スポンサーリンク

 撮り鉄の暴走が各地で止まりませんね。JR因美線では桜の撮影スポットとして知られている三浦駅で撮り鉄が線路脇に入っているのを運転士が見つけ列車が緊急停止。この列車に4分の遅れが出る事態となりました。また、有撮影地の一つの「稲荷山ストレート」では場所取りのシートが撤去されパトロールが強化される事態となっています。一体なぜ各地で問題が繰り返されるのでしょうか?


雨が降った際に便利です。旅行の際にいかがでしょうか?

因美線で列車が止まる事態に…

【シリーズ・駅舎と桜】因美線・三浦駅「桜のトンネル」

 8日正午ごろ津山市三浦のJR因美線で、列車の撮影を趣味とするいわゆる「撮り鉄」の男性が、列車と接触するおそれのある線路脇に入り、津山発智頭行きの普通列車に遅れが出ました。

 JRによりますと、男性は因美線三浦駅すぐ近くの線路脇で、列車が来るところをカメラで撮ろうとしていたということです。男性の姿を確認した運転士が列車を止め「危険なので線路外に出て」と男性に注意、列車は4分の遅れが出ました。三浦駅はサクラの撮影スポットとして知られています。

引用:「撮り鉄」に列車止まる 線路脇の危険な場所での撮影に運転士が注意 JR因美線・三浦駅【岡山・津山市】

 いや~また撮り鉄がやってくれましたね。懲りずに線路わきに入って列車を止める。自分の写真のためなら他人の迷惑なんかお構いなしなんでしょうね。本当に困ったものです…

有名撮影地では場所取りが横行し…

https://twitter.com/chuoline201_126/status/1512399562828582920
https://twitter.com/live2wave/status/1512357686264082434

 お次はこちらです。東日本で有名な撮影地の一つ「稲荷山ストレート」で場所取りが問題となりました。この件ではビニール紐と張り紙が撤去され、県などによりパトロールが強化される事態となりました。以前からごみのポイ捨てや路上駐車が問題になっていることもあり、撮影禁止などの厳しい措置が取られる可能性もある模様です。

 最近では一部の撮り鉄が更に先鋭化し、撮影の邪魔だからと一般人ホームから突き落とされる事件も起きています。いい加減鉄道会社は有効な対処を講じるべきなんじゃないですかね?

障害者を野放しにした結果、最悪な事態に…

 まあ、撮り鉄に犯罪者が多いことは以前から知られていましたが、また撮り鉄による犯罪が起きてしまいましたね。もちろん、Youtuberなど活躍している方もいますが、それ以上に障害者による問題行動が目立ちます。特に発達障害や精神障害を持っている方が多いようで、鉄道会社等でも苦慮しているようですね。

 障害者を見て「うざい」・「気持ち悪い」・「居なくなればいい」と思う人は多いでしょうが、良いなとか羨ましいと思う人はいないと思います。障害者が健常者に勝るようなことはまずありません。障害者は人間として劣った存在な訳ですから、何言われても文句は言えませんよね。

 障害で自分が苦しむだけならまだいいのですが、実際には多数を巻き添えにするような大事件を起こす方も多いわけです。障害者の存在は自らの価値を下げるのみならず周囲の人間の価値も下げ、更には危険に晒しているわけですよ。

 障害者が居ることによるメリットは特にありませんが、デメリットは山のようにある。はっきり言って障害者は存在自体が罪人のようなものと言われても仕方ないでしょう。いい加減国や行政は有効な対策を打ち出すべきなんじゃないかと思いますね…