スポンサーリンク

 青春18きっぷは、普通・快速列車しか乗れません。しかし、それだと時間がかかりすぎたり、どうしても目的地へたどり着けなかったりします。そういう場合に使うのが「ワープ」です。

 簡単にいうと、ワープとは一部区間を新幹線や特急などに乗ることです。しかし、むやみやたらと「特急に乗ればいい」というわけでもありません。ここでは、上手なワープの方法をご紹介しましょう。

 なお、ワープ時には、青春18きっぷは使えません。乗車券と特急料金が別途、両方必要です。

新幹線でワープ

 新幹線には、特定特急料金区間という制度があり、隣同士(だった)駅間の新幹線特急料金が格安に設定されているものです。これを上手に利用することで、ワープの費用を抑えることができます。

 具体的には以下の区間が挙げられます。

・三島~静岡(普通列車はオールロングシート、混雑する上に遅い) 

・静岡~浜松(普通列車はオールロングシート、混雑する上に遅い) 

・相生~岡山(普通列車は両数が少ない、混雑する上に遅い)

 また、特定特急料金区間ではありませんが、以下の区間でも本数が少なかったり迂回している区間のため、効果的ではないでしょうか。

・名古屋〜米原(在来線が岐阜経由で大回りの上、大垣〜米原の乗りにくい区間がある)  

・広島〜徳山(在来線が柳井経由で大回り)  

・越後湯沢~高崎(越後湯沢~水上間の普通列車の本数が極端に少ない)

・盛岡~八戸(三セクの運賃が高く、新幹線でもあまり変わらない)

・福島~米沢(普通列車の本数が極端に少ない)

・盛岡~田沢湖(普通列車の本数が極端に少ない)

特急でワープ

 普通列車の本数が極端に少ないため、特急列車でワープせざるを得ない場合があります。なかなか来ない普通列車を待つくらいなら、2000〜3000円を出してのワープもやむを得ないでしょう。

  • 石北本線 上川〜遠軽間
  • 函館本線 滝川−深川間
  • 豊肥本線 宮地−豊後竹田間(現在不通)
  • 日豊本線 佐伯−延岡間

夜行フェリーの利用

 青春18きっぷはムーンライト以外の夜行列車は乗れません。そのため、夜行フェリーを使うと宿代の節約もでき、一石二鳥となります。

 詳しくは、宿代わりに使える夜行フェリー東日本編宿代わりに使える夜行フェリー西日本編をご覧ください。

LCCの利用

 LCCを利用すれば、安く、より遠くへ移動することができます。

 東京・大阪~札幌や東京~福岡でこれを使うと行動半径が広がるためおすすめです。

まとめ

 青春18きっぷもそれだけを使うのではなく、適宜ワープを利用することで、より行動半径が広がり、有意義な旅ができるのではないでしょうか。ぜひ利用してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク