スポンサーリンク

 総武快速・横須賀線向けの新車E235系1000番台の付属編成であるJ-01編成が本日新津から配給され、所属先の鎌倉車両センターまで回送されました。今回はその模様をまとめています。

付属編成が配給

 新津のJ-TRECで製造されていた総武快速・横須賀線向けE235系1000番台の付属編成の1本目J-01編成がついに所属の鎌倉車両センターまで配給輸送されました。

 なお、平日に配給輸送が行われたことや生憎の天候だったことからか?特に荒れた様子は見受けられませんでした。

今後の動向は?

 今後についてですが、各線区で試運転・乗務員訓練を行った後10月から運用に入ることが予想されています。

 また、これに伴い運用を離脱するE217系については順次インドネシアへ譲渡される計画があります。最初に離脱するのはY-2編成が有力ではないか?という噂が流れています。

 ただ、どの編成から落ちていくのかは想像があまり付きません。検査順に落としていくのか?それとも特定の運用に入った編成を落としていくのか?どちらの可能性も現時点では否定できません。一つだけ確実に言えることは、記録はこまめに行っておきましょう、ということですね。