スポンサーリンク

 東京新聞や中日新聞のコラムニスト「伊是名夏子」氏が当日に無人駅の来宮駅へ行こうとしたところ、駅員が無人駅であることとバリアフリー対応の設備が整っていない事から対応を拒否しました。1時間ほども駅員と応酬が続き、この間業務が滞っただけではなく、その後「JRに乗車拒否された」とブログで綴り更にマスコミまで呼ぶなど傍若無人ぶりが目に付く事態となっています。

事件の概要

■「駅員3,4人集めて、階段を持ち上げて」と旅行当日に依頼

 この女性は、コラムニストの伊是名夏子さん(38)で、骨形成不全症という骨の折れやすい障害を抱え、新聞などにも障害にまつわるコラムを書いている。

 伊是名さんは、「JRで車いすは乗車拒否されました」と題して、2021年4月4日にブログを更新し、長文で当時の状況をつづった。 それによると、伊是名さんは、ヘルパーや友達、子供2人と計5人で、1~2日に1泊2日で熱海を旅行した。熱海駅の隣にある無人駅の来宮駅で降りることになり、事前にJRの公式サイトで上りホームの階段を知ったものの、下りはないのではと考え、出発日の1日に神奈川県内の小田原駅で電車に乗ろうとした。

 ところが、駅員は、「来宮駅は階段しかないのでご案内ができません。熱海まででいいですか?」と提案した。これに対し、伊是名さんは、レストランもホテルも予約しているとして来宮駅にこだわり、「駅員さん3,4人集めてもらい、階段を持ち上げてください」と依頼した。

 駅員は、隣の熱海駅ではそのような対応をしていないとし、同駅でタクシー利用などを自分で考えてほしいとお願いした。伊是名さんは、タクシーは1か月前に予約しないといけないと反論し、1時間ほども駅員との応酬が続いた。その結果、伊是名さんは、タクシーの電話番号を教えてもらって、乗りたかった電車の後の電車で熱海に向かった。

「声を上げていかないと何も変わりません」と説明

 すると、熱海駅では、駅長ら4人が待機しており、一緒に来宮駅へ電車で行って、駅長らが車イスを4人がかりで階段から降ろした。伊是名さんは、ヘルパーに降ろしてもらった。帰りは、前日の4月1日夕に乗りたい電車を熱海駅に伝え、当日の2日は、駅に行くともう駅員らがスタンバイしていたという。  JR側からは、今後は事前に総合窓口の電話番号にかけるよう依頼されたが、伊是名さんは、連絡が必要なことなどもっと情報を広めてほしいとJRに注文を付けた。

(中略)

 JR東日本横浜支社の広報室は4月5日、伊是名さんのブログで書かれたことの事実関係は分かりかねるとしながらも、取材にこう答えた。 「当日のお話でも、できる限りのことはやりますが、事前に連絡していただければ、お待たせすることはないと認識しています。車イスには100キロ近いものがあり、電動ですとかなり重く、大人1人、2人では持ち上がるものではないですね。重いものを持って階段の上り下りは、確かに危険が伴うこともあると思います」

(後略)

引用:「JRに乗車拒否された」車イス利用者のブログに賛否 駅員の対応は問題だったのか、国交省に聞いた

 また障害者様が公共交通機関に対して難癖をつけていたようですね。無人駅への移動なら前日までに連絡して然るべきであるにも関わらず当日に行きたいと言い駅員と1時間以上バトル…この間当然他の業務はできず。迷惑極まりないですね。いやはや、障害者様の面の皮の厚さは凄まじいですね~

 しかもかなりきつい口調で駅員に迫っていたという情報もあります。少しは恥を知れと言いたいですね。

明らかに伊是名夏子氏の行動に非がある

 今回の一件に関しては明らかに伊是名夏子氏の行動に非があると思われますね。まず、来宮駅が無人駅であるのにもかかわらず、ましてや事前にJRの公式サイトで知っていたのに何でJRに来宮駅で降車したい旨を事前連絡しなかったのでしょうか?JR東日本の「車いすをご利用のお客さまへ」というページの中でも「駅をご利用の際には、駅係員がホームまでのご案内および列車の乗降のお手伝いをさせていただきます。スムーズにご利用いただくために関係箇所との調整が必要な場合がありますので、事前の連絡にご協力をお願い致します。」とあるのですが、まさか知らなかったわけではないですよね?というか、目的地が来宮神社だったら熱海駅からバス使えば良かったのでは…

