スポンサーリンク

 先月起きた外房線の脱線事故ですが、置き石が原因で犯人はなんと小学生だったことが判明しました。今回はこの小学生の詳細やネット上の反応についてまとめました。

5月の脱線事故

 これに関しては既に上の記事でまとめていますので、そちらをご覧ください。

犯人は小学生、常習犯だった模様

 千葉県鴨川市のJR外房線で5月、普通電車の先頭車両が脱線した事故で、現場近くのレール上に置き石をしたとして、千葉県警が19日、往来危険の疑いで、小学生の男児(10)を児童相談所に書類送致したことが捜査関係者への取材でわかった。

 送致容疑は、5月8日午後、脱線した現場から約200メートル離れた踏切内のレール上に、石を複数置いた疑い。

 捜査関係者によると、以前にも何度か置いたことがあったといい、回を重ねるごとに石の数が増えていった。「実験で置いた」という趣旨の話をしており、反省しているという。

 男児が脱線直後に踏切付近から立ち去るのを近所の住民が見ていた。

引用:JR外房線脱線は置き石の疑い 10歳男児、児相に書類送致

 原因に関しては置き石が濃厚でしたが、やったのがまさか小学生、それも常習犯だったというのは驚きですね。

 鴨川市の小学校は数が限られており、事故現場は亀田総合病院の裏手だったとのこと。

賠償金は高額に?

https://twitter.com/adgjmptw6292/status/1273899524956684289

 25年前にJR九州で子供が同様に線路に置き石をして列車が脱線したケースでは450万円余りを支払うことになったそうです。今ならこれの倍くらい、と考えると900万円くらいになるでしょうか…

 最も、現在の車両は高価なので何千万円単位になるのでは?という可能性も否定できません。

(前略)

「民事責任としては、置き石により鉄道を故意に止めた場合には、止めた時間や影響範囲に応じて損害賠償義務が発生します(民法709条)。鉄道会社の運行妨害に対する意識も変化しつつあり、近年では厳格に対応するケースも増えているようです。

 「国土交通省『平成28年鉄道車両等生産動態統計年報』によれば、近年製造の鉄道車両価格は1両あたり平均で9,000万円から1億円程度です。最近の車両は衝突時の安全性を考慮してクラッシャブル構造を採用しており、意図的に潰れやすくなっている部分があります。

 事故になれば、軽微な脱線を伴う複数の車両が『全損』の扱いとなることが珍しくありませんので、損害額は大きくなります。もちろん、事故により人が死傷すれば、想像できないほどの額の損害賠償を求められることになります。

(中略)

 法律の規定上は親が子供に十分な監督義務を尽くしていれば免責されることになっていますが、判例では免責が認められた例はほとんどありません。したがって、本件では加害者の男児にかわり、親が列車の運行を止めたことについて、損害賠償責任を負う可能性が大きいでしょう」

引用:小学生が線路に「置き石」、電車緊急停止…事故が起きれば親に巨額請求の可能性も

ネット上の反応は?

 当然のことですが、この一件に対しては厳しいものが多かったですね。

 10歳という年齢からしても、単に好奇心やいたずら目的で、というのでは済まされないでしょう。モノの良し悪し、分別がついている年頃。そうじゃなくても、「線路」に入ってはいけない、というのは親や周りの人たちから教わると思うのですが?万が一、自分自身が跳ねられる危険性だってあります。

「躾」って大事ですね。

引用:JR外房線脱線は置き石の疑い 10歳男児、児相に書類送致

 捜査関係者によると、以前にも何度か置いたことがあったといい、回を重ねるごとに石の数が増えていった。「実験で置いた」という趣旨の話をしており、反省しているという。

 置き石した事実もだけど、

・複数回やっている
・回を重ねるごとに石を増やしている
・実験で置いた

もう発想や行動力が明らかに異常。将来の大量殺戮とかしかねない
 こういう危険なのは徹底した隔離、対応が必要。(治療しても治らないと思う)

 くらいしていいと思うのだが。
 まだ10歳じゃない。もう10歳、だ。
 そもそも犯罪に年齢は関係ない。

引用:JR外房線脱線は置き石の疑い 10歳男児、児相に書類送致

 置き石はやってる事の簡単さの割にかなり危険

 脱線してけが人が出なかったのは、ほんと不幸中の幸い。

 とはいえ、石1つで電車が脱線。

 それだけではなく、跳ね飛ばした石は窓や可部に穴を開ける。人に当たれば、相当な怪我。当たり所が悪ければそれでは済まない

 車道でも同じ。

 以前小石が跳ねてきて、ふくらはぎにものすごいアザが出来たことがあります。

 マジ、痛かった。

引用:JR外房線脱線は置き石の疑い 10歳男児、児相に書類送致

 きちんとこの児童に、どうして線路に石を置いたのかを追求すべきである。
 未成年だからではなく、遊び半分でこの様な事をやったのかもしれないし、脱線して命を落とす人が居るかもと言う人の命の大切さを分かって貰いたい。
 近所でも、『自分は関係ない』『これくらいなら大丈夫』と言う様な子供達が増えている

 親の話も聞かず、親がネットや動画等、年齢制限有無に関わらず、見せている、情報が入ってくる世の中になっているからこれらの取締も本来なら行うべきなのではないでしょうか?

引用:JR外房線脱線は置き石の疑い 10歳男児、児相に書類送致

 大変な事件が起きた。もし脱線した電車が電柱にでも衝突し、電線の電気が電車に流れていたら…。こういう想像力も欠如した不良少年と、それを指導監督できていない保護者には社会から厳しく非難を受けても仕方がない。今後、高額な損害賠償請求が行われるがやむを得ないであろう。車1台でも高いのに、電車と地上設備、これによる鉄道会社の人件費とか含めると、相当な金額であろう。

引用:JR外房線脱線は置き石の疑い 10歳男児、児相に書類送致

C612編成は運用に復帰

脱線事故で運用離脱していたC612編成に乗って来た

 なお、事故の当該編成であるC612編成は運用に復帰した模様です。

筆者の感想

 それにしてもひどい事件でしたね。今回の事件はたまたま先頭車両が脱線しただけで負傷者も軽傷者が1名のみでしたが、もしかしたら脱線転覆して多数の死傷者が出ていた可能性も否定できません。本当に運が良かっただけであり、この小学生はしっかり罪を償ってほしいものです。

 しかし、いったいどういう躾をしていたらこういう子供に育つのか、親の顔が見てみたいものですね。