「令和」改元の瞬間を列車内で!東武鉄道も夜行列車運転
スポンサーリンク

 新元号「令和」に改元される瞬間を夜行列車で迎えたい鉄道ファンは多いのではないでしょうか。今回はそんな方々のために東武鉄道の臨時夜行列車を紹介します。

ありがとう平成・こんにちは令和号

DL大樹
引用:DL大樹

 東武鉄道と東武トップツアーズでは、4月30日(火・祝)から5月1日(水・祝)の「平成」から「令和」への改元の瞬間をDL大樹の車内 で迎える臨時夜行列車 「ありがとう平成・こんにちは令和号」を、埼玉県の日光線南栗橋駅から栃木県 の鬼怒川線鬼怒川温泉駅まで運転します。

ドリームカー
引用:14系客車

  これは、5月1日(水・祝)より新元号「令和」に改元されることを記念するとともに、 30年間にわたった「平成」の時代へ感謝の意を込めて実施するものです。 本列車はDL大樹初となる夜行列車としての運転であり、JRの夜行急行列車の面影を色濃く残す車両「ドリームカー」を連結して運転します。

 同列車は完全予約制で、南栗橋駅から鬼怒川温泉駅までの乗車券と座席指定券、「きぬ川 ホテル 三日月」での入浴・朝食、ツアー限定記念グッズなどがセットになっているほか、SL大樹の運転台内部 を初めて見学できる「SL大樹運転台見学会」にツアー参加者の中から抽選でご参加いただけます。

 列車の詳細は以下の通りです。

  • 時刻:南栗橋23:55→鬼怒川温泉5:00
  • 運転日:4月30日
  • 編成:DL、スハフ14-1、オハ14-505(ドリームカー)、スハフ14-5
  • 募集定員:160名(ドリームカー48名、一般客車112名)
  • プラン内容に含まれるのは以下の通り
    • 南栗橋駅~鬼怒川温泉駅の乗車券および座席指定券
    • 「きぬ川 ホテル三日月」での入浴および朝食
    • ツアー限定記念グッズのプレゼント(「ありがとう平成・こんにちは令和号」限定ヘッドマークデザインキーホルダー 、ドリームカーご乗車のお客さまには、ドリームカー車内掲出用「禁煙」サインボードレプリカも あわせてプレゼント)
    • 車内でのお飲み物・軽食の提供
    • ツアー参加者限定「SL大樹運転台見学会」への参加抽選券
    • 「GWおもてなしイベント」会場でご利用いただける日光金谷ホテル「百年カレーパイ」無料券
  • 料金はドリームカーが大人1人17800円、一般客車が大人1人13800円。(子供はいずれも1000円引き)
  • 発売場所は東武トップツアーズ各支店または東武トップツアーズWEB販売センター 、発売開始は4/4午前11時より。

 なお、当日は「ありがとう平成・こんにちは令和号」限定ヘッドマークを掲出して運転します。 また、この臨時列車の運転にともない、4月30日(火・祝)のSL大樹はドリームカーを連結した編成での運転となります。

SLファンフェスタ開催

下今市機関区
引用:下今市機関区

 下今市駅構内転車台広場で5/1の10時~15時に「SLファンフェスタ」開催。SL・DLをはじめとした車両展示(「平成」「令和」のヘッドマークを交互に掲出)、 SL機関庫内の見学会 、SL大樹レプリカヘッドマークの展示を行います。

SL展示館・転車台広場の無料開放およびおもてなし実施

 下今市駅構内SL展示館・転車台広場で4/30と5/1の10時~16時においてSL展示館・転車台広場の無料開放とおもてなしを行います。

スポンサーリンク

SL展示館・転車台広場の無料開放

転車台広場
引用:転車台広場

 SL大樹・DL大樹を応援してくださる皆さまに感謝を込めて、通常乗車券もしくは入場券が必要 である下今市駅構内のSL展示館・転車台広場を無料開放します。

おもてなしの実施

 以下の内容のおもてなしを行います。

  • 飲食物販(日光金谷ホテル、宇都宮東武ホテルグランデほか)
  • 鶏の唐揚げの無料提供 <時間>11:30~、13:30~、15:00~ ※無くなり次第終了とさせていただきます。
  • 大道芸 <出演> 小さなサーカス団 たらったらった
    • <時間> 11:00~、13:00~、15:00~
  • 開運ふくろう チェーンソーアート実演会
    • ※4月30日(火・祝)のみとなります。
    • <出演> 日光丸太工房
    • <時間> 11:45~、15:15~
  • 工作体験(オリジナル缶バッチ) ※無くなり次第終了とさせていただきます。
  • こどもSL制服着用体験
  • 宇都宮工業高等学校・矢板高等学校製作の模型車両(特急リバティ・SL大樹)乗車体験

東武鉄道の夜行列車の歴史

尾瀬夜行
引用:尾瀬夜行

 東武鉄道が夜行列車を運行するのは今回が初めてではありません。1955年の7月に浅草駅から東武日光駅を運行する「日光山岳夜行」の運行を開始したのが始まりで、尾瀬夜行( 5月末から10月中旬の金・土曜日および休日前日に運行 )やスノーパル( 12月末から3月中旬の金・土曜日および休日前日に運行 )はツアー列車の扱いではあるものの現在に至るまで運行されています。なお、現在使われている車両はリバティでおなじみの500系です。

まとめ

 JR西日本に続いて東武鉄道でも改元の瞬間に走る臨時夜行列車が設定されましたね。ほかの鉄道会社がJR西日本や東武鉄道に続いて夜行列車を設定するのか注目です。

スポンサーリンク