スポンサーリンク

 西武鉄道では9000系の置き換えが進んでいますが、今回2代目L-trainの9108Fが4両編成となり、ワンマン化改造を受け武蔵丘車両検修場を出場しました。今後どうなるのでしょうか?

9000系の概要

迷列車で行こう 第2回「西武9000系 突然の廃車」

 西武鉄道では池袋線の10両編成化を進める目的で1993年から1999年に10両編成8本が西武所沢車両工場で製造されました。

 同時期に製造された有楽町線直通用の6000系同様に各客用ドア上部のLED式車内案内表示器・ドアチャイム・自動放送装置や車椅子スペースが採用され、側面方向幕は行き先表示と種別が分離されています。また、車体は鋼製車体となっており、走行機器や台車については101系の廃車発生品を使用しコストダウンが図られています。

 その後、2003~2007年度にかけて走行機器についてはVVVFインバータ制御に改造されています。

 ラッピングトレインになるなど池袋線の優等列車として今後も走り続けるものと思われましたが、台車の老朽化が進んだことや少数形式で取り扱いが煩雑だったことが災いし2017年度より置き換えがスタート。9106編成から廃車がスタートし、9107・9101編成も廃車となっています。

9108編成が4両編成に

 そして今回9108編成が4両編成への短編成化・ワンマン化改造が行われ武蔵丘を出場。試運転が行われました。国分寺駅にホームドアの設置が予定されていることから、恐らく多摩湖線で運用されている新101系を置き換えるものと思われます。

 また、9105編成についても現在武蔵丘に入場しており、恐らく同様の改造を受けるものと思われます。ほかの9000系についても新車導入後に短編成化・ワンマン化改造を受けて多摩湖線へ導入されるものと思われます。

10月に運行開始へ

多摩川線の新101系は最後まで残るか?

101系
引用:多摩川線

 こうなってくると、気になるのは新101系の去就でしょう。現在新101系は多摩湖線と多摩川線で運用されていますが、多摩湖線の新101系は順次9000系で置き換えが行われますので、最後まで残るのは多摩川線で運用されている車両ということになるでしょう。

 ただ、多摩川線で運用されている新101系についても、今後2000系で置き換えられる可能性は高いでしょう。記録や乗車はお早めに。