スポンサーリンク

 現在JRで唯一営業運転するキハ58系のジョイフルトレイン「Kenji」が遂に運行終了することになりました。

ニュース

 

 JR東日本は2018年6月19日(月)、キハ58形・28形ディーゼルカーの「Kenji」車両について、運行をまもなく終了すると発表しました。
 この車両は1992(平成4)年、岩手県の宮古市、山田町、釜石市で開催された「三陸・海の博覧会」にあわせて「三陸マリンライナー」としてデビュー。2013年には岩手県の観光キャンペーンを機に、車体色が緑から青に変更されています。
 3両編成で定員は130人。現在、JRグループで営業運転に使われている唯一のキハ58系です。
 今回、運行終了に伴い、びゅうトラベルサービスから旅行商品「Kenji号で行く! 東北本線の旅」が発売されます。出発日は7月21日(土)と9月8日(土)。いずれも日帰りで、列車は盛岡~一ノ関間を1往復します。
 参加者には、記念乗車証明書(台紙付き)、オリジナルキーホルダー、オリジナル掛け紙の弁当を配付。記念乗車証明書とキーホルダーは7月と9月で車両の色が変わります。また、一ノ関駅では列車の到着にあわせ「祝い餅おふるまい隊」が餅を振る舞います。
 募集人数は124人。旅行代金(盛岡駅発着)は大人6000円、子ども4000円です。盛岡駅以外の東北新幹線の駅などからの設定もあります。旅行商品は6月21日(木)14時から、JR東日本の主要駅にある旅行カウンター「びゅうプラザ」や電話「びゅう予約センター」で発売される予定です。

遂に引退決定、今後の運転予定は?

 ここまでキハ58系列として唯一運転を続けてきましたが、遂に老朽化が進んだこともあって引退が決定しました。今後の運転予定は以下の通りです。

さんりくトレイン宮古号

 盛岡~宮古間で臨時列車として運転されます。

 運転日:6/23,24,30

 盛岡8:55発→宮古11:16着
 宮古14:07発→盛岡16:33着

 宮古行は3号車が指定席、盛岡行は1号車が指定席です。

Kenji号で行く! 東北本線の旅

 運転日:7/21,9/8

 盛岡駅(10:53 発)→ 一ノ関駅(12:20 着)

 一ノ関駅(13:00 発) →  盛岡駅(14:20 着) 

 注意:ツアー列車としての運転のため、ツアー参加者以外は乗車不可

最後に

 あとわずかになった「Kenji」の運転ですが、最後までマナーを守って撮影・乗車を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク