スポンサーリンク

 昨日早朝に小田急線の祖師ヶ谷大蔵駅で人身事故が発生し、この影響でダイヤが大幅に乱れました。これにより、東京メトロ16000系が新宿駅に入線するという普段は見られない光景が見られましたので、その模様をお伝えします。

16000系が新宿駅に入線!

 人身事故の影響で東京メトロ車が新宿へ乗り入れる姿が見られました。

 なお、このようにダイヤ乱れが発生すると取り残された直通車は一度新宿まで営業運転し、新宿到着後は成城まで回送して入庫もしくは途中駅(代々木上原?)から下りの営業列車に入ることが通例となっています。

 新宿駅から営業運転しない理由としては新宿駅に発着する場合は大抵の場合ロマンスカーホームか地下ホームとなる為で、種別による発車番線をごちゃ混ぜにしたくない小田急の思惑があるものと思われます。また、新宿から営業列車として運行すると余剰が生じたり、営業キロの精算も絡んでくるから避けているものと思われます。

 なお、新宿駅入線時もLCD・自動放送ともに対応していますね。

E233系2000番台も新宿駅入線あり

 このようなダイヤ乱れが生じる場合がしばしばあり、過去にはJR東日本が保有するE233系2000番台が新宿駅に入線したこともあります。

 こちらも、新宿駅入線時もLCD・自動放送ともに対応していますね。

北綾瀬駅入線は定期運用であり

 北綾瀬~綾瀬間は長らく3両編成が区間運転するのみでしたが、昨年春から代々木上原方面へ直通の10両編成の列車の乗り入れが開始され、JR車・小田急車の乗り入れも少数のみですが存在します。

 なお、JR車の入線はそこそこありますが、小田急車の入線は少ない為、事前に運用を調べてから乗りに行くことをお勧めします。運用についてはこちらをご覧ください。