スポンサーリンク

 現在置き換えが徐々に進んでいる小田急電鉄の1000形ですが、箱根登山線を中心に運行している赤い1000形のうち1059Fが廃車となりました。今後どうなっていくのでしょうか?

1059Fが廃車に 

 大野総合車両所に留置されていた1059Fですが、23日より屋根上の機器撤去や車号の取り外しが行われています。通例からすると、1059Fも今後廃車解体されるものと思われます。

昨夏には小田急各線へ入線も…

 昨年8月には箱根登山鉄道の復旧が完了したことを記念して小田急各線で特別運行が行われたわけですが、その編成が1059Fでした。真っ先に廃車になったことに驚きを隠せませんね…

1051Fが箱根登山線の運用に、今後は?

 1059Fが廃車となったことを受けて1051Fが6/23より箱根登山線の運用に充当されています。ただし、1051Fも未更新車であり、検査期限が数か月後に迫っていることを考えるとこちらもそう長くないことが予想されます。

 そうなると、8000形が箱根登山線で運用されていないことを考えると今後は1000形のリニューアル車が箱根登山線の運用に充当されるのでしょう。赤い1000形が箱根登山線で運行されるのもそう長くないことが予想されますので、記録はお早めに。