スポンサーリンク

 中央快速線で2本だけの存在として異彩を放っている209系1000番台ですが、土日に青梅線で試運転が行われたほか、ダイヤ乱れの影響により普段は充当されないはずの通勤快速大月行に充当されました。

試運転で青梅線に入線

 11/14・15の両日に209系1000番台を使用した青梅線での試運転が実施されました。乗務員訓練を行っていたものと思われます。

ダイヤ乱れの影響で通勤快速大月行に充当

 さらに11/16は朝方に発生した人身事故の影響でダイヤが大幅に乱れ、209系の運用も普段の運用とは異なるものに充当されていました。その影響で、通常は充当されない通勤快速大月行に充当されることとなりました。

 なお、その後高尾駅で車両交換が行われました。

金曜日には通勤特快に充当されていた

 なお、先週の金曜日には、こちらも本来であれば充当されないはずの通勤特快の運用に充当されていました。こちらも人身事故の影響によるもので、鉄道ファンからしたら嬉しい出来事だったと思いますが、一般の利用客からすれば大迷惑だったことでしょう。

 一刻も早いホームドア設置を願うとともに、鉄道への飛び込み自殺はどうか思いとどまって戴きたいものですね…