スポンサーリンク

 南海電鉄が5/22にダイヤ改正を実施します。空港需要の減少に伴う空港線減便や高師浜線の運転休止、終電繰り上げなどが主な内容となっています。

高師浜線が運転休止、バス代行へ

【ゆっくり南海高師浜線】早朝の10分間だけで繰り広げられる 時間限定の高師浜線の世界

 南海本線の羽衣駅周辺~高石駅周辺間と高師浜線の羽衣駅~伽羅橋駅間の高架化工事を行う関係で高師浜線は5/22から運行を休止しバス代行を行います。本数については現行の高師浜線の運転本数に準じますが、朝夕の通勤・通学時間帯等の多客時には運行本数の増発を行います。

 通常であれば列車の運休をせずに工事を並行して行う形になるのですが、高師浜線は全長1.5キロと非常に短い路線なのでこのような措置が取られたのかもしれません。

 今回の高架化及びバス代行輸送により、事業区間の13箇所の踏切が除却されることで踏切での渋滞や事故を解消するなど交通の円滑化がより一層図られます。

ラピート・空港急行減便

 特急「ラピート」については昼間時間帯(難波駅8時~16時台、関西空港駅9時~17時台)の運転本数を毎時1本とします。なお、新型コロナウイルスの影響で当面の間難波駅10時~16時台・関西空港駅11時~17時台の列車については運行を休止します。

 空港急行は下り・上りともに一部の8両編成を6両編成に変更し、運転本数としては平日ダイヤ4本、土休日ダイヤ2本を減便します。

終電の繰り上げなど

 南海本線では難波 24:25 発普通住ノ江行きの運転をとりやめます。これに伴い終電は難波24:08発急行泉佐野行きとなります(普通列車は難波24時ちょうど発羽倉崎行きとなります)。

 高野線では難波 24:25 発各停堺東行きの運転をとりやめます。これに伴い終電は難波24:10発区間急行三日市町行きとなります(各駅停車は24時ちょうど発千代田行きとなります)。

 南海ホームページと南海アプリで配信している列車遅延情報について、現在「30分以上」の列車遅延でお知らせしていますが、「20分以上」の列車遅延に変更いたします。