スポンサーリンク

 西武鉄道の特急列車として長らく活躍を続けてきた10000系「ニューレッドアロー」。しかし、近年は001系「Laview」に置き換えられ廃車が進行してきました。ところがここへきて横瀬へ回送された10101Fが3両編成を組んでいる所を目撃されており、地方私鉄への譲渡が噂されています。一体どこへ行くのでしょうか?

10000系の概要

10000系
引用:10000系

 10000系は西武鉄道で当時特急列車として運用されていた5000系「レッドアロー」の老朽化に伴う置き換えと西武新宿線で新たに特急「むさし」 の運行を開始することに伴い導入されました。

 当時廃車が進んでいた101系・新501系・5000系の機器類が流用されたのが大きな特徴となっています。また、当時としては珍しいLED式車内案内表示器・車内自動放送装置の搭載やシートピッチの拡大などが行われています。

 1993~1996年にかけて7両編成11本が製造され、5000系を置き換えました。なお、5000系は3両編成2本が大規模な改造を受け富山地方鉄道へ移籍し、現在も活躍を続けています。

迷列車で行こう 西武鉄道編 第十回 西武+営団+都営+京急+JR=??

 さらに2003年に新宿線の特急増発のために1編成が追加で製造(10112編成)されています。時代を反映してか、 LED式行先表示器 ・VVVFインバーターの採用、ブレーキシステムの変更、シングルアームパンタグラフの搭載、座席へのドリンクホルダー設置などが行われています。

 なお、これらの相違点(特にブレーキシステムの変更・抑速ブレーキ未搭載)に伴い、10112Fは2007年12月に吾野変電所および正丸変電所で環境配慮型蓄電装置の運用が開始されるまで飯能~西武秩父への入線は不可とされており、新宿線の特急に従事していました(現在は池袋線の特急にも充当)。

迷列車で行こう 西武と仲間達編 第4回 インバータ特急と悪意なき出禁

 その後、2003~2008年にかけて10101F~10111Fの更新工事も行われています。内容は座席交換、パンタグラフのシングルアーム式への換装、ドアチャイムの設置等です。

001系「Laview」投入で廃車進行

Laview
引用:Laview

 しかし、2019年に001系「Laview」の投入が開始されると7月に10103Fが廃車されたのを皮切りに9月に10104F、12月に10107Fが廃車となりました。また、10101Fは先述の通り横瀬に回送され編成解除されています。

 2020年3月ダイヤ改正で池袋線の特急は「Laview」で統一されることになっており、さらに余剰が出ることも十分予想されます。

 新宿線で使用されている編成についても今後が安泰とは言えず、置き換えが行われる可能性が高いでしょう。

地方鉄道へ譲渡か?

 しかし、ここへきて10101Fが3両編成を組んでいるところが目撃され、地方鉄道への譲渡が有力視されています。

 移籍先は一体どこになるのでしょうか?なお、あくまでも筆者の予想であり、公式発表ではありませんのでご注意ください。

本命は秩父鉄道か

6000系
引用:6000系

 本命は秩父鉄道ではないでしょうか。新101系を改造して急行「秩父路」として運行していますが、元々通勤車両なのを改造したためにデッキなし・向かい合わせクロスシート・窓割の不一致など様々な問題がありました。

 特にデッキがないことは寒冷地を走る以上冬は特に問題なのではないでしょうか?

 10000系であれば元々特急列車として走っていたこともあり、デッキ付き・全席リクライニングシート・バリアフリー対応の洋式トイレ設置とかなり設備がグレードアップします。秩父方面への観光客には喜ばれることでしょう。

 譲渡にしても西武秩父線から秩父鉄道への連絡線がありますし、距離も遠くないためここが本命と言えるのではないでしょうか。

対抗馬は富山地方鉄道

16010形
引用:16010形

 富山地方鉄道には初代レッドアローが改造を受け3両編成・2両編成がそれぞれ1本運用されていますが、製造から50年が経過し老朽化は否めません。

 第2編成は2011年末に観光列車「アルプスエキスプレス」として改造され人気を博していますが、第1編成は改造を受けずほかの車両に混じって運行されています。ただ、どちらもバリアフリー対応ではないのがネックとなっています。

 抵抗制御の特急型車両で短編成が組める車両となると西武鉄道の10000系位しか見込めず、ここを逃せば当分出物はないでしょうから、このタイミングで置き換えというのは十分考えられます。→富山地方鉄道への譲渡はほぼ確定の模様です。

 また、JR東海の213系が後継車両の315系によって置き換えられることから、こちらを投入する可能性も考えられます。

まとめ

  • 10000系は5000系「レッドアロー」の老朽化に伴う置き換えと西武新宿線で新たに特急「むさし」 の運行を開始することに伴い導入。旧型車両の機器を流用する形で1993~96年に7両編成11本製造。
    • のちに新宿線の特急増発に伴い2003年にモデルチェンジ車7両編成1本も製造される
  • しかし、001系「Laview」投入に伴い、池袋線からは2020年3月ダイヤ改正を以て撤退。これまで7両編成3本が廃車に。新宿線に運用されている編成も今後数年以内に置き換えが見込まれる。
  • 10101Fが3両編成化。譲渡先は秩父鉄道か富山地方鉄道と思われる。