スポンサーリンク

 いや~撮り鉄のしでかしが毎週のように続きますね。今度は「カシオペア」の撮影で有名撮影地”ヒガハス”に於いて他人の敷地内へ不法侵入した撮り鉄が大きな非難を浴びる事態となりました。このほか、東海道新幹線の工事列車の撮影で何と架線柱へ登り警察が出動する騒ぎも起きたそうです。一体なぜここまで問題行動が頻発するのでしょうか…


地図や乗換案内、時刻表、徒歩の音声ルート案内に渋滞情報など、移動に役立つ様々な機能がNAVITIMEでご利用いただけます。今なら31日間無料お試しキャンペーン実施中!

「カシオペア」撮影で民家の敷地へ不法侵入…

 まずはこちらをご覧ください。何と他人の敷地内に堂々と立ち入り写真撮影に勤しむ撮り鉄の姿がありますね。有名撮影地”ヒガハス”で臨時列車「カシオペア」の撮影がしたかったようですが、不法侵入してまで撮影するとは酷いです。

新幹線の工事列車の撮影が警察沙汰に…

 お次はこちら、新幹線の工臨列車が運行されたため、熱心な撮り鉄が撮影に赴いたもの。浜松レールセンターの記念ヘッドマークがついたこともあり、大きな話題となりました。

 ところが一部の撮り鉄が暴走し、何と架線柱から撮影をした結果作業員が下りるよう注意するも応じず、警察が出動する事態に。その後警察が事情聴取を行い、今後は作業現場に警備員を配置して警戒を強化することになりました。更に、情報の流出元も今後調査する方針だそうです…

やっぱり撮り鉄は…

 やはり、撮り鉄の方々は他人に平気で迷惑かけても何ら罪悪感も感じないのでしょう。撮り鉄には発達障害者が多いというのが医学的な定説となっていますし、既にそのような論文も医学系のジャーナルでは出ているかもしれませんね。興味のある方は各自で調べてみてください。

でんしゃがだいすきなおともだちへ

 鉄道会社の側も撮り鉄の知能を考慮してちゃんとひらがなだけの注意書きを張っておかないとダメなんじゃないですかね?撮り鉄って大抵底辺校に通う学生とか学校を中退した連中ばかりなんですし、名探偵コナンの逆バージョンで図体だけ大きくなって頭は幼稚園児や小学校低学年レベルなんですから漢字だらけの文章なんて分かる訳無いじゃないですか…

 今回のような騒ぎを起こして沿線住民や鉄道会社に迷惑をかけ、周囲に害を撒き散らす。障害者は存在自体が害悪そのものだと言わざるを得ません。まあ、障害者は健常者の劣化版ですので生暖かく見守ってあげて下さいw