スポンサーリンク

 世の中にはとんでもない基地外が居るものですね。宇都宮線の電車内でロングシートに寝そべりタバコを吸っていたところを注意した高校生に逆切れして暴行を加えた宮本一馬容疑者。何と正当防衛を主張しているようですが、一体どのような人物なのでしょうか?


地図や乗換案内、時刻表、徒歩の音声ルート案内に渋滞情報など、移動に役立つ様々な機能がNAVITIMEでご利用いただけます。今なら31日間無料お試しキャンペーン実施中!

電車内でタバコを吸い暴行…

 電車内でのたばこを注意され、高校生に暴行を加えたとして逮捕された28歳の男が25日に送検されました。男は容疑を認める一方、「正当防衛だ」などと話しています。

 25日午前8時すぎ、警察署から出てきたのは高校2年の男子生徒に殴る蹴るの暴行を加え、重傷を負わせた疑いで逮捕された宮本一馬容疑者。フードとマスクで表情はよく見えませんが、肩を大きく揺らす歩き方で車に乗り込みました。

 23日、JR宇都宮線の車内で優先席に寝そべってたばこを吸っていた宮本容疑者。

 男子生徒(17):「お兄さんたばこ吸ってますね。やめてもらえませんか?」

 すると、宮本容疑者は注意した高校生に殴る蹴るなど走行中の逃げ場のない車内で約15分の間、暴行を続けたといいます。 駅に到着した後もさらに暴行を加えたとみられ、男子生徒を電車から降ろし、土下座をさせて靴で頭を踏みつけたといいます。被害者の父親は・・・。

 被害に遭った高校生の父親:「警察の方から一報が入って、今、救急車で病院に運ばれているって・・・。『降りないと、まわりの友達もやるぞ』みたいなことを言われたので降りたらしいんですね。そこで『土下座しろ!』って言われて。(息子が)本当に悔しそうで悲しそうで・・・」

 暴行したことを認める一方、こんな供述も・・・。 宮本一馬容疑者の供述:「正当防衛だった」(後略)

引用:“逆ギレ暴行”たばこ注意され「土下座しろ」 電車内トラブルは「SOSボタンを」(2022年1月25日)

 いやはや、世の中には絵にかいたような基地外が居るもんですね。喘息持ちの高校生が電車内でタバコを吸っているのを注意したところ、逆切れして暴行したうえ警察での取り調べでは正当防衛を主張する始末。困った人間が居るものです。

 暴行の様子がこちらになります。これのどこが正当防衛なんでしょうか…(呆)

勤務先とご尊顔は?

 ご尊顔は既に各ニュースで出ていますが、勤務先や出身学校はどこなのでしょうか?

 まず勤務先のホストクラブですが、どうも「legnum」で確定のようですね(電話でお問い合わせしたい方はこちら)。次に実家や出身学校を調べていきます。

 出身は関西地方で、奈良県橿原市土橋に実家があるようですね。本人のTwitter拓などから確認ができました。

https://twitter.com/kzzm0704/status/893234454562357248

 更に本人は「感じがほとんど読めない」ということも言っています。学力が小学生レベル…となると学歴は中卒or高校を出ていたとしても底辺高校だったのかな?と考えられます…

 出身学校ですが、小学校は真菅北小学校(電話でお問い合わせしたい方はこちら)、中学校は橿原中学校(電話でお問い合わせしたい方はこちら)であることが判明しています。一体小学校や中学校はどんな教育をしていたのでしょうか?一度問い質してみた方が良いでしょうね。

ネット上の反応は?

 結局、本当に怖いのは、こういう輩が逮捕されたとしても直ぐに出てくる事。まともな神経の持ち主ではないから、絶対に逆恨みして何か仕掛けてくる。自分だけが狙われるならまだしも(それも十分に怖いが)家族友人が狙われたら?と考えると本当に恐ろしい。なので止めに入るなら、そいつを再起不能になる位までやらないといけなくなるが、それだと過剰防衛となる恐れがあるから手が出せない。

引用:電車内の高校生暴行事件 鉄道関係者は「非常停止ボタンを押してほしい」と要望〈dot.〉

 言いたいことずばり言ってくれてます。その通りです。彼は人間にとってとても大切なものを既に持ってる。皆、憧れはするけど、持てないもの。誇りに思うべきだし、親御さんもきっと素晴らしい人格者なのだろうと思う。
 痛く辛い思いをしたこと、本当に本当に胸が痛いけれど、これからの人生、その勇気と真っ直ぐな心、行動力でもって、幸せな人生を歩んでいって欲しいです。早く傷が癒えることを祈っています。

引用:岩井志麻子さん、電車内喫煙注意の高校生に暴行の男は「みじめったらしさの極みで、かわいそうなくらい」

 顔を近づけて威迫したのを被害者が押し返したのを暴行と称して正当防衛を主張している様ですが、被害者が押し返す程顔を近づけて威迫する事自体暴行罪で、被害者の押し返しこそが正当防衛です。傷害罪での起訴になるでしょうが、傷害罪と暴行罪の複合刑で22年6か月までの量刑が可能です(殺人罪の有期最高量刑は複合罪で30年)。

 犯行の経緯、自身のルール破りを認めず犯罪に及んでいること、執拗な攻撃の悪質さ、被害者が重傷を負っていること、逮捕後に正当防衛を主張し全く反省しておらず更生が期待できないこと、重く罰しなければ横紙破りの無法者がのさばる世の中になってしまうこと、これらを合わせると非常に悪質な犯行ですから一年でも長い量刑になってほしいですね。
 どうせ判決では削られるでしょうが、検察には求刑で10年以上を求めてほしい。

引用:「報復行為は正当防衛が成立しません!」JR宇都宮線”たばこ事件”八代英輝弁護士が解説「早く自分の罪に向きあってほしい」

 脳に障害があるのではないだろうか?

 真面目な話、犯罪者の一部にはIQが極度に低く感情や思考が短絡的でそうなるものがいると聞く

 IQテストをして、軽度の障害がある場合に治療と言う面での矯正も検討すべきではないか?

引用:「報復行為は正当防衛が成立しません!」JR宇都宮線”たばこ事件”八代英輝弁護士が解説「早く自分の罪に向きあってほしい」

 周りを威嚇している頭の良くないこの男にとっては、カモがネギ背負ってやってきたと思っただろう。目的が暴力自体かカネなのか。因縁の付け方がやり慣れている感しかない。

 警察が来たら逃げる、この事実からマズいという感覚は残っていたと考えられるが、シラフだったのかどうか。

 何にせよ大した罪にもならず、手続きが終わればまたやるだろう。加害者に優しい国だな本当に。

引用:「報復行為は正当防衛が成立しません!」JR宇都宮線”たばこ事件”八代英輝弁護士が解説「早く自分の罪に向きあってほしい」

 自分が同じ場面に遭遇したら何ができただろうか?優先席に寝転びその上タバコを吸っている。マナー無視も甚だしい。
 自分は情けないが高校生のような正義感溢れる注意はできないと思う。もしできるとすれば周りもこの輩に立ち向かう意思を見せた時だろう。しかし、刃物や危険物を持っていたら正直無理かな。高校生の勇気というけど、どんな思いで声をかけたのか、鼓動が聞こえそうで辛いね。早いご回復を願わずに要られない。
 トラブル回避のためにも早めに乗務員や駅員への通報そしてSOSボタンなどの活用を躊躇なくできるようにしようと思う。

引用:玉川徹氏、電車内での喫煙注意され高校生に暴行の男は「異常で違う社会に生きている人で止めようがない」