スポンサーリンク

 7/31より、盛岡~宮古線で2階建てバス「盛宮106特急」の運行が開始されることが明らかとなりました。また、これに伴いダイヤ改正も行われます。

遂に2階建てバスが運行開始

106特急
引用: 盛宮106特急

  盛岡~宮古間を運行する都市間バスにスウェーデン・スカニア社製の最新鋭2階建てバス「盛宮106特急」を導入します。

 「盛宮106特急」は、1日1往復、盛岡駅と宮古駅間の特急便で、宮古の浄土ヶ浜パークホテルにも乗り入れます。この車両には2種類の3列シートを用意しました。2階最前列部には「ワイドビューシート」を配し、眼前に広がるパノラマをお楽しみいただけます。1階の落ち着いた空間には「ビジネスシート」を配しています。尚、スカニア社製バスへの3列シートの導入は日本初です。また、通常の4列シート「スタンダードシート」でも足もとは広々とし、2階からの印象的な光景とともに爽快な旅を提供します。

 この新型車両ではフリーWi-Fi・AC電源(全席)・USB(窓側席)個別照明(全席)・カップホルダー(全席)が提供されるほか、 「ワイドビューシート」と「ビジネスシート」 ではテーブルが提供されています。車内にトイレも設置され、車いす(1台)にも対応します。

 時刻表は以下の通りです。なお、以下の停留所以外は通過しますので、乗車の際はご注意ください。

106特急 時刻
106特急 時刻

 なお、新型車両導入に伴い、 7/31の12:45~13:15に盛岡駅東口7番乗り場で出発式が行われます。7/4から予約受付を開始します。予約はこちらからどうぞ。運賃は以下の通りです。

  • ワイドビューシート ・ビジネスシート…大人2500円、子供1490円
  • スタンダードシート…大人2030円、子供1020円

ダイヤ改正は?

 「106特急」の運行開始のほか、「106急行」の運行ダイヤの改正も行われます。

  • 盛岡駅前5:45発の便を宮古港フェリーターミナルまで延伸します。( 宮古港フェリーターミナル 8:15着、室蘭港行シルバーフェリーに接続)
  • シルバーフェリーの時刻変更に伴い、宮古港フェリーターミナル発の時刻を修正。( 宮古港フェリーターミナル 8:35発に)

今後はどうなる

 今回「106急行」のうち1往復に2階建てバスが投入され、特急化されましたが、今後はどうなるか見物でしょうね。果たして「106急行」にさらに投入されるのか、また岩手県北交通が運行するほかの高速バス路線にも導入されるのか?注目です。

山田線はバス転換の可能性も?

区界駅
引用:山田線

 現在、JR山田線の盛岡~宮古間を通しで運行する列車は4往復のみ。 それも下りの始発は11時台ということで、需要は最早ほぼない状態と考えられます。

  通勤・通学も今後は少子高齢化で減少することが見込まれますし、2017年度の輸送密度は195人/日、上米内~宮古に限れば124人/日とさらに少なくなります。岩泉線が廃線になり、並行道路も整備された今、この区間を積極的に存続させておく必要はもはや皆無であり、いつJRから廃線・バス転換の提案がなされても不思議ではないでしょう。

最後に

 今回、噂されていた2階建てバスが遂に運行開始ということで、7/31が楽しみですね。このバスが今後どう活躍していくのか、投入拡大があるのか、要注目です。

 一方、これで山田線はさらに窮地に追い込まれることになりました。今後数年のうちに廃線となる可能性も考えられなくはないので、記録や乗車はこまめに行っておいた方がよいでしょう。