スポンサーリンク

 新型コロナウイルスの影響で運行を休止していたエアアジア・ジャパンですが、11/17に東京地裁に破産手続きを申し立て受理されました。日本国内のLCC初の破綻で、チケット代を払い戻す目途は今のところ立っていないとのことで、今後どうなるのでしょうか?


クレジットカード・コンビニ・銀行に加えて、PayPay / Amazon Pay / ペイディなど多様な支払方法で格安航空券が購入できます。事前予約でお得なピーチ・ジェットスターの持ち込み手荷物サービスも!アプリ限定で500円OFF実施中!

国内初のLCC破綻

 国内を拠点とする航空会社が、新型コロナの影響で経営破綻するのは初めてです。LCC・格安航空会社の「エアアジア・ジャパン」が17日、破産手続き開始の申し立てたことを明らかにしました。

 愛知県の中部空港を拠点とする「エアアジア・ジャパン」は新型コロナウイルスの影響で先月、事業の継続を断念し中部空港から撤退することを発表していました。

 エアアジア・ジャパンによりますとその後も需要の回復が見込めず、17日、東京地裁に破産手続きの開始を申し立てました。

 負債総額はおよそ217億円で、航空券を購入した少なくとも2万3000人、およそ5億2000万円分の返金の見通しが立っていないということです。

 国内を拠点とする航空会社が新型コロナの影響で経営破綻するのは初めてです。

引用: