の3編成とリバイバルカラーの2編成となりました。通常色の3編成に関しては検査期限が切れたという情報もあり、通常色の編成に関してはいつ消滅してもおかしくない状況です…

スカイツリートレインは安泰か?

 一方、6050系を大規模に改造した観光用車両の「スカイツリートレイン」は暫くは安泰ではないかと思われます。2両編成なので小回りも利きますし、今秋もツアー列車としての運行が予定されるなどまだまだ健在であることをアピール。乗車できる機会は少ないですが、こちらも機会があれば乗車してみてはいかがでしょうか?