スポンサーリンク

 JR北海道が先日臨時列車「ニセコ」を運転する事を発表しました。「ニセコ」に限らずJR北海道はいろいろと魅力的な臨時列車を運転しているので、紹介していきたいと思います。

富良野・美瑛ノロッコ号

 yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - JR北海道 2018夏の臨時列車

 富良野・美瑛ノロッコ号は今や珍しい数少ない客車列車です。3両編成での運転で、1号車が指定席、2・3号車は自由席です。運転日も多く、青春18きっぷの使用期間中は8月19日までは毎日運転、8月25日以降は土日祝日に運転します。運転時刻は以下の通りです。

(1号)旭川10:00→美瑛10:29 / 10:42→ラベンダー畑11:16→富良野11:31 
(2号)富良野12:02→ラベンダー畑駅12:15→美瑛12:50
(3号)美瑛13:06→ラベンダー畑駅13:40→富良野13:57
(4号)富良野14:06→ラベンダー畑駅14:21→美瑛15:01
(5号)美瑛15:10→ラベンダー畑駅15:44→富良野16:02
(6号)富良野16:20→ラベンダー畑16:42→美瑛17:21 / 17:22→旭川17:46

快速ふらの・びえい号

 こちらも富良野線の臨時列車ですが、こちらはキハ183系3両編成で運転。富良野・美瑛ノロッコ号とは異なり、全車自由席で運転されます。数をかなり減らしてしまったキハ183系で運転されるのも注目点でしょうね。

 運転日:2018年6月30日(土)~8月12日(日)

 下り:旭川10:29→美瑛10:56 / 11:00→ラベンダー畑11:32→富良野12:00
 上り:富良野12:20→ラベンダー畑12:41→美瑛13:28 / 13:42→旭川14:12

フラノラベンダーエクスプレス

 yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - JR北海道 2018夏の臨時列車

  yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - JR北海道 2018夏の臨時列車

 この列車は夏期のみ富良野への観光客の輸送を目的として運行される列車です。8月19日までの毎日と8月25日〜9月24日までの土日祝日に運転されます。

〈3号〉札幌9:07発→富良野11:07着
〈4号〉富良野16:51発→札幌18:46着
※さらに 6月30日〜8月5日までは
〈1号〉札幌7:52発→富良野9:49着
〈2号〉富良野15:20発→札幌17:22着

 また、フラノラベンダーエクスプレス3・4号では、8月19日まで車内販売を実施します。3号車1階のカウンターで、富良野エリアの特産品を使ったラベンダーアイスやたまねぎチップスなどが販売されています。

 今や数少ないキハ183系のリゾート車両である「クリスタルエクスプレス」や「ノースレインボーエクスプレス」に乗れる貴重な列車ですのでぜひ乗ってみてはいかがでしょうか?

ニセコ

 今年もJR北海道は札幌~函館をニセコを通る山線経由で運転する「ニセコ号」を運転することを発表しました。

スポンサーリンク

 運転日は9月1~4・6・7・9~11日。車両はキハ183系3両編成。所要時間は5時間超え。

 函館寄り3号車が自由席。1・2号車が指定席。

 途中停車駅は、手稲、小樽、余市、倶知安、ニセコ、昆布、黒松内、長万部、森、新函館北斗、五稜郭。

 倶知安~ニセコ間で、地元特産品の車内販売を実施。

 往路:札幌(7:57発)→函館(13:41着)

 復路:函館(13:57発)→札幌(19:27着)

まとめ

 いかがでしたか?JR北海道は様々な特色ある観光列車を運行しているので、便利なフリーきっぷを利用して乗車してみてはいかがでしょうか?それでは皆様、良い旅を。

 

 

スポンサーリンク