スポンサーリンク

 西日本方面では大雪が降っていますが、何とこれにより三江線の運転を当面見合わせるとJR西日本から発表されました。3月31日までの運転ですが運転見合わせのまま終わってしまうのでしょうか?

JR西日本の発表

 まず、14時30分に以下の発表がありました。

【三江線】 大雪 運転取り止め
14時30分更新
当事象の履歴
三江線:石見川本駅~三次駅間では、大雪の影響により、当分の間、列車の運転を取り止めます。
なお、道路状態が悪いため、代行輸送は行いません。

※同区間の運転再開時期については、別途お知らせいたします。
影響線区
三江線
石見川本 から 三次 まで 運転見合わせ

 21時30分に更に悲劇的な発表がなされました。

【三江線】 大雪 運転取り止め
21時40分更新
当事象の履歴
三江線:江津駅~石見川本駅間は、大雪のため、明日(1月15日)は、始発列車から終日運転を取り止めます。

また、三江線から直通する山陰本線の以下の列車も運転を取り止めます。
【浜原⇒江津・浜田方面】
・浜原(6時20分)発 浜田行き:普通列車

【浜田⇒江津・浜原方面】
・浜田(11時53分)発 浜原行き:普通列車

※道路状態が悪いため、代行輸送は行いません。

※1月16日以降の運転計画は決定次第お知らせします。
影響線区
山陰本線
江津 から 浜田 まで 一部列車運休
三江線
江津 から 石見川本 まで 運転見合わせ

これにより、江津から三次の全線で運転を見合わせることになりましたね…

復旧はあるのか?

 降り積もった雪だけではなく、倒木や倒竹もあるようですから復旧には時間がかかりそうですね。さらに、一部の区間ではトンネル等の崩落も発生しているようです。

 代行輸送も行わない位道路状況が悪いようですから、このまま復旧しないまま廃線の日を迎える可能性もありそうですね。最も、復旧できる場合でも3月末での廃線が決まっている路線をわざわざ復旧費用を出してまで復旧するのか?という疑問が残ります。JR西日本も民間企業ですからね…

【1/16 追記】江津~石見川本間は運転を再開した模様です。

【2/5 追記】 石見川本~浜原間は運転を再開した模様です。

次に危なそうなのは?

 三江線は恐らくこのまま廃線になる可能性が濃厚ですが、恐らく廃線は三江線だけでは終わらないでしょうね。次に危なそうな路線として、輸送密度が200人以下が一つの目安となると考えられます。(JR北海道が「鉄道の存続よりバス転換を」と言っている目安です。)

スポンサーリンク
路線名 区間 輸送密度
芸備線 東城~備後落合 8
三江線 三次~江津 58
芸備線 備中神代~東城 87
大糸線 南小谷~糸魚川 196
因美線 東津山~智頭 197
福塩線 府中~塩町 200

 この中でいうと芸備線の備中神代~備中落合や因美線の東津山~智頭は結構危ないかもしれませんね。大糸線も北陸新幹線の開業によって活性化すると思われたのですが、うまくいっていないようです。並行在来線が分離された影響でJR西日本から見ると離れ小島のようになってしまっていますが、今後どうなるか注視していく必要がありそうですね。

スポンサーリンク