スポンサーリンク

 先月運行開始した東京メトロの新型車両17000系ですが、昨日37S運用に充当され西武線内で初の営業運転を行いました。

 また、一昨日に発生した東横線内でのビルの足場倒壊により、昨日の昼過ぎまで渋谷~武蔵小杉間で運転を見合わせ、その影響により有楽町線内の運用を東急車が代走する珍事も発生しています。

17000系初の西武線内運用実現

 先月運行開始した東京メトロの新型車両17000系ですが、昨日37S運用に充当され西武線内で初の営業運転を行いました。なお、初日は石神井公園までの入線でした。

 本日は73S運用に充当されており、このまま車両交換されずいけば西武線内で初の優等運用に充当されます。

  • 和光市0640←0548新木場 
  • 和光市0658→0755新木場
  • 和光市0856←0804新木場
  • 和光市0906→1003新木場
  • 小手指1145←1021新木場
  • 小手指1219→1335新木場
  • 和光市1442←1346新木場
  • 和光市1451→1545新木場
  • 石神井1652←1556新木場
  • 石神井1724→1820新木場
  • 和光市1922←1827新木場
  • 和光市1933→2024新木場
  • 和光市2125←2031新木場
  • 和光市2134→2226新木場
  • 和光市2329←2235新木場

東急5050系が有楽町線代走に

 一昨日発生した東横線内のビル足場崩落の影響で渋谷~武蔵小杉間が運転見合わせとなりました。この影響により乗り入れ先各線のダイヤも乱れ、本来であれば設定されない有楽町線内の東急車運用が実現しました。

 更に、複数の運用が東急車による代走となったことで有楽町線内で東急車同士の並びが実現するという大変珍しい光景も見られました。

 なお、復旧後も多数の代走が行われているため通常の運用に収束するまで暫くは珍しい光景が見られるものと思われます。