こんな無人駅でもオールバリアフリー化が必要なんてことになったらかなりの駅が廃止になることが予想されるわけですが、それって本当にいいんですかね?

taxi

 こちらのサイトでタクシー代も調べてみましたが、1万円行かないんですよね。別に電車にこだわらなくてもこのくらいの値段ならタクシー使えばよかったんじゃないでしょうかね?

 そしてもっと疑問なのは駅員が4人ががりで電動車いすを運んだにもかかわらず、一切感謝の言葉もないこと。運んでもらって当たり前とでも思っているのでしょうか?思い上がりも甚だしいですね…

 なお、10年前にも品川駅で似たような騒動を起こし、その後琉球新報に記事が掲載されています。「自作自演の当たり屋」と言われても仕方ないような行動ですよね…

ネット上の反応は?

 JRはできる限りの対応をしているのに因縁をつけられて社員が気の毒。障害者だからといって、何故自分が特別扱いされるのが当然だと思うのかが謎。特別扱いされたいのならそれ相応の対価を支払うべきだろう。文句があるなら使わなければいい。JRもこの人に使って欲しいと思ってないよ。JRはあくまで一民間企業。ホントどう言うふうに勘違いしたらここまで対応してくれている駅員さんたちに感謝もせずクレームつけられるのか不思議。

引用:「JRに乗車拒否された」車イス利用者のブログに賛否 駅員の対応は問題だったのか、国交省に聞いた

 通常業務から外れて4人を無人駅に集める大変さを理解しているのだろうか。自分もそうは思えない。通常業務に支障を与えない範囲で違う駅に4人集める大変さを。突然に近い要求に夜勤明けや休日出勤の人間が急遽刈り出された可能性が高く、しかもエリア内の駅業務かつ人員管理と運行関係にまで及ぶ総責任者の駅長まで刈り出されている。いろいろな人員の役割や人員の少なさまで気を使えとは言わないけど、少しはこの大変さを理解する必要があるのではないか。もちろん事業者も身障者からの使い勝手を意見として吸い上げる必要もある。そういう問題の表面化は必要ではあるけれど、こうゆう強硬なやり方の問題提起は感心しない。なるほど政党がバックにいたんだね。でもこのやり方に応えたら従業員はかなりのブラックな環境で仕事をしなくてはいけないことを一番の問題として挙げたい。とにかく事前に打診がないときつい。

引用:「JRに乗車拒否された」車イス利用者のブログに賛否 駅員の対応は問題だったのか、国交省に聞いた

 この人のために三、四人の駅員が無人駅まで一緒に行って対応して戻ってくるのに1・2時間はかかる。人件費でいったら1人時給3000円としたら2万ちょいかかる。この人が移動するたびにそのくらい人件費がかかるのならJR側はたまったもんじゃない。

 あくまでJR側が「善意」でやるのは、電車から降りる際の補助、その駅での階段の登り下りの補助ぐらいで問題ない。むしろそのくらいのことをやってくれることに感謝すべき。足が悪い高齢者ですら、そんなに至れり尽くせりやってもらえないのだから。

 手伝ってもらって生きていくことが当たり前になってるんじゃないのかな。

引用:「JRに乗車拒否された」車イス利用者のブログに賛否 駅員の対応は問題だったのか、国交省に聞いた

 電動車いすは本当に重い。
 東急世田谷線が高床車だった時代、電動車いすの青年が雨天のためか、どうしても三軒茶屋まで行きたがっていたので、電車の乗務員と乗客の男性とともに4人で狭い乗車口から2段の階段を上げて電車に乗せたが、本当に重かった。だが青年は何度もお礼を言っていた。
 今回のケースは、無人駅で人がいないところで、事前連絡無く降車希望ということだけど、厳密に言えば、バリアフリー対応駅で無い場所では、鉄道側としては乗り降りして欲しくないのだ。それは面倒だからということではなく、車いすに乗っている人や、駅員などが、万一転倒するなどしてケガをしたら責任問題になるから。
 バリアフリーが達成されないのは、社会の成熟度が低いためで、その場の駅員さんたちの責任じゃ無い。好意を当然と思う人は、障害があろうがなかろうが褒められない。「3~4人いれば」って、そう言うならコラムで儲けた金で人雇えば?

引用:「JRに乗車拒否された」車イス利用者のブログに賛否 駅員の対応は問題だったのか、国交省に聞いた

 乗車「拒否」というには違和感がある。

 以前の入店拒否、タクシーなど乗車拒否のように、理由も無く、理不尽に、とは違う。

 理由があって、止むを得ずお断りしている事で有り、4名も求め人力での作業には責任を取れない不測の事態もあるわけで、更に1時間もとなると逆に業務妨害、他のお客さんが得られるべきサービスが受けられないなども生じる。

 駅の作り、人員などによって限界があるのだから、全て同じようにしろと求めるのは利己的過ぎる。

引用:「 JRで車いすは乗車拒否されました」伊是名夏子さん明かす 法律はどうなってる?

 乗車拒否じゃないよね?悪意があるタイトル

 この人の記事もツイートも全部読んだけどなかなか最低でした、100キロ近い電動車椅子を職員に運ばせる前提で旅しないでください。そして仕事を放り出して助けてくれた職員に感謝もなし。本人は正義のつもりでしょうけど、こんなの自分の立場を利用した暴力。まず常識を身につけてください。

引用:「 JRで車いすは乗車拒否されました」伊是名夏子さん明かす 法律はどうなってる?

 ただのクレーマーですね。 障害者ならなんでも許される&自分が最優先されるべきだと思ってる質の人なようなので、他の障害者の迷惑になるとも思ってないんでしょう。 JRが今回スルーされていたとしても、他のところに難癖をつけてそうな気がする。 以前にも同様の手法で難癖をつけてたようなので、こういう考えの方なんでしょうね。 あと、該当のライターさんはJR、障害者どちらの視点でも公平でない方なので、記事の内容をそのまま鵜呑みにしてJRを叩くのはいかがなものかと思いますよ。

引用:熱海駅で車椅子の人が乗車拒否?された件について

 妹が障害者ですが、こんなのは「弱さを盾にした悪質なクレーマー」でしかないと思いました。障害にも色々あると思いますが、無理難題を押し付けるのが「権利」なのでしょうか。ある意味タブー化されたことに対して、勇気を持って取り上げて意見を述べるのはとても良い事だと思います。私は健常者も障害者も分け隔てない社会がいいと思います。そのためにはこのような障害者の暴走は許されてはいけないと思います。この出来事は、多くの障害を持つ方々やその親族も不快に思ってることでしょう。

引用:熱海駅で車椅子の人が乗車拒否?された件について

障害者様はどんだけ偉いのか…

08「動画で見る車いすでの移動(鉄道編)」

 いやはや、今でも前日までに予約すれば無人駅でも駅員の補助を受けられますし、補助もしますよと言っているわけです。JR東日本ではなく他社のものとなりますが、上の動画を見て頂ければわかるとおり、1人の車いすの乗客が乗車するのに2人の人員を割かなければいけないわけです。障碍者割引で半額の運賃なのに、明らかに採算が合わないだろうに、それだけ手厚いことを前日までに連絡してくれればしますよ、と言っているわけですよ。

 今回は電動の車いすでしたからなんと4人の社員が動員されているんですが、特別料金は一切かかっていません。これでも前日に連絡するのが嫌ですか??それが嫌ならもうタクシー使え、としか思えないのですが。どれだけ障害者様は偉いんですかね…

 それにしても、(一部の)障害者さまの思い上がりは本当に目に余るものがありますね。思い上がりの激しい障害者さまに置かれましては、自身が健常者の劣化版であることを自覚し、もっと謙虚になって戴きたいですね。

 健常者の介助なしでは生活できないのですから、もっと感謝の気持ちを持つべきだと思いますが。